山内秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまうち しゅういち
山内 秀一
本名 山内 秀一
生年月日 (1987-04-11) 1987年4月11日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 1996年 - 2002年
2005年 -
事務所 サンミュージックブレーン(2005-)
ファイブ☆エイト(-2002)
公式サイト プロフィール
主な作品
虹色定期便」「さくや妖怪伝」「ちゅらさん」「大好き!五つ子GO!!シリーズ

山内 秀一(やまうち しゅういち、男性、1987年4月11日 - )は、日本俳優である。東京都出身。血液型O型。サンミュージックブレーン所属。身長171cm、体重50kg。

来歴[編集]

1996年に小学校の授業参観に来ていた同級生の親の知人にスカウトされ、子供服ファッションモデルとしてデビュー。1998年「星獣戦隊ギンガマン」で子役活動を開始。NHK教育テレビのテレビドラマ「虹色定期便」で1年間主役を務めた後、映画さくや妖怪伝」に出演した。

中学生時に単発ドラマの「希望の国のエクソダス」・「キテレツ」などの単独主演をこなした後、東海テレビ制作昼の帯ドラマ「新・愛の嵐」で一時芸能界から離れる。高校3年時の2005年に所属事務所をファイブ☆エイトからサンミュージックブレーンに移籍後のオーディションで掴んだ「大好き!五つ子Go!!」慎吾役で復帰し、シリーズ完結の2009年までレギュラー出演した。

「大好き!五つ子」完結後も「五つ子」役を演じた俳優で唯一タレント活動を続けており、2014年からロフトプロジェクトにおいて冠トークライブの定期開催や、2017年1月からFM PORTでのラジオパーソナリティーなど活動の幅を広げている。

人物[編集]

  • 法政大学法学部政治学科卒。付属高校から成績上位を修めての内部進学
  • 埼玉西武ライオンズの熱烈なファン。
  • ももいろクローバーZの熱烈な古参ファンである。
  • 五つ子GO!!の共演者である元俳優の栁澤貴彦とは親密な仲で、トークライブのレギュラーゲストになっている。
  • 映画「さくや妖怪伝」以来ゆかりのある京都をこよなく愛している。
  • キングオブコメディの大ファンであり、高橋健一を兄のように慕っている。
  • 『山内秀一Official blog アンリミテッド』では2011年1月5日に1日534更新を記録している。
  • アイドルとビジュアル系ロックバンドとお笑いに造詣が深く、鬼ヶ島のアイアム野田やDEZERTのSORAらと密接な関係にある。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

ポスター[編集]

  • 小学館プロダクション(社内用)(1998年)
  • 長崎屋「お中元」(1998年)
  • 栄光ゼミナール(2000年)

WEB[編集]

  • 監視 ミラレテル。vol.2(2007年) - 山本 役
  • よしログ(はんにゃ回)(2012年12月17日)
  • ニコニコキングオブコメディ 123回(2015年3月26日)

DVDドラマ[編集]

  • Rainbow Boys(2008年) - 二階堂晃 役(主演)
  • 喧嘩番長 フルスロットル(2010年) - 佐伯新之助 役
  • 恐怖のツィート -つぶやく谺-(2011年)

映画[編集]

  • 大林宣彦監督作品「あの、夏の日」(1999年)
  • 行定勲監督作品「ひまわり」(2000年)
  • 原口智生監督作品「さくや妖怪伝」(2000年) - 榊太郎 役(準主演)
  • 岩井俊二監督作品「リリイ・シュシュのすべて」(2001年)
  • バーベット・シュローダー監督作品「INJU」(2008年/仏)
  • 栗山富夫監督作品「ふうけもん」(2009年制作・公開延期)
  • バーベット・シュローダー監督作品「INJU」(2009年/日本公開)
  • 森岡利行監督作品「いびつ」(2013年)
  • 小沢維士監督作品「十三夜の月」(2014年) - 主演

ラジオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • DRAGO ROSSO(2012年6月1日 - 3日、ティアラこうとう小ホール)
  • SERPENTE ROSSO(2013年9月11日 - 13日、ティアラこうとう小ホール)
  • CAVALLO ROSSO(2014年9月17日 - 19日、ティアラこうとう小ホール)
  • 山内秀一試験導入公演「遭難」(2017年2月4日 - 5日、高円寺HACO)

イベント・ライブ[編集]

外部リンク[編集]