ひろぎん証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ひろぎん証券株式会社
Hirogin Securities Co,.Ltd.
Hirogin Securities headquarters.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
730-0032
広島県広島市中区立町2-30[1][2]
設立 2007年(平成19年)7月25日[3]
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 5240001018847
金融機関コード 0656
事業内容 金融商品取引業
代表者 竹内万博[4]
資本金 50億円[4]
売上高 48億1368万円(2016年3月期)[1]
従業員数 237人[1]
決算期 3月[1][2]
主要株主 広島銀行 : 100%[4]
外部リンク https://www.hirogin-sec.co.jp/
特記事項:現本社屋は、以前山一証券広島支店→メリルリンチ日本証券広島支店→ウツミ屋証券本社だった。建物の名前は『ウツミ屋証券ビル』。
テンプレートを表示
ひろぎんウツミ屋証券時代

ひろぎん証券株式会社(ひろぎんしょうけん)は、日本証券会社広島銀行の完全子会社。日本証券業協会加盟。中国財務局長(金商)第20号[4]

概要[編集]

2008年(平成20年)1月1日に、広島銀行とウツミ屋証券との共同出資のひろぎんウツミ屋証券を、ウツミ屋証券のリテール部門を分割して設立。2017年(平成29年)6月1日に、広島銀行の完全子会社のひろぎん証券になった。

支店は、24店舗の本支店を展開し、広島県15店・山口県5店・島根県、岡山県、大分県、東京都に各1店舗を展開している[1]2018年8月には四国初の拠点として愛媛県今治市に今治営業所を開設した。

沿革[編集]

  • 7月9日 - ウツミ屋証券と共同出資で証券会社を設立することに同意[5]
  • 7月25日 - 資本金5000万円で、ウツミ屋株式会社として設立[4][3]
  • 2008年(平成20年)1月1日 - ウツミ屋証券の会社分割により、ウツミ屋が商号をひろぎんウツミ屋証券に変更し、ウツミ屋証券のリテール業務を引き継ぐ。同時に、資本増強を行い、資本金61億円になる[4]
  • 2017年(平成29年)
  • 1月26日 - ウツミ屋証券所有分のひろぎんウツミ屋証券の株式全て取得し、完全子会社化することを発表[3]
  • 3月 - 資本金を50億円に減資[4]
  • 5月10日 - 広島銀行の完全子会社化後の社名を、ひろぎん証券にすることを発表[6]
  • 6月1日 - ウツミ屋証券から株式を取得し広島銀行の完全子会社化。「ひろぎん証券」に社名変更する[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『2017 広島企業年鑑』358ページ
  2. ^ a b 『2017 広島会社手帳』450ページ
  3. ^ a b c 子会社の異動に関するお知らせ (PDF) - 広島銀行 2017年1月26日
  4. ^ a b c d e f g h 会社情報 - ひろぎん証券
  5. ^ 「広島銀行とウツミ屋証券の共同出資による証券会社設立に関する基本合意について」 (PDF) - 広島銀行2007年7月9日ニュースリリース
  6. ^ 持分法適用関連会社(ひろぎんウツミ屋証券株式会社)の商号変更(予定)に関するお知らせ (PDF) - 広島銀行 2017年5月10日
  7. ^ ひろぎん証券、今治に営業所 四国初出店 広島銀と共同店舗 - 日本経済新聞(2018年5月18日)、2018年9月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『2017 広島企業年鑑』(広島経済研究所)
  • 『2017 広島会社手帳』(経済リポート)

外部リンク[編集]