大山寺 (尾道市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大山寺
Taisan-ji 20170306-3.JPG
所在地 尾道市長江1-11-11
位置 北緯34度24分47.7秒
東経133度12分8.9秒
座標: 北緯34度24分47.7秒 東経133度12分8.9秒
山号 米瑠山
宗旨 真言宗
宗派 醍醐派
開山 平安時代前期
中興年 延久年間(1069~1074)
正式名 天神坊大山寺
地図
大山寺 (尾道市)の位置(広島県内)
大山寺 (尾道市)
法人番号 7240005010914
テンプレートを表示

大山寺(たいさんじ)は広島県尾道市にある真言宗醍醐派寺院[1]。詳名は米瑠山天神坊大山寺。

歴史[編集]

平安時代の初期には既に開かれていたとされる。菅原道真にゆかりがあり、境内には御袖天満宮が建つ。別当寺としては「天神坊」とも呼ばれる。1606年慶長11年)に整備され、現在の姿になった。[1]

境内[編集]

大山寺の三猿像[編集]

大山寺の三猿像

太山寺の山門を入ると、境内には三体の猿の石像がある。[2]

  • 三体の猿の石像は「見てご猿(えん)」「聞いてご猿(えん)」「言うてご猿(えん)」を表し、猿(えん)は縁にかけている。[2]
  • 日光東照宮の三猿「見ざる」「聞かざる」「言わざる」とは逆の態度をとっており、世の中の正しいことを「よく見よう」「よく聞こう」「よく言おう」という願いがこもっている。[2]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 尾道市教育委員会、尾道文化財協会 『尾道の寺々……58ヶ寺……』 (第2版)、1999年 
  2. ^ a b c d 尾道七佛めぐり〜大山寺編〜”. 尾道七佛めぐり. 2017年3月12日閲覧。
  3. ^ 大山寺〔真言宗〕|お寺・神社|観る|尾道市の観光情報 - おのなび”. 一般社団法人尾道観光協会. 2017年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]