レニー・ウィルケンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レニー・ウィルケンズ
Lenny Wilkens
Lenny Wilkens 1968.jpeg
現役時代 (シアトル・スーパーソニックス) のウィルケンズ (1968年)
引退
殿堂 バスケットボール殿堂(選手・コーチ)
永久欠番 スーパーソニックス  19 [注 1]
ポジション
(現役時)
ポイントガード
背番号(現役時) 19 (永久欠番), 32, 15, 14, 17
身長(現役時) 185cm  (6 ft 1 in)
体重(現役時) 82kg (181 lb)
基本情報
本名 Leonard Randolph Wilkens
愛称 Lenny
ラテン文字 Lenny Wilkens
誕生日 (1937-10-28) 1937年10月28日(79歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区
出身 プロヴィデンス大学
ドラフト  
選手経歴
1960-1968
1968-1972
1972-1974
1974-1975
セントルイス・ホークス
シアトル・スーパーソニックス
クリーブランド・キャバリアーズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
指導者経歴
1969-1972
1974-1976

1977-1985
1986-1993
1993-2000
2000-2003
2004-2005
シアトル・スーパーソニックス (選手兼任)
ポートランド・トレイルブレイザーズ (1974-1975シーズンまで選手兼任)
シアトル・スーパーソニックス
クリーブランド・キャバリアーズ
アトランタ・ホークス
トロント・ラプターズ
ニューヨーク・ニックス
受賞歴

選手時代

コーチ時代

レナード・ランドルフ・ウィルケンズ (Leonard Randolph Wilkens, 1937年10月28日 - ) 、通称レニー・ウィルケンズ (Lenny Wilkens)はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手であり、プロバスケットリーグNBAの元ヘッドコーチである。シアトル・スーパーソニックスのオーナーグループの副会長に就任していた事もあった。選手時代は小柄ながら卓越したゲームメイクの出来るポイントガードとして実績を残し、ヘッドコーチ時代は通算1,300勝以上あげた名将として多くのチームをプレーオフに導いた。プレイヤーとコーチの2部門でバスケットボール殿堂入りを果した数少ない往年の名選手である。

経歴[編集]

選手経歴[編集]

カレッジ時代略歴[編集]

ウィルケンズはニューヨーク州ブルックリンに生まれ、地元のブルックリン・ボーイズ高校からプロヴィデンス大学へ進学し選手として活躍した。1959年と1960年の2回カレッジの代表としてNCAAのナショナル・インビテーション・トーナメント(NIT)に出場する。特に1960年にはNITとカレッジ・オールスターゲームのMVPに選出される活躍をみせ、オールアメリカン・セカンドチームにも選出される。卒業時には歴代2位[1]となる1,193ポイントをマークした。1996年に彼の背番号の14番は永久欠番になる。 カレッジ時代の通算成績は平均14.9ポイント、7.3リバウンドである。

NBA時代略歴[編集]

NBAへは、1960年のNBAドラフトセントルイス・ホークスに1巡目6位指名されて入団する。1967-68シーズンまでホークスでプレイし、1968-69シーズンから1971-72シーズンまではシアトル・スーパーソニックス、1972-73シーズンから1973-74シーズンまではクリーブランド・キャバリアーズ、1974-75シーズンはポートランド・トレイルブレイザーズにそれぞれ在籍した。1968年のMVP投票ではウィルト・チェンバレンがいたため選出されなかったが次点につけた。NBAオールスターゲームには通算9回選出、うち1971年にはオールスターMVPに選ばれた。

ウィルケンズは1975年に選手生活を引退したが、1989年に選手として殿堂入りを果した。

コーチ経歴[編集]

彼のヘッドコーチとしてのキャリアは選手時代と重なっている。1969-70シーズンから1971-72シーズンまでのスーパーソニックス在籍期間と、ブレイザーズにいた1974-75シーズンの間は、プレイヤー兼コーチとしてチームを率いていた。シーズン終了後、引退するがその後もそのまま1975-76シーズンもブレイザーズのコーチを務めた。翌シーズンはバスケットボールから離れて休養するが、翌々シーズンにはコーチとしてNBAに戻ってくる。1978-79シーズンは、スーパーソニックスを初のNBAチャンピオンに導いた。その後はキャバリアーズ、ホークス、トロント・ラプターズニューヨーク・ニックスのコーチを歴任し、2005年1月22日にニックスのコーチを辞任するまでコーチを続け、辞めたあとは2006年11月29日よりスーパーソニックスの副社長を務めている。

ウィルキンズは1996年にNBA50周年記念オールタイムチームに、選手・コーチの両部門で選出された。また1998年にはコーチとしても殿堂入りした。選手、およびコーチの2部門で殿堂入りした選手はジョン・ウッデンビル・シャーマン、そしてウィルケンズの3人のみである。

成績および受賞歴[編集]

プレイヤー部門[編集]

プレイ期間と通算成績[編集]

得点、リバウンド、アシストの成績は下記の通りである。[2]

レギュラーシーズン (15シーズン) ポストシーズン (7シーズン)
1,077試合総計 ゲーム平均 40分平均 64試合総計 ゲーム平均
ポイント数 17,772 16.5 18.7 1,031 16.1
リバウンド数 5,030 4.7 5.3 373 5.8
アシスト数 7,211 6.7 7.6 372 5.8

主な受賞トピックス[編集]

  1. オールスターゲーム出場:9回 (1963年, 1964年, 1965年, 1967年, 1968年, 1969年, 1970年, 1971年, 1973年)
  2. オールスターゲームMVP:1回 (1971年)
  3. アシスト王:2回 (1970年 683, 1972年 766)
  4. NBAベスト50選手:1996年


コーチ部門[編集]

在籍チームと通算成績[編集]

32シーズン総計 - 1,332勝 1,155敗 (勝率.536) [3]

  • 1969年-1972年[4]:シアトル・スーパーソニックス 121勝125敗 (勝率.492)
  • 1974年-1976年[4]:ポートランド・トレイルブレイザーズ 75勝89敗 (勝率.457)
  • 1977年-1985年:シアトル・スーパーソニックス 357勝277敗 (勝率.563)
NBAファイナル優勝1回、NBAカンファレンスファイナル優勝1回、進出2回、ディヴィジョンプレーオフ進出2回
  • 1986年-1993年:クリーブランド・キャバリアーズ 316勝258敗 (勝率.551)
カンファレンスファイナル進出1回、ディヴィジョンプレーオフ進出4回
ディヴィジョンプレーオフ進出6回
カンファレンスファイナル進出1回、ディヴィジョンプレーオフ進出1回
ディヴィジョンプレーオフ進出1回

主な受賞トピックス[編集]

  1. NBA最優秀コーチ賞1994年
  2. アトランタオリンピック金メダル:1996年
  3. NBAトップ10偉大なコーチ:1996年[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在の順位は2位ではなく20位となっている。
  2. ^ Basketball-reference.com Lenny Wilkens Statisticsより引用。Feb 26, 2007
  3. ^ Basketball-reference.com Lenny Wilkens coaching recordより引用。Feb 26, 2007
  4. ^ a b プレイヤーとヘッドコーチを兼任した。
  5. ^ NBAの50周年を記念して歴史上最も偉大な選手50人とコーチ10人を選出した。プレイヤー部門とコーチ部門の両方に選出されたのウィルケンズただ一人である。
注釈
  1. ^ 2008年にオクラホマシティ・サンダーシアトル市との間に定められた協定により、永久欠番と欠番バナーの所有権はシアトル市所有となっている

外部リンク[編集]