東尾道駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東尾道駅
駅舎南側
駅舎南側
ひがしおのみち
Higashi-Onomichi
松永 (2.9km)
(6.5km) 尾道
所在地 広島県尾道市高須町4735-2
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 X 山陽本線
キロ程 215.3km(神戸起点)
電報略号 ヒチ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,919人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1996年平成8年)7月21日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

東尾道駅(ひがしおのみちえき)は、広島県尾道市高須町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

歴史[編集]

建設前の仮称は「高須駅」であった。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。鉄骨製の橋上駅舎を有し、南東側から見ると少し高いところに線路とプラットホームが敷かれている。ホームは8両編成列車まで対応するが、屋根は東端には設置されていない。バリアフリー対策としてプラットホームの側面にそれぞれスロープが設置されているが、普段は施錠されている。トイレは地上と自由通路にそれぞれある。

せとうち地域鉄道部が管理し、ジェイアール西日本岡山メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。みどりの窓口も設置されているが、時間帯によっては閉じている。2007年平成19年)6月にICOCA対応の自動改札機が導入されているが、簡易式のため降車客の乗車券は駅係員が集札する(窓口非営業時は改札機裏側の集札箱に乗車券を投入する)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 X 山陽本線 下り 尾道三原広島方面
2 上り 福山岡山方面

かつては列車接近時にベルが鳴動していたが、2012年2月末ごろよりJR西日本標準の入線メロディーに置き換えられた。

駅周辺[編集]

平地の少ない尾道市にあって希少な平地に恵まれた地区で住宅や商店が増加中。駅を中心にして賃貸アパート・分譲マンション・戸建て住宅などが立ち並ぶ。南東口は歩道・車道とも整備された新興住宅地。北西口は国道から山手にかけて民家が構えている。また国道2号をはさむようにしてロードサイド店舗が福山市松永地区まで連続して立ち並ぶ。

南東口
北西口

路線バス[編集]

過去には東尾道駅開業と同時におのみちバス(当時は尾道市営バス)と共に鞆鉄道も乗り入れていたが撤退した。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
2003年(平成15年) 1,502
2004年(平成16年) 1,500
2005年(平成17年) 1,497
2006年(平成18年) 1,565
2007年(平成19年) 1,657
2008年(平成20年) 1,742
2009年(平成21年) 1,697
2010年(平成22年) 1,692
2011年(平成23年) 1,694
2012年(平成24年) 1,753
2013年(平成25年) 1,850
2014年(平成26年) 1,808
2015年(平成27年) 1,919

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
X 山陽本線
松永駅 - 東尾道駅 - 尾道駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]