石田敦子 (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 敦子(いしだ あつこ、1963年8月9日 - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナー漫画家イラストレーター広島県福山市出身、血液型A型[1]

プロフィール・作風[編集]

高校1年生当時、安彦良和が描いたイラストが表紙になっていた『アニメージュ』を書店で見たことをきっかけにして、アニメ業界を志す。高校卒業後は福祉関係の専門学校に入学したが4か月で中退し、1983年1月にアニメ制作会社カナメプロダクションへ入社。アニメーターの金田伊功は憧れの存在で、カナメプロダクションではいのまたむつみに影響を受けたと語る。

1988年、カナメプロダクションが倒産する約半年前に退職して[2]フリーランスへ転向[3]作画監督は『伝説の勇者ダ・ガーン』、キャラクターデザインは『勇者特急マイトガイン』がそれぞれ初担当作品。『勇者特急マイトガイン』の仕事で注目され、アニメ雑誌で特集を組まれる人気アニメーターになった。

アニメーション監督としても知られるアニメーターの大張正己は、元夫。南町奉行所を退職した大張の新たな拠点「スタジオG-1」の立ち上げにも参加しており、そこで共に数作品の作画に関わっていた。大張との離婚の経緯は単行本『りこん猫』に記されているが、執筆当時は彼の名前や顔などを出して良いものかと悩み、離婚済みの大張に「大丈夫だろうか?」と相談したところ「別に問題ないよ」とあっさり返されたため、逆に石田の方が拍子抜けしてしまったというエピソードがある(作中では「O君」とイニシャル表記になっている)。

プロ野球球団の広島東洋カープのファンで、野球に博識な伊集院光を神格化している。代表作の1つ『球場ラヴァーズ』が縁で、2013年8月28日にはMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で始球式を行っている[4]

2000年以降はアニメーターとしての一線からほぼ退いており、漫画家としての活躍が目覚ましい。漫画家としては1980年代以前の少女漫画の影響が強く、ざっくりとした荒い描線と、リリカルで重たいストーリーが強い特徴となっている。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

実写映画[編集]

  • ゴンドラ(1986年)※劇中アニメ、線画トレース

ゲーム[編集]

漫画[編集]

連載[編集]

読み切り [編集]

  • 天上の缶づめ(『エースダッシュ』Vol.2) - 『いばら姫のおやつ』に収録。
  • 泣きたりない金魚(『エースダッシュ』Vol.4) - 『いばら姫のおやつ』に収録。
  • 東京ソーダ水(『エースダッシュ』Vol.5) - 『いばら姫のおやつ』に収録。
  • キラキラと、だけど、見えないもの。(『アニメージュ』2000年2月号付録) - 『いばら姫のおやつ』に収録。
  • 天使記念日(『アワーズライト』2000年12月号) - 『姉さんゴーホーム』に収録。
  • シンパシー・フラワーズ(『ビッグコミックスピリッツ』2005年No.14) - 『姉さんゴーホーム』に収録。
  • キオクの花(『ビッグコミックスピリッツCasual』2005年9月16日号増刊) - 『姉さんゴーホーム』に収録。
  • 野球戦隊セ・リグンジャー(『まんがライフMOMO』2008年1月号) - 『球場ラヴァーズ 〜私が野球に行く理由〜』第1巻に収録。
  • 姉さんゴーホーム(『パンドラ』Vo.2 SIDE-B・Vol.3) - 『姉さんゴーホーム』に収録。
  • 魔法就職ラブニート(仮)(『チェンジH white』)
  • ネオン少女(『ガールズジャンプ』第2号)
  • 王子チャマとお姫どん(『つぼみ』Vol.17)
  • 球場ラヴァーズ 〜セ界制覇〜(『ヤングキングアワーズGH』2016年12月号)

単行本 [編集]

  • 『からくり変化 あかりミックス!』、角川書店〈角川コミックス・エース〉 1999年 - 2000年、全2巻
  • 『いばら姫のおやつ』、少年画報社 2001年、全1巻
  • 『純粋!デート倶楽部』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2001年 - 2002年、全2巻
  • 『魔女レーナ マジョりーな』、角川書店〈ニュータイプ100%コミックス〉 2002年、全1巻
    • 『魔女レーナ マジョりーな 完全版 石田敦子作品集』、大都社〈ダイトコミックス〉 2003年、全1巻
  • 『ふわふわカタログ』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2002年、全1巻
  • 『アニメがお仕事!』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2004年 - 2007年、全7巻
  • 『わがまま戦隊ブルームハート!』、幻冬舎〈幻冬舎コミックス〉 2006年 - 2008年、全3巻
  • 『魔法少年マジョーリアン』、双葉社〈アクションコミックス〉 2007年 - 2008年、全3巻
  • 『おとめ恋々』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2007年、全1巻
  • 『新逆八犬伝アウトカラーズ』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2008年 - 2009年、全3巻
  • 『りこん猫』、少年画報社〈ねこぱんちコミックス〉 2009年、全1巻
  • 『ラブんラブ』、双葉社〈アクションコミックス〉 2009年 - 2010年、全3巻
  • 姉さんゴーホーム』、講談社〈KCデラックス〉 2009年、短編集
  • 『お江戸直球通信』、学研パブリッシング〈ノーラコミックスSP〉 2010年、全1巻
  • 『球場ラヴァーズ 〜私が野球に行く理由〜』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2010年 - 2012年、全6巻
  • 『ひきこもり探偵 おにいちゃんとマコ』、幻冬舎〈バーズコミックス〉 2010年、全1巻
  • 『ぴゅあ☆どる』、幻冬舎〈バーズコミックス〉 2012年、全1巻
  • 『マンドラゴるァ!』、竹書房〈バンブーコミックス〉 2012年、全2巻
  • 『球場ラヴァーズ 〜私を野球につれてって〜』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2013年 - 2014年、全3巻
  • 『球場ラヴァーズ 〜だって野球が好きじゃけん〜』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2013年 - 2014年、全3巻
  • 『こいコイ! 〜球場ラヴァーズ〜』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2014年 - 2015年、全2巻
  • 『まけるな! 鯉太郎』、竹書房〈バンブーコミックス〉 2014年、全1巻
  • 『キューマイ! 球場迷子』、リイド社〈SPコミックス〉 2015年、全1巻
  • 『球場ラヴァーズ3-2』、少年画報社〈ヤングキングコミックス〉 2016年、全1巻
  • 『野球+プラス!』、少年画報社〈コミック YKコミックス〉 2016年 - 2017年、全2巻
  • 『ヒーローめし』、集英社〈ヤングジャンプコミックス〉 2018年、既刊1巻
  • 『ざせつ男とまんが少女』、少年画報社〈コミック YKコミックス〉 2018年、全1巻

画集[編集]

  • 石田敦子画集(1995年)ムービック
  • フラワリー・オレンジ・ペコ 石田敦子画集おかげさまで2(1998年)ムービック

挿絵等[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石田敦子ホームページ プロフィール ※閉鎖
  2. ^ 石田敦子Twitter 2010年11月17日
  3. ^ 『いまだから語れる80年代アニメ秘話 美少女アニメの萌芽』 ※137ページ (洋泉社)
  4. ^ 『球場ラヴァーズ -私を野球につれてって-』第2巻P162に掲載された「始球式のこと」によれば、4月にも球団側から打診があったものの、自分自身が目立つことは嫌だということで断っていた。しかし、少年画報社が「ムリにでもやらせなきゃ」ということで、作者自身の意見を聞かずに実現させた経緯がある。

外部リンク[編集]