マネーアイドルエクスチェンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マネーアイドルエクスチェンジャー』は、フェイスが制作したアクションパズルゲームである。1997年アーケードゲームで登場。家庭用ゲーム機携帯ゲーム機にも移植された。

作品により『マネーアイドル エクスチェンジャー』や『マネーアイドル・エクスチェンジャー』など、タイトルに複数の表記ゆれがある。英語版タイトルは「Money Puzzle Exchanger」。

ルール[編集]

基本ルール[編集]

  • 日本硬貨をモデルにしたブロック(以下コイン)、ならびに特殊ブロックを操作する。
    • コインには1円玉・5円玉・10円玉・50円玉・100玉・500円玉の6種類があり、特殊ブロックにはER(青色の玉、Eraseの略)・RU(緑色の玉、RankUpの略)と言う2種類のブロックが存在する。
  • フィールドは横7マス×縦12マスの格子で構成される(GB版のみ横7マス×縦9マス)。
  • 格子の1マスにつき1枚のコインを置くことができる。
  • フィールドの一番下には「ちびキャラ」という、コインを「取る」・「投げる」キャラクターがいる。プレイヤーはこのちびキャラを左右に動かしてコインを操作する。
  • 一定時間ごとに、フィールドの上方から横一列分のコインが迫り出してくる。また、手動で迫り出させることもできる(操作方法参照)。
  • プレイヤーはフィールド下のちびキャラに、ちびキャラと同じ縦の列にある対象のコインを「取る」ことで、そのコインを持たせることができる。「取る」コインのすぐ上に、同じ種類のコインがある場合はそのコインもまとめて取ることになる(同じ種類のコインならば何個でも「取る」ことができる)。
  • ちびキャラが持っているコインは、「投げる」ことでフィールド上に戻すことができる。
  • コインを「投げた」際に、1円玉・10円玉・100円玉ならば5つ以上、5円玉・50円玉ならば2つ以上くっついていれば、それらは次のランクのコイン1枚に変化する[1]。500円玉や特殊ブロックは2つ以上くっつくと消滅する。このような変化・消滅を行うと得点になる(特殊ブロック除く)。
    • 例1 - 1円玉が5枚以上くっつく→5円玉一枚に
    • 例2 - 500円玉が2枚以上くっつく→コイン消滅
  • 特殊ブロックが消滅すると、それらのすぐ上にある種類のコインに変化をもたらす。ERであれば、ERが消えた際にすぐ上にあった種類のコインがフィールド上から全て消える。RUであれば、すぐ上にあった種類のコインが一段階ランクアップする(RUの上に1円玉があった場合、フィールド上全ての1円玉が5円玉に変化する)。
  • コインが消滅すると、その下側に別のコインがある場合は上の方向にシフトする。このときに、消滅・変化する状態になった際には上の項目と同じようにそれらのコインが変化・消滅する。このとき「連鎖」が発生し、通常より高い得点がもらえる。
  • コインが変化・消滅している間に、別のコインを変化・消滅する状態にしても連鎖が成立する(『マジカルドロップ』で言う「後付け連鎖」)。
  • コインがフィールドの最下段を超えて迫り出した、あるいは手動でコインを最下段より下にはみ出して置いてしまった場合はゲームオーバーとなる。ただし、コインや特殊ブロックが変化・消滅している最中、もしくは、はみ出して置くことによって変化・消滅するコイン・特殊ブロックがある状態ならば、ゲームオーバーにならない。

対戦時のルール[編集]

  • 対戦形式の場合、コインを消した連鎖数に応じた量のコインが相手のフィールドに迫り出てくる。
  • 負けの条件は基本ルールのゲームオーバーの条件と同じである。
  • 対戦している両者が全く同時に負けの条件を満たした場合は、DRAWとなり両者の勝ちになる。ただしCPU戦の最終ラウンドでDRAWとなった場合には、CPU側の勝ちが優先され次のステージに進むことは出来ない。

操作方法[編集]

MVS版の操作方法は以下の通りである。
ちびキャラの左右への移動 : レバーを左右に動かす
コインを取る : Aボタン
コインを投げる : Bボタン
コインを横一列分引き出す : レバーを下に2回入れる

登場キャラクター[編集]

  • キャラクターデザインは石田敦子
  • 登場人物の後ろの名称は変身後の名称。

主人公[編集]

三越さくら / エクスチェンジャー
- 丹下桜
17歳 / 身長158cm / 体重46kg / 血液型AB / 好きなもの:貯金、残高照会 / 嫌いなもの:労働、返済 / 趣味:貯金(+踏み倒し)
如月女子高等学校普通科2年の女子高生。サクラ銀行の会長を父に持つお嬢様。明るく可愛らしい女の子だが、その本性は強欲な守銭奴であり、金に汚い貯金マニア。なおかつクラスメイトでもある友人の高島あさひを自分の財布としか見なしておらず、事あるごとに借金をしては踏み倒している。買い物では理不尽な要求や因縁をつけて一円でも安く済ませようなど悪辣なまでに金に汚く、自分の金を使うのはおろか、こさえた借金を返済する事がとにかく大嫌い。ブンドルフィンという脳内麻薬を分泌できる能力を持ち、それによって両替戦士エクスチェンジャーに変身する。決め台詞は「今日もどこかで給与明細!明日を夢見て残高照会!人を憎んで、金を憎まず!両替戦士エクスチェンジャー、ここに降臨!」
高島あさひ / デットマイザー
声 - 野上ゆかな(現:ゆかな)
17歳 / 身長156cm / 体重44kg / 好きなもの:犬、猫、小鳥 / 嫌いなもの:自分の性格 / 趣味:借金融資
三越さくらとはクラスメイトで友人関係。弱小銀行であるアサヒ銀行の会長を父に持つ。内向的で地味な性格だが、心の優しい夢見る少女。しかしその人の良さゆえ、さくらに利用されており、お金を貸しては踏み倒されている。総額123万4000円。その秘めたる怒りが脳内麻薬コソドルフィンを分泌させ、借金戦士デットマイザーに変身する。

マニー教団のメンバー[編集]

ビル=バンク / コケティバウンサー
声 - 堀江恭章(ドラマCD:野田順子
バンク・コンツェルン総雑務長。なぜか犬の着ぐるみを着ている。姉であるノートにこき使われている。
ルルーラ=フラン / チェリーバイター
声 - 豊嶋真千子
16歳 / 身長153cm / 体重40kg / 血液型B / 好きなもの:ぬいぐるみ全般 / 嫌いなもの:ニンジン、ピーマン、セロリ / 趣味:人をだますこと
如月女子高等学校普通科1年の女子高生。演劇部所属。ぬいぐるみが大好き。屈託無い純粋な少女に見えるが、人を騙したりするのが大好きという暗黒面をもつ。マニー教団のトイショップ「マニザラス」を支配している。「皆勤!」の一言で皆勤怪人チェリーバイターに変身できる。
嵐崎円 / エヴリワーカー
声 - 笠原留美
18歳 / 身長169cm / 体重52kg / 血液型O / 好きなもの:稽古、労働の汗 / 嫌いなもの:軟弱、手抜き
如月女子高等学校普通科3年の女子高生。勤労やスポーツが大好きな熱血少女。マニー教団のコンビニエンスストア「マニーマート」の総支配者(だがアルバイトをしている)。金持ちなのに貯金マニアである三越さくらに活を入れたい様子である。「常勤!」で常勤怪人エヴリワーカーに変身する。決め台詞は「24時間労働をなめんなよ!」。
セシル=ポンド / エルディレイバー
声 - 桑島法子
17歳 / 身長161cm / 体重48kg / 血液型A / 好きなもの:あらゆる問題の解決 / 嫌いなもの:非常識、ムチ、無軌道 / 趣味:インターネット散策
如月女子高等学校普通科2年の女子高生。勉強好きで地味な女の子だが、変身するとなかなか派手で高飛車。しかし、実際はいまいち自分に自信が無いらしい。マニー教団のゲーセン「ハイテク・マニ」を支配。ここでは紙幣でしかゲームができない。「精勤!」のキーワードでエルディレイバーに変身するマニー教壇の参謀。決め台詞は「そう、私が天才よ」。
ノート=バンク / マイトディーラー
声 - 永島由子
20歳 / 身長175cm / 体重55kg / 好きなもの:宝石 / 嫌いなもの:部下の失敗報告 / 趣味:おしゃれ
バンク・コンツェルン総帥。その正体は世界中の硬貨全滅をたくらむ悪のマニー教団の女王、マイトディーラー。20歳と言う年齢の割に老けており、それを指摘されると逆上する。坂田ビリィバーヴに惚れている。

その他[編集]

坂田ビリィバーヴ / マッカーモーカリー
声 - 石川英郎
26歳 / 身長184cm / 体重78kg / 血液型A
如月女子高等学校教諭。さくらとは親戚関係。マッカーモーカリーは関西弁を話す正義のヒーローであり、エクスチェンジャー達の実力をチェックしに来る。「坂田先生が変な趣味に走った!」と勘違いした高島あさひに殴られた。
はにわ
「一人で練習」モードにのみ登場する隠しキャラクター。フェイスが過去に製作したゲーム、『はにいいんざすかい』の自機

各機種版と販売元[編集]

なお、セガサターン版の発売予定もあったが、中止された。

メディアミックス[編集]

本作は複数のメディアミックスが行われている。いずれもゲーム版がベースだが、一部の設定が変更されていることもある。

CDドラマ[編集]

キャストの一部がゲームから変更になっている(ビル・バンクが阪口大助から野田順子)。またCDドラマのオリジナルキャラクター、ノート=バンクの執事・ウォンが登場している(声 - 林延年(現・神奈延年))。

小説[編集]

漫画[編集]

富士見書房の月刊漫画雑誌『月刊ドラゴンジュニア』に1997年9月号から1998年6月号まで連載。作画は大倉雅彦が勤めた。コピーライト(原作権)はフェイス社とアテナ社が持っているが、作品の内容に関して浅井ほかゲームスタッフはほぼノータッチで、特にキャラデザ以外の各種設定は作画者である大倉の独自設定によるもの。そのため以下に述べるように原作や小説版とは大きく設定が異なり、単行本上はフェイスとアテナのコピーライトを入れた上での、大倉の単独名義作品となっている。

漫画版あらすじ[編集]

タクシー運転手の父のもと、極貧の父子家庭に育つ三越さくらは3人姉弟妹の長女。その境遇から壮絶なまでの守銭奴である彼女は、転がった小銭を追って車道に飛び出しトラックにはねられて死亡し、自らの普段からの意地汚さによって地獄へと堕とされる。地獄の魑魅魍魎に魂を喰われかけたさくらは、そこに通りかかった財福の神、エビス様に助けられた。そして自らの地獄行きと今後の責め苦を改めて宣告されたさくらは、自らの身を家族の行く末を案じて悲嘆に暮れてしまう。そんな彼女に対してエビス様は、ひとつの取引を持ち出す。
実はエビス様、自らの手違いで人間界に災いをもたらす地獄の生物・欲虫の封印を解いてしまっていた。欲虫は人間に取り憑くと、取り憑かれた人間の欲望を加速させてそのエネルギーを吸い取り成長し、最後には取り憑かれた人間を乗っ取って人間界に更なる混乱を引き起こす。そんな、とんでもないものを手違いで人間界に放っていたエビス様は、自身の使者として欲虫を回収する人員を欲していた。
エビス様の取引。それは、さくらをエビス様の使者として蘇生させる代わりに、財福の戦士「エクスチェンジャー」として人間に取り憑いた欲虫を成敗し回収する事。蘇生のためにかかった費用は、さくらの「借金」として地獄に記録され、欲虫を成敗・回収し続ける事で、その借金は減免されていく。さくらは借金返済と本当の意味で人間界に生き返るため「マネーアイドル エクスチェンジャー」として世間を混乱に陥れる欲虫たちと戦う事となる。
一方、そんな地獄の動きを欲虫たちも察知していた。一部の欲虫たちは再封印への対策として自らの力を欲する人間に対して、あえて取り憑くことをせず手を結び力を貸すことで、その存在を利用しようとしていた。その利害の一致に乗ってしまったのが財団ノート・コンツェルンのトップに立つ妙齢の女性社長ノート・バンクであった。ノートはさくらの存在を察知し、自らの企む世界征服戦略に邪魔だとして、部下を派遣し彼女の排除を企みだす。
さくらとノートの戦いは、さくらの友人の高島あさひや、ノートの弟であるビル、さらにはノートが欲虫と手を結ぶ前からの部下であるセシルルルーラたちすらも巻き込み苛烈を極めていく。それは他ならぬ「エクスチェンジャーという存在」の真実そのものに対峙する戦いとなっていくのであった。

漫画版の登場人物[編集]

三越さくら / マネーアイドルエクスチェンジャー
極貧の父子家庭に育ち弟と妹の面倒を見る守銭奴の女子高生。一見すると自分勝手で自己中心的で粗雑な性格。ゆえに周囲にかける被害は相当なものであるが、弟や妹、親友であるあさひに対しては心から大切に思い、その幸せを願う。特にあさひが人質にとられ洗脳されて敵に回った時には、まったく手出しができず無抵抗のまま半死半生の状態にまで陥った。原作のさくら同様に金銭的に意地汚く見えるが、それは生活苦が根底にあるためであり、原作さくらのような意味の無い貯蓄を行うような貯金マニアではない。
高島あさひ / デットマイザー / エクスチェンジャー2号
さくらの幼稚園時代からの幼馴染。生活苦にあえぐさくらを優しく見守る。原作のあさひ同様に、元々が内気でおとなしい性格で、さくらに引っ張られている日常を過ごしているが、そうやって自分のために動いてくれているさくらには感謝の思いもあり、友情の絆は本物。のちに転校してきたビル・バンクとウマが合い相思相愛の間柄になる。
のち、円とセシルに拉致されて洗脳改造手術を受けさせられ、記憶を消された上で強化人間デットマイザーとしてエクスチェンジャーと敵対するが、その戦いの中で傷つくさくらの姿に無意識の涙を流し、最終的には洗脳を振り切って記憶を取り戻し「エクスチェンジャー2号・デットマイザー」として覚醒し、さくらとともにダブルエクスチェンジャーとして戦いに身を投じる。
招木三太夫
蘇生したさくらのお目付け役。エビス様の使いである裃姿の招き猫。おおよそ、あさひと共にさくらの自己中の被害者。さくらが変身するための特殊アイテム「借金手形」を管理している。
さくらの父
個人営業のタクシー運転手で元・走り屋。どんな人でもどこへでも、必ず安全にかつ素早く送り届けることを信条としている。走り屋業界においては、その存在は伝説の走り屋とも言われる。愛車は日産・ブルーバード1600SSS(510)。
三越 新太
さくらの弟。姉とともに、妹のとまとの面倒を見る健気な弟。
三越 とまと
さくらの妹。まだ幼いうえに人見知りが激しく、新太につきっきり。
ビル・バンク
ノート・バンクの弟。エクスチェンジャー排除のために、さくらたちの学校に転校してきた。だが、久しぶりの学校生活に心を躍らせた上、さらには共に内気であったことから高島あさひと心を通わせて相思相愛となる。実は実父の開発した(同時に遺産でもある)強化スーツ「コケティバウンサー」の被験者。そしてノート財閥の最終成果のひとつである強化人間のひとり。
あさひと相思相愛になった上に、クラスメートと共に友情を育ませてこれを知った事により、エクスチェンジャー排除の指令を自ら放棄して姉と袂を分かち、いつかあさひを迎えられる強い男になるために旅に出る。旅の間に立ち寄った牧場で牧羊犬として働き修業していた。最終決戦において、あさひとの愛を貫き彼女を守り、姉を改心させる目的をもって帰還。エクスチェンジャーたちに加勢する。
エルディ・レイバー
ノート・バンク親衛隊「SSシスターズ」のメンバーで強化人間のひとり。ノート・コンツェルンの奨学生として外国に留学しておりオックスフォード大学で細胞工学の博士号を取った才女。ノートを慕い忠誠を誓っているが、一方でノートの欲虫たちへの傾倒を危惧している。物語が佳境に至るにつれて、ノートへの忠誠と欲虫たちへの不信の間で板挟みとなり、ついにノートが欲虫エキスプラントを作り上げるに至って、その情報をあさひに告げる。だが、そこに至るまでの数々の失敗から直後エヴリ・ワーカーとともにノートに捕縛され強引に欲虫エキスを摂取させられて自我を失くし欲虫たちのシモベとなる……ように見せて、実は強化人間であるために欲虫エキスは効かず、ノートへの忠誠のために「洗脳されたフリ」をしていた。最後にはエヴリ・ワーカーと共に「欲虫エキスプラントを守るというノート様の命令を順守する」というタテマエの元で、強化人間としての最大の力でプラントを宇宙へと持ち上げて隔離することで自爆するプラントと運命を共にした。しかし、最終決戦において欲虫たちに裏切られたノートを守るために帰還する。なお漫画版では本名である「セシル=ポンド」の名前は登場せず、原作のようにコンツェルンの部門を任されているような描写も無い。
エヴリ・ワーカー
ノート・バンク親衛隊「SSシスターズ」のメンバーで強化人間のひとり。エルディと同様、ノート・コンツェルンの奨学生として外国に留学しておりインドの山奥でを相手に100匹斬りの修業を行っていた。エルディの帰国に伴い、彼女と共にノート・コンツェルンに帰参する。ビルを慕っていたが、ノートから「弟が敗れていなくなった」と聞かされ、エクスチェンジャーを相手に怒りを燃やす事となる。基本的には考えるよりも体を動かすタイプでノートやセシルの指令の元で動く実働専門のヒト。ノートの欲虫への傾倒に関しては深く考えてはいないが、エルディの危惧には本能から密かに同意している。最終的にはエルディと同様の運命をたどり、洗脳されたフリをして欲虫エキスプラントの自爆と運命を共にし、最終決戦でノートを守るために帰還する。なおエルディ同様、漫画版では本名である「嵐崎円」の名前は登場せず、原作のようにコンツェルンの部門を任されているような描写も無い。
ルルーラ=フラン
ノートに仕える強化人間のひとり。幼児語を好んで用いるぶりっ子。その一方でノート・コンツェルンのファミレス部門「ロイヤル・ノート」のトップに立つ少女。5歳の頃からウェイトレスとして働き続けているファミレスの鬼。エルディとエヴリを自らの配下として出向させ、さらに偶然店内でトラブルを起こしたさくらをバイトとして雇って監視することで動きを封じ、ロイヤル・ノートを通じて欲虫エキス入りの食品をバラ巻こうとするが、エルディに情報をリークされたあさひによって阻まれる。エクスチェンジャーに敗れたのち消息を絶つが、最終決戦でノートを守るために帰還する。エルディとエヴリとは異なり、こちらは逆に強化人間「チェリーバイター」としての名前が登場せず、任されている部門もトイ部門ではなくファミレス部門。ぶりっ子である事は原作と共通するが、幼児語の多用は原作とは異なる。
ノート・バンク
破産寸前だった財閥ノート・コンツェルンのトップに立つ女性。父母が自分たちに残してくれた「唯一のもの」である、財閥の立て直しを願い、そのために欲虫と手を結び、エクスチェンジャーの排除に乗り出す。のちに欲虫エキスを開発させ、人間を取り憑きのプロセスなく欲虫に変質させる方法(欲虫を増やす方法)を見出す。物語のクライマックスで、実はさくらやあさひと同じくエクスチェンジャーの素質を持つ人間にして「欲虫たちに選ばれたエクスチェンジャー」であった事が明かされる。
マッカー・モーカリー
最終決戦終了後(最終話)に現れた宇宙のエクスチェンジャー。宇宙にまで蔓延った欲虫を退治する人員を確保するため、エビス様の勧めに従い、さくらたちをスカウトにやってきた。その話により、さくらたちは宇宙へと飛び立ち、物語は終了する。原作と異なり「マッカー・モーカリー」としての姿が正体であり「坂田ビリィバーヴ」ではなく、さくらの血縁でも教師でもなく、ノートからも惚れられてはいない。怪しい関西弁も使わず、エセ外国人的なカタコトで話す。
エビス様
地獄に堕ちたさくらを「マネーアイドル エクスチェンジャー」として蘇らせ、借金を背負わせた財福の神。常にのほほんとしているが非常に迂闊であり、地獄の欲虫の封印を解いて人間界にバラ巻いてしまった全ての元凶。

漫画単行本[編集]

単行本は角川コミックス・ドラゴンJr.より発売。全2巻。

  1. 1998年7月初版 ISBN 4047121592
  2. 1998年7月初版 ISBN 4047121630

著作権・版権[編集]

著作権侵害訴訟について
このゲームは、両替落ち物ゲーム『もうぢや』(富士通パソコンシステムズ)と打ち上げ型アクションパズルゲーム『マジカルドロップ』(データイースト)を足し合わせたようなシステムになっている。そのため「マジカルもうぢや」や「もうぢやドロップ」などと揶揄されることがある。
『マジカルドロップ』の版権元のデータイーストは、これを著作権侵害であるとして1997年5月30日にフェイスを提訴。フェイスは全面的に争う構えだったが、サンワイズ倒産のあおりを受け、係争中の1998年4月30日に連鎖倒産してしまった[2]。フェイス倒産後に両者は和解。和解以降も他社から本作の移植版の製造・販売が継続されている。
その後、2003年6月には原告のデータイーストも倒産。さらに2004年4月に富士通パソコンシステムズも富士通プライムソフトテクノロジに吸収合併され法人消滅した。
版権・販売元の状況
2000年3月23日にアテナからPS版『マネーアイドル エクスチェンジャー』の廉価版が販売された。
2008年のゲームアーカイブス配信時の著作権クレジットでは、当時「フェイス社のゲームソフト全般の版権」を有していた株式会社エクセルが、アテナと併記された。
2009年5月、株式会社ソフトサイン(Softsign)がフェイス社ゲームタイトルの家庭用ゲーム機、PC、携帯電話等プラットフォームにおける、開発・出版権利をエクセルから獲得。今後は本作を初めとする「フェイス」のゲームを様々な機種へ移植していく意向を示した[3]
2015年3月、株式会社トリニティゲームアーカイブスにて本作の配信を行なっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]