河野昌人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河野 昌人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀市
生年月日 (1978-05-07) 1978年5月7日
没年月日 (2017-06-16) 2017年6月16日(39歳没)
身長
体重
185 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト3位
初出場 1998年8月19日
最終出場 2004年8月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 佐賀魂
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2000年

河野 昌人(かわの まさと、1978年5月7日 - 2017年6月16日[1])は、プロ野球選手投手)。佐賀県佐賀市出身。

来歴・人物[編集]

龍谷高校では2年時に夏の第77回全国選手権大会に出場。当時は外野手兼控え投手で、初戦の越谷西高校戦にリリーフで2/3イニングの登板のみで、試合は7対1で敗れた。3年生の時の夏は佐賀大会で初戦敗退。

1996年度ドラフト会議にて広島東洋カープから3位指名を受けて入団。2000年にはシドニーオリンピック野球日本代表に選出され、予選リーグで3試合に登板し4イニングを無失点に抑えた。この年はシーズン9セーブを挙げストッパーとして活躍も、翌年以降は右肘の故障・手術の影響もあり成績不振に陥る。2003年シーズン終了後に広島を自由契約となり、翌2004年福岡ダイエーホークスにテスト入団し、同年限りで現役引退した。2002年8月15日の中日戦で代打で出場するなど、打撃の評価も高い選手であった[要出典]

引退後は社会人野球のクラブチーム佐賀魂で投手兼任コーチ、ホークスジュニアベースボールスクールのコーチを務めていた。

2017年6月16日、虚血性心疾患のため死去。39歳没[1]。死去前日もホークスジュニアベースボールスクール佐賀校の講師を務めていた中での急死だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 広島 6 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 63 13.2 13 0 11 0 1 10 1 0 15 11 7.24 1.76
1999 12 9 0 0 0 1 3 0 -- .250 227 49.2 45 9 37 1 2 37 3 0 29 28 5.07 1.65
2000 46 1 0 0 0 4 5 9 -- .444 284 63.2 68 5 27 5 2 49 2 0 40 32 4.52 1.49
2001 14 0 0 0 0 2 4 0 -- .333 86 17.2 23 2 8 1 1 15 1 0 19 16 8.15 1.75
2002 21 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 137 28.0 39 4 11 2 3 33 1 1 23 20 6.43 1.79
2003 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 2 0 2 0 0 1 0 0 2 2 18.00 4.00
2004 ダイエー 10 0 0 0 0 0 1 1 -- .000 50 10.1 15 0 5 1 1 6 0 0 10 10 8.71 1.94
通算:7年 110 13 0 0 0 7 16 10 -- .304 854 184.0 205 20 101 10 10 151 8 1 138 119 5.82 1.66

記録[編集]

  • 初登板:1998年8月19日、対阪神タイガース18回戦(広島市民球場)、10回表2死に3番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 初先発:1998年9月15日、対阪神タイガース23回戦(阪神甲子園球場)、1回2/3を7失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、1回裏に坪井智哉から空振り三振
  • 初勝利・初先発勝利:1999年8月11日、対横浜ベイスターズ19回戦(横浜スタジアム)、6回2失点
  • 初セーブ:2000年4月29日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、9回裏2死に7番手で救援登板・完了、1/3回無失点

背番号[編集]

  • 54(1997年 - 1999年)
  • 12(2000年 - 2003年)
  • 46(2004年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 河野昌人氏死去…39歳 96年ドラフト3位、広島、ダイエーで活躍”. スポーツニッポン (2017年6月16日). 2017年6月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]