レニー・ウィルケンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レニー・ウィルケンズ
Lenny Wilkens
Lenny Wilkens 1968.jpeg
引退
ポジション PG
基本情報
本名 Leonard Randolph Wilkens
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ブルックリン
生年月日 (1937-10-28) 1937年10月28日(84歳)
身長(現役時) 185cm (6 ft 1 in)
体重(現役時) 81kg (179 lb)
キャリア情報
出身 プロヴィデンス大学
永久欠番 スーパーソニックス  19 
殿堂入り バスケットボール殿堂 (1989, 1998)
選手経歴
1960-1968
1968-1972
1972-1974
1974-1975
セントルイス・ホークス
シアトル・スーパーソニックス
クリーブランド・キャバリアーズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
指導者経歴
1969-1972
1974-1976
1977-1985
1986-1993
1993-2000
2000-2003
2004-2005
シアトル・スーパーソニックス
ポートランド・トレイルブレイザーズ
シアトル・スーパーソニックス
クリーブランド・キャバリアーズ
アトランタ・ホークス
トロント・ラプターズ
ニューヨーク・ニックス
受賞歴

選手時代

コーチ時代

Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1996 アトランタ バスケットボール
Wilkens, 2013

レナード・ランドルフ・ウィルケンズ (Leonard Randolph Wilkens, 1937年10月28日 - ) はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手であり、プロバスケットリーグNBAの元ヘッドコーチである。シアトル・スーパーソニックスのオーナーグループの副会長に就任していた事もあった。選手時代は小柄ながら卓越したゲームメイクの出来るポイントガードとして実績を残し、ヘッドコーチ時代は通算1,300勝以上あげた名将として多くのチームをプレーオフに導いた。プレイヤーとコーチの2部門でバスケットボール殿堂入りを果した数少ない往年の名選手である。

経歴[編集]

選手経歴[編集]

大学時代[編集]

ウィルケンズはニューヨーク州ブルックリンに生まれ、地元のブルックリン・ボーイズ高校からプロヴィデンス大学へ進学し選手として活躍した。1959年と1960年の2回カレッジの代表としてNCAAのナショナル・インビテーション・トーナメント(NIT)に出場する。特に1960年にはNITとカレッジ・オールスターゲームのMVPに選出される活躍をみせ、オールアメリカン・セカンドチームにも選出される。卒業時には当時歴代2位となる1,193ポイントをマークした。1996年に彼の背番号の14番は永久欠番になる。 カレッジ時代の通算成績は平均14.9ポイント、7.3リバウンドである。

NBA[編集]

NBAへは、1960年のNBAドラフトセントルイス・ホークスに1巡目6位指名されて入団する。1967-68シーズンまでホークスでプレイし、1968-69シーズンから1971-72シーズンまではシアトル・スーパーソニックス、1972-73シーズンから1973-74シーズンまではクリーブランド・キャバリアーズ、1974-75シーズンはポートランド・トレイルブレイザーズにそれぞれ在籍した。1968年のMVP投票ではウィルト・チェンバレンがいたため選出されなかったが次点につけた。NBAオールスターゲームには通算9回選出、うち1971年にはオールスターMVPに選ばれた。

ウィルケンズは1975年に選手生活を引退したが、1989年に選手として殿堂入りを果した。

コーチ経歴[編集]

彼のヘッドコーチとしてのキャリアは選手時代と重なっている。1969-70シーズンから1971-72シーズンまでのスーパーソニックス在籍期間と、ブレイザーズにいた1974-75シーズンの間は、プレイヤー兼コーチとしてチームを率いていた。シーズン終了後、引退するがその後もそのまま1975-76シーズンもブレイザーズのコーチを務めた。翌シーズンはバスケットボールから離れて休養するが、翌々シーズンにはコーチとしてNBAに戻ってくる。1978-79シーズンは、スーパーソニックスを初のNBAチャンピオンに導いた。その後はキャバリアーズ、ホークス、トロント・ラプターズニューヨーク・ニックスのコーチを歴任し、2005年1月22日にニックスのコーチを辞任するまでコーチを続け、辞めたあとは2006年11月29日よりスーパーソニックスの副社長を務めている。

ウィルケンズは1996年にNBA50周年記念オールタイムチームに、選手・コーチの両部門で選出された。また1998年にはコーチとしても殿堂入りした。選手およびコーチの両部門で殿堂入りした人物はジョン・ウッデンビル・シャーマン、ウィルケンズ、トム・ヘインソーンビル・ラッセルの5人のみである。

個人成績[編集]

* リーグ1位
太字 キャリアハイ

レギュラーシーズン[編集]

Season Team GP MPG FG% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1960-61 STL 74 25.3 .425 .713 4.5 2.8 11.7
1961-62 20 43.5 .385 .764 6.6 5.8 18.2
1962-63 75 34.3 .399 .696 5.4 5.1 11.8
1963-64 78 32.4 .413 .740 4.3 4.6 12.0
1964-65 78 36.6 .414 .746 4.7 5.5 16.5
1965-66 69 39.0 .431 .793 4.7 6.2 18.0
1966-67 78 38.1 .432 .787 5.3 5.7 17.4
1967-68 82 38.6 .438 .768 5.3 8.3 20.0
1968-69 SEA 82 42.2 .440 .770 6.2 8.2 22.4
1969-70 75 37.4 .420 .788 5.0 9.1* 17.8
1970-71 71 37.2 .419 .803 4.5 9.2 19.8
1971-72 80 37.4 .466 .774 4.2 9.6 18.0
1972-73 CLE 75 39.6 .449 .828 4.6 8.4 20.5
1973-74 74 33.6 .465 .801 3.7 7.1 1.3 0.2 16.4
1974-75 POR 65 17.9 .439 .768 1.8 3.6 1.2 0.1 6.5
Career 1,077 35.3 .432 .774 4.7 6.7 1.3 0.2 16.5
All-Star 9 20.2 .400 .781 2.4 2.9 9.4

プレーオフ[編集]

Year Team GP MPG FG% FT% RPG APG PPG
1961 STL 12 36.4 .380 .759 6.0 3.5 14.2
1963 11 36.4 .370 .755 6.3 6.3 13.7
1964 12 34.4 .448 .759 5.0 5.3 14.3
1965 4 36.8 .351 .828 3.0 3.8 16.0
1966 10 39.1 .399 .687 5.4 7.0 17.1
1967 9 42.0 .400 .856 7.6 7.2 21.4
1968 6 39.5 .440 .750 6.3 7.8* 16.1
Career 64 37.5 .399 .769 5.8 5.8 16.1

コーチ戦績[編集]

NBA[編集]

Team Season Regular season Playoffs
G W L W-L% G W L W-L% Results
SEA 1969-70 82 36 46 .439
1970-71 82 38 44 .463
1971-72 82 47 35 .573
POR 1974-75 82 38 44 .463
1975-76 82 37 45 .451
SEA 1977-78 60 42 18 .700 22 13 9 .591 NBAファイナル敗退
1978-79 82 52 30 .634 17 12 5 .706 NBAチャンピオン
1979-80 82 56 26 .683 15 7 8 .467 カンファレンス決勝敗退
1980-81 82 34 48 .415
1981-82 82 52 30 .634 8 3 5 .375 カンファレンス準決勝敗退
1982-83 82 48 34 .585 2 0 2 .000 1回戦敗退
1983-84 82 42 40 .512 5 2 3 .400 1回戦敗退
1984-85 82 31 51 .378
CLE 1986-87 82 31 51 .378
1987-88 82 42 40 .512 5 2 3 .400 1回戦敗退
1988-89 82 57 25 .695 5 2 3 .400 1回戦敗退
1989-90 82 42 40 .512 5 2 3 .400 1回戦敗退
1990-91 82 33 49 .402
1991-92 82 57 25 .695 17 9 8 .529 カンファレンス決勝敗退
1992-93 82 54 28 .659 9 3 6 .333 カンファレンス準決勝敗退
ATL 1993-94 82 57 25 .695 11 5 6 .455 カンファレンス準決勝敗退
1994-95 82 42 40 .512 3 0 3 .000 1回戦敗退
1995-96 82 46 36 .561 10 4 6 .400 カンファレンス準決勝敗退
1996-97 82 56 26 .683 10 4 6 .400 カンファレンス準決勝敗退
1997-98 82 50 32 .610 4 1 3 .250 1回戦敗退
1998-99 50 31 19 .620 9 3 6 .333 カンファレンス準決勝敗退
1999-00 82 28 54 .341
TOR 2000-01 82 47 35 .573 12 6 6 .500 カンファレンス準決勝敗退
2001-02 82 42 40 .512 5 2 3 .400 1回戦敗退
2002-03 82 24 58 .293
NYK 2003-04 42 23 19 .548 4 0 4 .000 1回戦敗退
2004-05 39 17 22 .436
Career 2,487 1,332 1,155 .536 178 80 98 .449

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


  1. ^ basketball-reference.com