尾道ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラーメン > 尾道ラーメン

尾道ラーメン(おのみちラーメン)は、尾道市を中心とした広島県備後地方のご当地ラーメン

歴史[編集]

創始者は尾道の有名店「朱華園」の先代、壇上正儀である。1947年に屋台からスタートし、1967年に店舗を構えたとされる[1]。なお同店は「しゅうさん」と親しまれ、今日も常に行列ができる尾道きっての有名スポットとなっている。

1928年中国福建省から来日し、尾道市内の製麺所で住み込みで働いていた人物が作り始めたという説もある。それまでは尾道ラーメンという呼称は使われておらず、単に「中華そば」と呼んでいた。

しかし1988年山陽新幹線新尾道駅開業や大林宣彦監督の尾道三部作の人気などで尾道の観光客が増大すると、朱華園などいくつかの老舗店舗が注目され、行列が出来るようになる。この人気から1990年代頃には、これらの老舗店舗のラーメンを参考にした、お土産用途の箱入りラーメンが開発され、これが「尾道ラーメン」として発売されマスメディアに取り上げられるなどした。

その結果、この箱入りラーメンの商品名がきっかけとなって「尾道ラーメン」という呼称が広まり、全国に知れ渡ることとなった。それに伴い、尾道市内での新規開業店数も年々増加し、それらの多くが自ら「尾道ラーメン」を標榜するようになったため、現在の「尾道のラーメン」=「尾道ラーメン」という認識が広く定着した。

特徴[編集]

店ごとの独創性があり厳密な定義は難しいが、下記のような特徴が多く見られる[2]

なお、出汁に小魚を使用するようになったのは1990年代に売り出されたお土産用の尾道ラーメンからであり、それ以前からの老舗の店舗では使用していないことが多い。そのため、あくまで老舗の「(尾道の)中華そば」と現在流行している「尾道ラーメン」は別物とする場合もある。よって老舗店ほどメニューには「尾道ラーメン」ではなく「中華そば」と表記しており一部には「尾道ラーメン」として扱われることを拒む店もある。

ちなみに、お土産用として「尾道ラーメン」という名で発売した阿藻珍味は隣接する福山市鞆の浦のメーカーである。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://ramen-news.jp/s/news/detail.html?CN=3759 ラーメン新聞
  2. ^ 『まっぷるたびまる 広島・尾道・倉敷』 昭文社2007年ISBN 978-4-398-11600-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]