Tama (ベーシスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tama
出生名 白玉雅己
別名 玉(インディーズ時代)
シラタマ(デビュー時)
生誕 (1974-04-27) 1974年4月27日(45歳)
出身地 日本の旗 日本, 広島県因島市(現:尾道市
学歴

弓削商船高等専門学校中退

アン・ミュージック・スクール京都校(現・スクール・オブ・ミュージックプラン
ジャンル J-POP
ロック
職業 ミュージシャン
作詞家
作曲家
担当楽器 エレクトリックベース
コントラバス
ボーカル
ギター
活動期間 1994年 -
レーベル SME Records(2009年まで)
事務所 アミューズ(2016年まで)

Tama(タマ、本名:白玉 雅己(しらたま まさみ)、1974年4月27日 - )は、日本ミュージシャン。元ポルノグラフィティメンバー。個人事務所所属。

人物[編集]

略歴[編集]

使用機材[編集]

楽器[編集]

  • Fender Customshop 60's Jazz Bass Built by Dennis Galuszka (LPB)
  • Fender Customshop Custom Jazz Bass built by Mark Kendrick
  • Fender Jazz Bass '63 (3TS)
  • Fender Jazz Bass '74 (3TS)
  • Fender Customshop Active Jazz Bass (NAT)
  • Fender Custom Classic Jazz Bass V
  • Fender Customshop Jazz Bass (CAR)
  • Line6 VARIAX ACOUSTIC 700

その他、モデル名は不明だがFender社のジャズベースを数多く使っている。ライブで使わないものも含めて、ベースをトータルで20本ほど所有(MUSIC ON! TVより)、うち8本がCustomshop製(BASS MAGAZINEより)である。

アンプ[編集]

  • Ampeg B-15R

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. Metal Cool2006年11月1日) ※初回盤のみLIVE招待ハガキ封入
  2. ホンノウ (2007年5月23日) ※初回盤のみオリジナルステッカー封入

アルバム[編集]

  1. Great Pleasure2005年12月21日) ※初回盤のみPVと特典映像を収録したDVD付
    • Tama本人はベース、トランペット、ギター、コーラスを担当した。
    • アレンジャーに井上ヨシマサ福富幸宏を迎えた。
    • SOUL'd OUTのDiggy-MO'とBro.HiによるEmcees Premium Extra(通称E.P.E)と、wyolicaのヴォーカルであるazumiが参加。
  2. Natural Born2007年6月20日) ※初回盤のみPVと2nd Liveのダイジェスト、特典映像を収録したDVD付
  3. SUPER SESSIONS -Best of 2005〜2009-2009年10月28日

ミニアルバム[編集]

  1. !LOUD!2008年1月23日
  2. !SHOUT!2008年5月21日

参加作品[編集]

ポルノグラフィティ時代の作曲作品[編集]

曲名 収録作品 備考
ジレンマ シングル「ヒトリノ夜 ポルノグラフィティライブアンコールのラスト1曲となっていた。
Jazz up アルバム『ロマンチスト・エゴイスト インディーズ時代から存在している楽曲。
ライオン インディーズ時代から存在している楽曲。
デッサン#1 インディーズ時代から存在している楽曲。
ラビュー・ラビュー ラジオ限定で弾き語りヴァージョンが披露された。
PRIME シングル「ミュージック・アワー インディーズ時代から存在している楽曲で、ソロライブでセルフカバーしたこともある。作詞 岡野昭仁
冷たい手 〜3年8ヶ月〜 シングル「サウダージ 「Search the best way」のアレンジ・歌詞違い。作詞 岡野昭仁
Search the best way ポルノグラフィティ在籍時に唯一の一部作詞/作曲を同時担当した作品。
サボテン シングル「サボテン シラタマ作曲による初のシングルA面曲。インディーズ時代から存在している楽曲。
ダイアリー 00/08/26 「大事になときにいつか演ろう」ということで作られた曲。
サボテン Sonority 「サボテン」のアレンジ・歌詞違い。
グァバジュース アルバム『foo?
オレ、天使 ミュージックステーション』で披露されたこともある。
夜明け前には
オレ、Cupid 未音源化 「4th Live CIRCUIT "Cupid (is painted blind)"」で演奏された。
別れ話をしよう シングル「アゲハ蝶
幸せについて本気出して考えてみた シングル「幸せについて本気出して考えてみた Tama名義による初のシングルA面曲。
敵はどこだ? アルバム『雲をも摑む民
ハート
ニセ彼女
ビタースイート 「5th LIVE CIRCUIT "BITTER SWEET MUSIC BIZ"」のツアータイトルの由来になった曲。『ミュージックステーション』で披露されたことがある。
夜はお静かに
Go Steady Go! シングル「Mugen FIFAワールドカップNHK公式イメージソング。
シングル「 テレビ朝日系ドラマ『スカイハイ』主題歌。「黒い瞳」とアレンジしてソロライブでも披露した。
CLUB UNDERWORLD アルバム『WORLDILLIA ファンクラブツアー「FUNCLUB UNDERWORLD」のツアータイトルの由来となった楽曲。
素晴らしき人生かな? 本人曰く「渦」の子分らしい。作詞 岡野昭仁
月飼い シングル「メリッサ Tamaには珍しく、イントロからサビアウトロまで打ち込みを多用した曲。
ラック シングル「ラック オリコン初登場1位を記録。
Anotherday for "74ers"

編曲作品[編集]

曲名 アーティスト名 収録作品 備考
大航海2020 〜恋より好きじゃ、ダメですか?ver.〜 高田夏帆 シングル「大航海2020 〜恋より好きじゃ、ダメですか?ver.〜 RCCテレビ開局60周年ドラマ『恋より好きじゃ、ダメですか?』劇中歌。原曲はユニコーンのアルバム『UC100V』に収録[2]

ライブ活動[編集]

形態 タイトル 公演日 公演規模 会場
2005年 単発ライブ 1st Solo Live
"Tama/Great Pleasure Night"
12月24日 全1公演 新宿コマ劇場
2006年 招待制ライブ 2nd Live
"Tama/Metal Cool Night"
12月5日[3] 全1公演 SHIBUYA-BOXX
2007年 ライブツアー 3rd Live Tour
"Tama/Quattro Live Tour
Natural Born Wild"
6月28日-
7月4日
全国4都市
5公演
心斎橋CLUB QUATTRO、広島CLUB QUATTRO、名古屋CLUB QUATTRO、渋谷CLUB QUATTRO
2008年 単発ライブ 4th Live
"Tama/!LOUD!GIG!"
3月11日-
3月13日
全国2都市
2公演
大阪LIVE SQUARE 2nd LINE、渋谷CHELSEA HOTEL
2008年 ライブツアー 5th Live Tour
"Tama/Live Tour 2008
!LOUD&SHOUT!"
7月3日-
7月6日
全国3都市
3公演
大阪Shangri-La、東京DAIKANYAMA UNIT、名古屋Electric Lady Land
2009年 単発ライブ 6th Live
"Tama/One Night Special Live 2009
-I'm Ready-"
12月8日 全1公演 渋谷CHELSEA HOTEL
2010年 単発ライブ 7th Live
"Tama/One Night Special Live 2010
-EVOLUTION-"
12月18日 全1公演 渋谷CHELSEA HOTEL

出演[編集]

レギュラー番組[編集]

雑誌連載[編集]

  • PATi PATi2008年3月号から5月号まで短期集中連載Tama Notesが掲載された。

ライブでのサポートメンバー[編集]

など

脚注[編集]

外部リンク[編集]