ベッチャー祭り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベッチャー祭り(ベッチャーまつり)は広島県尾道市で行われる祭りで、奇祭とも称される。1962年には尾道市無形民俗文化財に指定された。

期間[編集]

毎年11月1日から11月3日まで

由来[編集]

江戸時代後期、1807年(文化四年)、尾道に疫病が流行した際に尾道の町奉行・南部藤左衛門が各神社に病魔退散のお祓いを命じた。吉備津彦神社(一宮神社)でも三日二夜の祈祷を行い、旧暦の10月18日には神輿行列で町内を巡った。この祭事がベッチャー祭りの起源となった。

概要[編集]

11月3日の「練り歩き」では、鬼神「ソバ」「ベタ」「ショーキー」が獅子と共に御輿を先導し、市内を練り歩く。 この三面と獅子に叩かれたり突かれたり噛まれたりするとその1年間、風邪や病気にならないと言い伝えられている。 毎年この日には子供から大人まで皆が街へ繰り出し、太鼓のお囃子(おはやし)に合わせて「ベタ」「ソバ」「ショーキー」という掛け声で三面をはやしている光景がとても魅力的である。

  • 「ベタ」狂言面の武悪面。祝棒を持つ。
    最初に扮した御所柿屋平衛門(平右衛門?)にちなんで当初「ゴショガー」と呼ばれていたが、面のべたっとした形から次第に「ベタ」と呼ばれる様になった。「ベッチャー」という語も「ベタ」が訛ったもの、とされる。
    • 2010年度下半期のNHK連続テレビ小説てっぱん』では、尾道育ちの主人公が、横柄な態度を取る祖母のことを陰で「ベッチャー」と呼んでいた。
  • 「ソバ」能面の大蛇。祝棒を持つ、女の大蛇(棒ぜん鬼女)。
    名前は最初に鬼神に扮した蕎麦屋の鍜治川福松に由来すると言われる。
  • 「ショーキー」天狗面。ささらを持つ。
    最初に扮した便利屋の庄吉から名前を取ったという説と、鍾馗に由来するという説がある。

外部リンク[編集]