コンテンツにスキップ

ジョアキム・ノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョアキム・ノア
Joakim Noah
シカゴ・ブルズでのノア
(2011年)
シカゴ・ブルズ
役職 チームアンバサダー
所属リーグ NBA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
 スウェーデン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1985-02-25) 1985年2月25日(39歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州マンハッタン
身長(現役時) 211cm (6 ft 11 in)
体重(現役時) 104kg (229 lb)
キャリア情報
高校 国連国際学校
ポリー・プレップ
ザ・ローレンスビルスクール
大学 フロリダ大学
NBAドラフト 2007年 / 1巡目 / 全体9位[1]
プロ選手期間 2007年–2020年
ポジション C
背番号歴 13, 55
経歴
20072016シカゴ・ブルズ
20162018ニューヨーク・ニックス
2017ウェストチェスター・ニックス
2018–2019メンフィス・グリズリーズ
2020ロサンゼルス・クリッパーズ
受賞歴
NBA通算成績
得点 5,881 (8.8 ppg)
リバウンド 6,058 (9.0 rpg)
ブロック 874 (1.3 bpg)
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ フランスの旗 フランス
獲得メダル
フランスの旗 フランス
ユーロバスケット
銀メダル - 2位 2011 リトアニア

ジョアキム・サイモン・ノアJoakim Simon Noah, 1985年2月25日 - )は、フランスの元funnyプロバスケットボール選手。アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン出身。ポジションはセンター

経歴

[編集]

生い立ち

[編集]

父方の祖父はカメルーン出身でフランスで活躍したサッカー選手、父は全仏オープンテニス制覇経験を持つフランステニス選手のヤニック・ノア、そして母はミス・スウェーデンというユニークな家系の持ち主[1]。自身はニューヨーク生まれで、その後両親は離婚し、パリニューヨークで育った。2007年の夏にはフランスの市民権を獲得した。国際大会の経験はないが、アメリカ、フランス、スウェーデンの代表でプレイする権利がある。バスケットボールにはニューヨーク時代、ストリートボールに親しんだ。

学生時代

[編集]

ローレンスビル高校を卒業後、フロリダ大学に進学。1年目は目立った活躍はできなかったが、2年目には先発に定着し主力選手年として活躍、14.2得点7.1リバウンド2.4ブロックのアベレージを残し、サウスイースタン・カンファレンスのファーストチームに選ばれた。また2006年NCAAトーナメントでは16.2得点9.5リバウンドのアベレージでチームを牽引し、同校のトーナメント制覇に貢献。自身はトーナメント合計29ブロックなどのNCAA記録を作り、ファイナル4(ベスト4)の最優秀選手に選ばれた。シーズン終了後のノアの動向はNBAからも注目を集めたが、NBAドラフトにはエントリーせず3年生に進学。ノアを始めとする主力選手の殆どが残ったフロリダ大はNCAAトーナメントを連覇した[2]

NBA時代

[編集]

シカゴ・ブルズ

[編集]

2007年のNBAドラフトにエントリーしたノアはシカゴ・ブルズから1巡目9位指名を受けた。フロリダ大学からはノアのほかアル・ホーフォードコーリー・ブリューワーら3人が1巡目指名を受け、2007年のドラフトには5人のフロリダ大学出身の選手が指名を受けた。

即戦力として期待されていたが、ルーキーイヤーとなった2007-08シーズンはヘッドコーチのスコット・スカイルズとの対立や、チームメイトらの投票により出場停止処分を受けるなど、チーム内に不和をもたらしてしまい、シーズン前半はベンチを暖める日々が続いた。しかしシーズン中盤に先発センターのベン・ウォーレスがチームを去ったため、ノアは先発に昇格、6.6得点5.6リバウンドの成績を残して最初のシーズンを終えた。

2009-10シーズン中、ケガで苦しむ場面があった(出場は64試合にとどまる)。復帰後はプレーオフ出場に向け、負けられない戦いが続いていた。そこで、なるべく長く出場してほしいGMジョン・パクソンと、ケガ明けなので無理をせず出場時間を制限したいHCヴィニー・デル・ネグロが起用法を巡って衝突。シーズン後に、解雇される理由の一つになったとされている。成績は、10.7得点、11.0リバウンド、2.1アシスト。

2010-11シーズンでは、序盤に、一時リバウンドで上位を争い、課題の得点も平均二桁を叩き出すなど活躍が見られ、オールスターに出場も夢ではないレベルであった(途中で負傷欠場するも、ファン投票ではセンター部門で3位)。だが、FAで移籍してきたカルロス・ブーザーが復帰して間もない12月のトロント・ラプターズ戦で右手親指を負傷、ごまかしながらプレーを続けるも、今後のことを考え手術を決断。12月半ばに手術は成功し、2ヶ月間欠場した。オールスター明けのラプターズ戦で復帰した。

大型契約の最終年となった2015-16シーズンは、フレッド・ホイバーグHCの構想から外れ、シックスマンに降格。挙げ句の果てに2016年1月15日のダラス・マーベリックス戦で左肩を脱臼する重傷を負い、シーズン絶望になるなど、散々なシーズンになってしまった[3]

ニューヨーク・ニックス

[編集]

2016年7月1日、ニューヨーク・ニックスと4年7000万ドルで契約[4]。9年間所属したシカゴ・ブルズを離れ、地元ニューヨークでのプレーに加え、先にニックスに移籍していたデリック・ローズと引き続き共にプレーすることになった。しかし、加入1年目の2016-17シーズンは負傷に悩まされ、2017年2月27日に右膝の関節鏡視下手術を受け長期離脱が決定的となった。3月25日、CBAに取り決めのある禁止薬物に相当する市販薬(サプリメント)の陽性反応が確認されリーグから20日間の出場停止処分が下された。停止期間は、リハビリ終了後から開始される[5][6]

メンフィス・グリズリーズ

[編集]

2018年12月4日にメンフィス・グリズリーズと契約。

現役引退へ

[編集]

2021年3月に現役引退を表明。同年9月にブルズは、ノアと「1日契約」を結び、10月28日のニューヨーク・ニックス戦で、引退セレモニーを開催すると発表[7]。更に同日にはブルズのアンバサダーに就任したことが発表された[8]

個人成績

[編集]
略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン

レギュラーシーズン

[編集]
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2007–08 CHI 74 31 20.7 .482 .000 .691 5.6 1.1 .9 .9 1.2 6.6
2008–09 80 55 24.2 .556 .000 .676 7.6 1.3 .6 1.4 1.0 6.7
2009–10 64 54 30.1 .504 --- .744 11.0 2.1 .5 1.6 1.8 10.7
2010–11 48 48 32.8 .525 .000 .739 10.4 2.2 1.0 1.5 1.9 11.7
2011–12 64 64 30.4 .508 .000 .748 9.8 2.5 .6 1.4 1.4 10.2
2012–13 66 64 36.8 .481 .000 .751 11.1 4.0 1.2 2.1 2.7 11.9
2013–14 80 80 35.3 .475 .000 .737 11.3 5.4 1.2 1.5 2.4 12.6
2014–15 67 67 30.6 .445 .000 .603 9.6 4.7 .7 1.1 1.8 7.2
2015–16 29 2 21.9 .383 .000 .489 8.8 3.8 .6 1.0 1.8 4.3
2016–17 NYK 46 46 22.1 .490 .000 .436 8.8 2.2 .7 .8 1.3 5.0
2017–18 7 0 5.7 .500 --- .500 2.0 .6 .3 .3 .6 1.7
2018–19 MEM 42 1 16.5 .516 .000 .716 5.7 2.1 .5 .7 1.2 7.1
通算:12年 667 512 27.9 .491 .000 .700 9.1 2.8 .8 1.3 1.7 8.8

プレーオフ

[編集]
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2009 CHI 7 7 38.7 .510 --- .760 13.1 2.3 .9 2.1 1.1 10.1
2010 5 5 37.6 .528 --- .947 13.0 2.6 1.8 1.4 3.0 14.8
2011 16 16 33.1 .411 --- .725 10.2 2.5 1.0 2.1 1.2 8.7
2012 3 3 33.0 .731 --- .636 9.3 3.0 .7 1.3 .3 15.0
2013 12 12 34.1 .437 --- .641 9.6 2.3 .8 2.2 2.0 10.8
2014 5 5 42.0 .512 --- .588 12.8 4.6 1.0 1.4 3.8 10.4
2015 12 12 32.9 .408 --- .350 11.0 3.2 .8 1.2 1.7 5.8
出場:7回 60 60 35.0 .465 --- .676 11.0 2.8 1.0 1.8 1.8 9.7

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]