マーカス・スマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーカス・スマート
Marcus Smart
Marcus Smart (32133149160).jpg
2017年のスマート
ボストン・セルティックス  No.36
ポジション PG/SG
背番号 36
身長 193cm (6 ft 4 in)
体重 100kg (220 lb)
ウィングスパン 206cm  (6 ft 9 in)[1]
シューズ アディダス
基本情報
本名 Marcus Osmond Smart
ラテン文字 Marcus Smart
誕生日 (1994-03-06) 1994年3月6日(24歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州フラワーマウンド英語版
出身 オクラホマ州立大学
ドラフト 2014年 6位 
選手経歴
2014- ボストン・セルティックス
受賞歴

マーカス・スマート (Marcus Osmond Smart 1994年3月6日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州フラワーマウンド英語版出身のバスケットボール選手。NBAボストン・セルティックスに所属している。ポジションはポイントカード

来歴[編集]

オクラホマ州立大学で2年間プレーし、NCAAトーナメントでも活躍。2014年のNBAドラフトアーリーエントリー[2]、6位という高評価でボストン・セルティックスから指名された[3][4]

1年目の2014-15シーズンは、これまで先発を務めていたレイジョン・ロンドが、12月にダラス・マーベリックスに移籍したことで、シーズン途中から先発に抜擢。2015年3月20日のサンアントニオ・スパーズ戦でマット・ボナーに暴行を働き退場処分と出場停止処分を受けるという失態を犯したものの[5]、最終的には67試合に出場、平均7.8得点3.1アシストを記録し、チームの2年振りのプレーオフ出場に貢献したことが評価され、NBAオールルーキーチームのセカンドチームに選出された。

2018年3月16日、チームはスマートが右手親指の手術を行い6週から8週間の離脱になると発表した[6]。4月24日のプレーオフ1回戦、対ミルウォーキー・バックスの第5戦で復帰、9得点、5リバウンドを記録し試合は92-87で勝利した[7]

プレースタイル[編集]

ポイントガードとしては大柄でありながら、とてもクレバーなディフェンスをする。 一方でオフェンスには向上の余地がある。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2014–15 BOS 67 38 27.0 .367 .335 .646 3.3 3.1 1.5 .3 1.3 7.8
2015–16 61 10 27.3 .348 .253 .777 4.2 3.0 1.5 .3 1.3 9.1
2016–17 79 24 30.4 .359 .283 .812 3.9 4.6 1.6 .4 2.0 10.6
2017–18 54 11 29.9 .367 .301 .729 3.5 4.8 1.3 .4 2.4 10.2
通算:4年 261 83 28.7 .360 .293 .756 3.7 3.9 1.5 .4 1.8 9.4

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2015 BOS 4 3 22.5 .483 .231 .533 2.8 1.3 .3 .3 1.0 9.8
2016 6 1 32.2 .367 .344 .810 4.5 3.0 1.7 .8 2.5 12.0
2017 18 3 29.9 .351 .397 .640 4.7 4.7 1.5 .9 2.1 8.6
2018 15 4 29.9 .336 .221 .735 3.7 5.3 1.7 .7 2.4 9.8
出場:4回 43 11 29.5 .358 .312 .689 4.2 4.4 1.5 .7 2.2 9.6

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]