野上修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野上 修
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県那珂郡大宮町
(現・常陸大宮市
生年月日 (1974-04-04) 1974年4月4日(45歳)
身長
体重
166 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 日本生命
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2000年

野上 修(のがみ おさむ、1974年4月4日 - )は、日本の野球選手(内野手)、野球指導者。シドニー五輪代表に選ばれた。

人物・来歴[編集]

小学校3年の時に地元のソフトボールクラブに入り、その後野球に転向した[1]大宮中学から水戸商に進み、2年夏には遊撃手のレギュラーを務めて茨城大会準決勝で竜ヶ崎一高に1点差で惜敗[2]。秋からは主将を務め、関東大会で準優勝して3年春の第64回選抜高等学校野球大会に出場し、初戦で自らの送球が走者に当たる不運もあって南部に1対2で敗れた[3]。3年夏の県大会は準々決勝で常総学院に敗れている[4]

高校卒業後は明治大学に進み、同級生に橿渕聡筒井壮がいた。3年春からレギュラー遊撃手となり、同季の六大学リーグ戦でリーグ3位の打率.367を記録してベストナインを獲得[5]。続く秋季リーグ戦でもリーグ3位の打率.390となり、満票でベストナインに選ばれた[6]。4年春にも3季連続でベストナインを受賞し、この間にチームは1995年1996年の秋季リーグ戦および神宮大会で優勝している。

鷲北とともに1997年日本生命に入社し、1年目から二塁手のレギュラーを獲得。同年の都市対抗では決勝戦でスクイズを成功させる[7]などの活躍で優勝に貢献し、優秀選手に選ばれた。入社当初は打撃が課題とされて夜遅くまでティーバッティングに取り組み[8]、2年目の1998年には2番・二塁手としてチームの中心を担うようになった[9]。同年秋には十河章浩の負傷で遊撃手にコンバートされ[9]日本選手権では新日鐵名古屋との1回戦で本塁打を放って優秀選手に選ばれ、チームも準優勝している。

アマ球界屈指の守備力が評価され[1]2000年にはシドニー五輪代表に選ばれた。2004年守備固めなどとしての起用が多く[10]、同年末に現役引退と守備コーチ就任を打診されてこれを受諾[8]2006年までコーチを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 毎日新聞、2000年8月8日付朝刊、茨城地方面
  2. ^ 朝日新聞、1992年3月20日付朝刊、茨城地方面
  3. ^ 朝日新聞、1992年3月29日付朝刊、茨城地方面
  4. ^ 朝日新聞、1994年8月18日付朝刊、茨城地方面
  5. ^ 朝日新聞、1995年6月1日付朝刊、P.27
  6. ^ 朝日新聞、1995年10月31日付朝刊、P.27
  7. ^ 毎日新聞、1997年7月29日付朝刊、P.25
  8. ^ a b 毎日新聞、2006年9月1日付朝刊、P.28
  9. ^ a b 毎日新聞、1998年9月26日付朝刊、P.24
  10. ^ 毎日新聞、2004年9月2日付朝刊、大阪地方面

関連項目[編集]