弥勒菩薩半跏思惟像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中宮寺 木造菩薩半跏像(国宝

弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしゆいぞう、みろくぼさつはんかしいぞう) は、仏像の一形式で、台座に腰掛けて左足を下げ、右足先を左大腿部にのせて足を組み(半跏)、折り曲げた右膝頭の上に右肘をつき、右手の指先を軽く右頰にふれて思索する(思惟)姿の弥勒菩薩像である[1]日本には大陸より6世紀から7世紀弥勒信仰の流入と共に伝えられ、飛鳥奈良時代の作品が多く残されている。

広隆寺の宝冠弥勒[編集]

広隆寺「宝冠弥勒」(国宝

中でも有名な京都府京都市太秦の広隆寺霊宝殿に安置されている「宝冠弥勒」(国宝彫刻の部第一号)は、右手の中指を頬にあてて物思いにふける姿で知られる。しかしこの像は、当時多くの仏像が楠で造られているのに対して赤松で造られているため、『日本書紀』記載の推古31年(623年)に新羅から伝来したことが明らかになった。 日本に存在する最古の正史「日本書紀」で、弥勒菩薩半跏思惟像について「広隆寺を創建した秦河勝は新羅系渡来人だった」「新羅から来た仏像をこの寺に安置した」と史実が記録されている。

代表作例[編集]

en:Gilt-bronze Maitreya in Meditation (National Treasure No. 78)
en:Gilt-bronze Maitreya in Meditation (National Treasure No. 83)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 弥勒菩薩
  • 広隆寺中宮寺野中寺
  • 神の雫 - この漫画作品の単行本第20巻において、イタリアの赤ワイン「バローロ カンヌビ・ボスキス(2001)」は広隆寺の宝冠弥勒、「ブルーノ・ジャコーザ バローロ(2001)」は中宮寺木造菩薩半跏像、そしてフランスの赤ワイン「クロ・サン・ジャック(1997)」は広隆寺の泣き弥勒をイメージさせる、と紹介された。

外部リンク[編集]