神田孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神田孝夫(かんだ たかお、1937年[1] - )は、日本の法学者、民法学者、弁護士。現在、小樽商科大学名誉教授・元北海学園大学法科大学院教授北海道斜里郡斜里町出身。

来歴[2][編集]

エピソード[編集]

  • 栗本慎一郎著『間違いだらけの大学選び』の小樽商科大学の巻で、商法の青竹正一(後に千葉大学に転出)と並ぶ法律学の看板教授として評価されていた[5]。学部ゼミのゼミ出身者に池田清治などがいる。

業績[編集]

  • 『使用者責任』(一粒社、1978年初版/1998年新版)
  • 『教材民法判例』(共著、北海道大学図書刊行会、1983年)
  • 『不法行為責任の研究』(一粒社、1988年)
  • 『民法〈4〉契約・事務管理・不当利得(改訂版)』(有斐閣新書、1990年)
  • 『論評ないし意見表明による名誉毀損と免責事由』(札幌法学、2003年)[6]

などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『北海道人物・人材情報リスト2004 かーと』日外アソシエーツ編集・発行、2003年参照
  2. ^ 以下につき、『商学討究 第52巻2・3合併号』小樽商科大学、2001年12月 409頁以下、『北海道人物・人材情報リスト 2013 第1巻』日外アソシエーツ編集・発行 2014年を参照。
  3. ^ 博士論文データベース
  4. ^ 平成29年秋の叙勲 中綬章受章者の顔触れ 産経ニュース
  5. ^ *栗本慎一郎『間違いだらけの大学選び-疾風編 , 怒濤編』(朝日新聞社、1994年)
  6. ^ - 論評ないし意見表明による名誉毀損と免責事由(一) : 判例における「公正な論評」法理の生成と問題点(退職記念号)CiNii - 論評ないし意見表明による名誉毀損と免責事由(二) : 判例における「公正な論評」法理の生成と問題点(追悼記念号)

外部リンク[編集]