神戸ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神戸ライナー(こうべライナー)は、兵庫県神戸市広島県福山市府中市尾道市世羅郡世羅町を結ぶ高速バス路線である。

  • 全便予約制だが、席は自由席(定員制)である。原則として乗車前にあらかじめ乗車券を購入しなければならない。当日空席がある場合に限り予約無しでも乗車可能。

歴史[編集]

  • 1998年7月24日、運行開始。これより以前に臨時便として神姫バスと共同運行で姫路駅(神姫バスターミナル)経由で 当初3往復、その後2往復運行した事があった。[1]
  • 2002年2月1日 1日4往復に増便。
  • 2006年11月26日 ミント神戸がオープン、ビル1階に新設された三宮バスターミナル発着に変更。
  • 2006年12月22日 旧・中国バスの事業廃止により、同社担当便を新・中国バス(両備バスの100%子会社)に移管。
  • 2008年5月21日 ダイヤ改正。運行・所要時間の見直しと新橋停留所の新設。
  • 2008年10月1日 福山駅前 - 府中営業所間が双方向乗車可能になる。
  • 2010年9月18日 府中線は、神戸ポートタワー発着に変更。
  • 2011年12月1日 尾道線の一部停留所(長江口・防地口・浄土寺下・桑田渡し・尾道造船所前)を廃止。
  • 2014年1月21日 尾道線を中国バス甲山営業所(世羅町)まで延長。

運行会社[編集]

  • 中国バス
    • 府中営業所が昼行4往復(府中線)、尾道営業所が昼行1往復(尾道線)を担当。
  • 神戸での予約・発券・運行支援業務は神姫バス(神戸営業所)が担当。

停車停留所[編集]

  • クローズドドアシステムを採用しているため<停留所 - 停留所>でくくった中は発地側は乗車のみ、着地側は下車のみである。
  • 府中発着便の府中営業所 - 福山駅前間は予約なしで自由に乗降できる
  • 府中発着便
    • 三ノ宮駅(三宮バスターミナル) - <広尾 - 新橋 - 福山駅前> - 平成大学(中国バス平成車庫) - 府中営業所(中国バス目崎車庫)
    • 福山駅前 - 府中営業所間は一部停留所のみ掲載。
  • 甲山・尾道発着便
    • 三ノ宮駅(三宮バスターミナル) - <広尾 - 新橋 - 福山駅前 - 尾道駅前 - 三成(中国バス尾道営業所)) - 甲山営業所(中国バス甲山営業所)
    • 福山駅前 - 甲山間は一部停留所のみ掲載。

運行経路[編集]

※以前は、神戸市内 - 生田川IC - 阪神高速道路3号神戸線 - 須磨料金所 - 第二神明道路- 名谷ジャンクション - 神戸淡路鳴門自動車道 - 神戸西IC - 山陽自動車道 - (以下同じ)という経路だったが、所要時間見直しのため、現在の経路に変更された。また高須IC - 国道2号の経路も尾道市内のバス停見直しの際に経路廃止された。

※府中線・尾道線とも三木SA吉備SAにて休憩あり。

運行回数[編集]

  • 昼行5往復
    • 府中線4往復、尾道線1往復

(2011年12月1日より府中便1往復が土・日・祝日運行となり、平日は4往復となる)

車内設備[編集]

  • 4列シート
  • トイレなし(ついている場合あり)

脚注[編集]

  1. ^ 中国運輸局高速バス(都市間バス)の運行状況

外部リンク[編集]