尾道水道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千光寺公園から尾道大橋を望む
JFE商事造船加工前

尾道水道(おのみちすいどう)は広島県尾道市にある瀬戸内海水道である。尾道の中心市街地がある本州向島を隔てる。尾道海峡と呼ばれることもある。

概要[編集]

尾道水道は、広島県尾道市瀬戸内海のうち、本州向島に挟まれた東西に長い幅約200から300メートルの狭隘部の呼称である。尾道水道沿岸には重要港湾に指定されている尾道糸崎港尾道港区が立地し、古くから瀬戸内航路の主要商港として機能して来た。尾道市街地はこの尾道港を中心とし水道に面した沿岸域に所在し、水道に南面する本州側には尾道市中心市街地、また北面する向島には造船所、そしてこれに続く内陸側平坦地には住宅地が形成されている。水道には向島と本州側尾道市街地を結ぶ生活交通網として3本のフェリー航路と2本の橋梁尾道大橋新尾道大橋)が整備されている。

平面[編集]

[編集]

フェリー航路[編集]

いずれも前者が尾道市街地側、後者が向島側である。こちらも参照。

  • 山波~肥浜(宮本汽船)・・・運航終了
  • 久保~彦ノ上・・・運航終了
  • 土堂~兼吉(尾道渡船)
  • 土堂~小歌島(福本渡船)
  • 駅前~富浜(向島渡船)

交通アクセス[編集]