平谷祐宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平谷 祐宏
ひらたに ゆうこう
生年月日 (1953-03-29) 1953年3月29日(68歳)
出生地 広島県尾道市向島町岩子島
出身校 山口大学教育学部卒業
前職 教育委員会教育長
所属政党 無所属

当選回数 4回
在任期間 2007年4月27日 - 現職
テンプレートを表示

平谷 祐宏(ひらたに ゆうこう、1953年3月29日 - )は、日本政治家教諭広島県尾道市長(4期)。広島県日韓親善協会名誉顧問。

来歴[編集]

広島県尾道市向島町岩子島出身。向島町立岩子島小学校(現・尾道市立三幸小学校)、向島町立向島中学校、広島県立尾道北高等学校卒業[1]1977年(昭和52年)、山口大学教育学部卒業。1984年(昭和59年)、尾道市立吉和中学校の教諭になる。2003年(平成15年)、尾道市教育委員会の教育長に就任[2]

2007年(平成19年)4月22日執行の尾道市長選挙で元因島市長の岡野敬一を破り初当選[3]。4月27日、市長に就任[4]

2019年(平成31年)、3人の新人候補者を破り4選。

市政[編集]

  • 2020年(令和2年)5月29日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身と副市長、教育長、上下水道事業管理者の6月期末手当を20%減額する条例案を市議会臨時会に提出した。減額額は計203万5,800円。同日、同条例案は可決された。なお、市議会議員の6月期末手当を20%減額する議案も賛成多数で可決された[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]