せん断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

せん断剪断[1]、せんだん)あるいはシア (英語: shear)とは、はさみなどを使って挟み切るように、物体や流体の内部の任意の面に関して面に平行方向に力が作用することである。

固体のせん断[編集]

はさみで物体を切る場合、2つのはすれちがうわけで、切られる物体はせん断力によって破壊される。

板金加工などにおいて、板の打抜きを行うことをせん断加工という。

自動車雪道用タイヤは、タイヤの溝の中で圧縮された雪の「雪柱せん断力(せきちゅうせんだんりょく)」によって、トラクション(駆動力)やグリップ(耐横力(たいよこりょく)や制動力)を得ている。

流体のせん断[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「剪」の文字が現在常用漢字に含まれておらず、「せん断」と表記されることもあり、本記事では学術用語集に準じて「せん断」の表記で統一する。オンライン学術用語集検索ページ”. 学術用語集. 文部科学省・国立情報学研究所. 2015年12月1日閲覧。

関連項目[編集]