第25回社会人野球日本選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第25回社会人野球日本選手権大会(だい25かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、1998年10月3日から10月11日にかけて大阪ドームで開かれた社会人野球日本選手権大会である。

概要[編集]

出場チーム[編集]

代表枠 チーム 出場回数
北海道 NTT北海道 2年連続5回目
北海道 王子製紙苫小牧 4年連続8回目
東北 JT 2年連続11回目
東北 NTT東北 2年ぶり11回目
北信越 北陸銀行 5年連続7回目
北信越 NTT北陸 9年連続10回目
関東 日本通運 2年連続9回目
関東 本田技研 2年ぶり9回目
関東 NTT関東 7年ぶり6回目
関東 東芝府中 15年ぶり2回目
関東 日産自動車 2年連続9回目
東海 三菱自動車岡崎 3年ぶり2回目
東海 新日本製鐵名古屋 2年連続7回目
代表枠 チーム 出場回数
東海 本田技研鈴鹿 8年ぶり7回目
近畿 三菱自動車京都 2年ぶり7回目
近畿 日本新薬 4年連続7回目
近畿 松下電器 5年連続20回目
近畿 日本生命 2年連続18回目
近畿 大阪ガス 2年ぶり7回目
近畿 大和銀行 初出場
近畿 小西酒造 初出場
中国 川崎製鉄水島 3年連続7回目
中国 NKK 3年ぶり11回目
四国 NTT四国 16年連続18回目
九州 日産自動車九州 2年ぶり5回目
九州 NTT九州 5年ぶり7回目

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車京都 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JT 0 3 0 0 0 1 1 1 X 6

勝:能島 敗:森 本:鎌田、半田(以上JT)

  • 第2試合(10月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 0 3 0 0 3 0 0 1 0 7
川崎製鉄水島 4 0 3 2 0 0 0 2 X 11

勝:小谷 敗:部坂 本:竹下(水島)、萩谷、二階堂(以上府中)

  • 第3試合(10月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研鈴鹿 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
小西酒造 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:稲葉 敗:鈴木

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
NTT四国 0 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0 1 4
王子製紙苫小牧 0 1 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 3

勝:古谷 敗:藤田 本:近藤、山本、山上(以上苫小牧)

  • 第5試合(10月4日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
大和銀行 0 1 0 0 4 0 0 0 3 2 10
日産自動車九州 1 5 2 0 0 0 0 0 0 0 8

勝:水田 敗:秋吉 本:小川(九州)、中尾(大和)

  • 第6試合(10月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東北 2 0 0 0 0 1 0 3 0 4
本田技研 0 0 0 0 1 0 0 1 1 3

勝:植松 敗:中村隼 本:三瓶(東北)、田口(本田)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車岡崎 1 0 0 0 3 4 2 1 0 11
日産自動車 6 0 0 0 0 0 2 1 0 9

勝:桂 敗:辻 本:仲村(岡崎)

  • 第8試合(10月5日)-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
NKK 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 4
北陸銀行 0 1 0 0 0 1 0 1 1 0 1x 5

勝:竹島 敗:松井

  • 第9試合(10月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本製鐵名古屋 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2
日本生命 1 0 1 0 0 2 0 0 X 4

勝:辻 敗:岩崎 本:野上、福留(以上日生)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 4 0 3 0 3 1 0 1 0 12
NTT北海道 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3

勝:茂木 敗:杉之原

2回戦[編集]

  • 第1試合(10月6日)-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
NTT北陸 0 0 2 2 0 1 0 0 0 0 0 5
JT 1 0 0 2 2 0 0 0 0 0 1x 6

勝:金沢 敗:伊藤 本:佐伯、瀬戸(以上JT)

  • 第2試合(10月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄水島 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3
本田技研鈴鹿 0 0 1 0 3 1 0 0 X 5

勝:近岡 敗:吉本 本:山本(水島)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT四国 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
日本新薬 1 0 1 0 0 0 0 1 X 3

勝:田村 敗:吉川

  • 第4試合(10月7日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
NTT関東 1 0 4 1 1 2 0 0 X 9

勝:立石 敗:水田 本:吉田、キーナン(以上関東)

  • 第5試合(10月7日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 0 2 2 4 1 9
NTT東北 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3

勝:建山 敗:進藤 本:木村(松下)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT九州 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
三菱自動車岡崎 0 0 1 2 0 0 0 2 X 5

勝:岩下 敗:徳留 本:武輪(岡崎)

  • 第7試合(10月8日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
北陸銀行 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
日本生命 1 0 0 0 1 1 0 0 X 3

勝:辻 敗:竹島 本:福留(日生)

  • 第8試合(10月8日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 2 2 0 0 0 0 0 0 0 4
日本通運 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:坂本 敗:乙幡 本:俣瀬、沢多(以上大ガス)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JT 1 0 0 1 1 1 0 0 0 4
本田技研鈴鹿 0 0 2 0 4 0 0 0 X 6

勝:近岡 敗:能島 本:與本(鈴鹿)、長浜(JT)

  • 第2試合(10月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT関東 2 0 0 0 0 0 1 0 1 4
日本新薬 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:柳沢 敗:田村 本:阿久根(関東)

  • 第3試合(10月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車岡崎 2 0 0 0 0 3 1 0 0 4
松下電器 1 2 2 0 0 0 2 4 X 11

勝:田中 敗:桂 本:田渕(岡崎)

  • 第4試合(10月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 2 1 0 0 1 0 3 0 0 7
大阪ガス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:小塩 敗:前山 本:福留2(日生)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT関東 6 0 0 0 0 1 1 1 0 9
本田技研鈴鹿 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:伊藤 敗:稲葉 本:阿久根、上本(以上関東)

  • 第2試合(10月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 2 0 0 0 3 0 0 4 0 7
日本生命 0 0 7 1 1 0 0 1 X 10

勝:辻 敗:植田 本:下野(日生)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 2 0 3 0 0 2 7
NTT関東 0 0 1 4 1 0 0 0 2x 8

勝:立石 敗:土井 本:キーナン、阿久根(以上関東)、三島(日生)
(NTT関東は初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 最高殊勲選手賞 阿久根鋼吉(内野手:NTT関東)
  • 敢闘賞 辻太一(投手:日本生命)
  • 打撃賞 阿久根鋼吉(内野手:NTT関東)
  • 首位打者賞 井上大(外野手:松下電器) 11打数7安打 .636
  • 大会優秀選手
    • 投手
    辻太一(日本生命)
    土井善和(日本生命)
    立石尚行(NTT関東)
    稲葉孝夫(本田技研鈴鹿)
    • 捕手
    門奈雄虎(JT)
    鈴木輝彦(NTT関東)
    • 一塁手
    キーナン・ティミィ(NTT関東)
    • 二塁手
    阿久根鋼吉(NTT関東)
    西岡隆一(松下電器)
    • 三塁手
    福留孝介(日本生命)
    北口正光(松下電器)
    • 遊撃手
    野上修(日本生命)
    沖原佳典(NTT関東)
    • 外野手
    下山真二(日本生命)
    飯塚智広(NTT関東)
    井上大(松下電器)
    夏目昌則(三菱自動車岡崎)
    • 指名打者
    鎌田倫昌(JT)
  • 応援団コンテスト
    • 最優秀賞 川崎製鉄水島
    • チームワーク賞 大和銀行
    • ユニーク賞 本田技研鈴鹿
    • はつらつ賞 大阪ガス

同大会の記録[編集]

  • 毎回安打
NTT東北が1回戦・対本田技研戦で達成。
  • 連続奪三振 6(タイ記録)
日本通運・広田が1回戦・対NTT北海道戦で記録。
  • 1試合チーム最多失策 6
三菱自動車岡崎が準々決勝・対松下電器戦で記録。