持光寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
持光寺
Jikoji01n3872.jpg
山門
所在地 広島県尾道市西土堂町9-2
位置 北緯34度24分26.1秒
東経133度11分44.9秒
座標: 北緯34度24分26.1秒 東経133度11分44.9秒
山号 日輪山
宗派 浄土宗西山禅林寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 不詳
開基 不詳
正式名 日輪山 金剛台院 持光寺
文化財 絹本著色普賢延命像(国宝)
絹本著色釈迦八相図(県重要文化財)
法人番号 7240005010922 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
本堂
普賢延命像(国宝)

持光寺(じこうじ)は、広島県尾道市西土堂町にある浄土宗西山禅林寺派の寺院。山号は日輪山。院号は金剛台院。本尊は阿弥陀如来

歴史[編集]

この寺の創建年代等については不詳であるが、もとは天禅寺と号する天台宗の寺院であったが、室町時代前期から中期にかけて浄土宗に改宗したという。

文化財[編集]

国宝[編集]

絹本著色普賢延命像
平安時代末期。寸法は146.0×85.0センチ。長寿などを祈願する修法である普賢延命法の本尊画像である。普賢延命菩薩像には2臂像と20臂像があるが、本画像は20臂像であり、密教図像集『別尊雑記』所載の図像に近い。菩薩像は五仏宝冠を戴き、4頭の白象が支える蓮華座上に坐す。白象の頭上にはそれぞれ1体ずつの四天王像を表す。菩薩の肉身は白色で、輪郭には朱線を用い、朱色の隈取りを施す。着衣や台座蓮弁などには繧繝彩色(濃色から淡色へ、層をなすように彩色する技法)を用いるが、截金文様は用いていない。作風・技法には次の鎌倉時代にかけての過渡期的様相がうかがわれる。修理時に絵絹の裏に「延命像仁平三年四月廿一日供養」の墨書が発見され、平安時代末期、仁平3年(1153年)の作であることが知られる。平安時代の仏画のうち、制作年代の明らかな基準作として貴重である。[1]

その他の文化財[編集]

所在地[編集]

〒722-0032 広島県尾道市西土堂町9-2

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『週刊朝日百科日本の国宝』29号、p.2 - 264 - 2 - 265(解説執筆は菅信博)

参考文献[編集]

  • 『週刊朝日百科日本の国宝』29号、朝日新聞社、1997

外部リンク[編集]