2018-2019シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2018-2019シーズンのNBA
トロント・ラプターズ 
期間 2018年10月16日-2019年6月
TV 放送 ABC, TNT, ESPN, NBA TV
観客動員数  人
サラリーキャップ  101.8百万ドル
ドラフト
トップ指名 ディアンドレ・エイトン(20歳)/アリゾナ大学
指名チーム フェニックス・サンズ
レギュラーシーズン
チーム平均得点  得点
プレーオフ
 イースタン  優勝 トロント・ラプターズ
   ミルウォーキー・バックス
 ウェスタン  優勝 ゴールデンステート・ウォリアーズ
   ポートランド・トレイルブレイザーズ
ファイナル
 チャンピオン NBA FINAL CHAMP.png トロント・ラプターズ
ファイナルMVP カワイ・レナードトロント・ラプターズ
Arrow Blue Left 001.svg2017-18

2018-2019シーズンのNBAは、NBAの73回目のシーズンである。プレシーズンは、2018年9月28日に始まり、10月12日終了。レギュラーシーズンは、2018年10月16日に始まり、2019年4月10日に終了。

移籍[編集]

引退選手[編集]

フリーエージェント[編集]

NBAフリーエージェントの交渉は2018年7月1日より開始され、7月6日から期限までに契約が交わされる。

ヘッドコーチの交代[編集]

ヘッドコーチの交代
オフシーズン
チーム 2017–18 2018–19
[[]] [[]] [[]]
シーズン中
チーム 前任 後任
[[]] [[]] [[]]

オフシーズン[編集]

  • 2018年?月?日、

ドラフト[編集]

プレシーズン[編集]

プレシーズンは、2018年9月28日(現地時間)に始まり、10月12日(同)終了。

レギュラーシーズン[編集]

レギュラーシーズンは、2018年10月16日(現地時間)に始まり、2019年4月10日(同)終了。

DR = ディビジョン順位, CR = カンファレンス順位,PCT = 勝率 Z = 全体でホームコートアドバンテージ,x = カンファレンスでホームコートアドバンテージ

イースタン・カンファレンス
アトランティック・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 2  TOR  トロント・ラプターズ 58 24 0.707
2 3  PHI  フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 51 31 0.622
3 4  BOS  ボストン・セルティックス 49 33 0.598
4 6  BKN  ブルックリン・ネッツ 42 40 0.512
5 15  NYK  ニューヨーク・ニックス 17 65 0.207
セントラル・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 1  MIL  ミルウォーキー・バックス 60 22 0.732
2 5  IND  インディアナ・ペイサーズ 48 34 0.585
3 8  DET  デトロイト・ピストンズ 41 41 0.500
4 13  CHI  シカゴ・ブルズ 22 60 0.268
5 14  CLE  クリーブランド・キャバリアーズ 19 63 0.232
サウスイースト・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 7  ORL  オーランド・マジック 42 40 0.512
2 9  CHA  シャーロット・ホーネッツ 39 43 0.476
3 10  MIA  マイアミ・ヒート 39 43 0.476
4 11  WAS  ワシントン・ウィザーズ 32 50 0.390
5 12  ATL  アトランタ・ホークス 29 53 0.354
ウェスタン・カンファレンス
ノースウェスト・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 2  DEN  デンバー・ナゲッツ 54 28 0.659
2 3  TOR  ポートランド・トレイルブレイザーズ 53 29 0.646
3 5  UTA  ユタ・ジャズ 50 32 0.610
4 6  OKC  オクラホマシティ・サンダー 49 33 0.598
5 11  MIN  ミネソタ・ティンバーウルブズ 36 46 0.439
パシフィック・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 1  GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズ 57 25 0.695
2 8  LAC  ロサンゼルス・クリッパーズ 48 34 0.585
3 9  SAC  サクラメント・キングス 39 43 0.476
4 10  LAL  ロサンゼルス・レイカーズ 37 45 0.451
5 15  PHO  フェニックス・サンズ 19 63 0.232
サウスウェスト・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 4  HOU  ヒューストン・ロケッツ 53 29 0.646
2 7  SAS  サンアントニオ・スパーズ 48 34 0.585
3 12  MEM  メンフィス・グリズリーズ 33 49 0.402
4 13  NOP  ニューオーリンズ・ペリカンズ 33 49 0.402
5 14  DAL  ダラス・マーベリックス 33 49 0.402

オールスター・ウィークエンド[編集]

出場選手[編集]

オールスターゲーム[編集]

February 18, 2019
9:30 p.m. ET
 レブロン  178,  ヤニス  164 スペクトラム・センター, シャーロット TNT
http://www.tsp21.com/sports/nba/allstar/index.html
クォーター・スコア: 37–53, 45–42, 50–36, 46–33
得点: ケビン・デュラント 31
リバウンド: カイリー・アービング 9
アシスト: ベン・シモンズ 7
得点. ヤニス・アデトクンポ 38
リバウンド: ジョエル・エンビード 12
アシスト: ケンバ・ウォーカー 8

スタッツリーダー[編集]

個人スタッツリーダー[編集]

スタッツ 受賞者 チーム
得点 ジェームス・ハーデン  HOU 
アシスト ラッセル・ウェストブルック  OKC 
リバウンド アンドレ・ドラモンド  DET 
ブロック マイルス・ターナー  IND 
スティール ポール・ジョージ  OKC 
3ポイント% ジョー・ハリス  BKN 
# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
1 ジェームズ・ハーデン(HOU) 36.1 アンドレ・ドラモンド(DET) 15.6 ラッセル・ウェストブルック(OKC) 10.7 ポール・ジョージ(OKC) 2.2
2 ポール・ジョージ(OKC) 28.0 ジョエル・エンビード(PHI) 13.6 カイル・ロウリー(TOR) 8.7 クリス・ポール(OKC) 2.0
3 ヤニス・アデトクンボ(MIL) 27.7 デアンドレ・ジョーダン(NYK) 13.1 クリス・ポール(HOU) 8.1 ジェームズ・ハーデン(HOU) 2.0
# ブロックショット FG成功率 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 % 選手名 %
1 マイルス・ターナー(IND) 2.7 ルディ・ゴベール(UTA) 66.9 ジョー・ハリス(BKN) 47.4 マルコム・ブログドン(MIL) 92.8
2 ミッチェル・ロビンソン(NYK) 2.4 クリント・カペラ(HOU) 64.8 ダニー・グリーン(TOR) 45.5 ステフィン・カリー(GSW) 91.6
3 ルディ・ゴベール(UTA) 2.3 ジャベール・マギー(LAC) 62.4 セス・カリー(POR) 45.0 デイミアン・リラード(POR) 91.2

個人ゲームハイ[編集]

項目 プレーヤー チーム 記録
得点 ジェームズ・ハーデン ヒューストン・ロケッツ 61
リバウンド カール=アンソニー・タウンズ ミネソタ・ティンバーウルブズ 27
アシスト ラッセル・ウェストブルック オクラホマシティ・サンダー 24
スティール [[]] [[]]
ブロック [[]] [[]]
3ポイント成功数 クレイ・トンプソン ゴールデンステート・ウォリアーズ 14

チームスタッツリーダー[編集]

項目 チーム 記録
PPG ミルウォーキー・バックス 118.1
RPG ミルウォーキー・バックス 49.7
APG ゴールデンステート・ウォリアーズ 29.4
SPG オクラホマシティ・サンダー 9.3
BPG ゴールデンステート・ウォリアーズ 6.4
TPG アトランタ・ホークス 17.0
FG% ゴールデンステート・ウォリアーズ 49.1%
FT% サンアントニオ・スパーズ 81.9%
3P% サンアントニオ・スパーズ 39.2%

各賞[編集]

プレーオフ[編集]

プレーオフは、2019年4月13日(土)に開幕。

  ファースト ラウンド カンファレンス セミファイナル カンファレンス ファイナル NBAファイナル
                                     
1   MIL  ミルウォーキー・バックスBasketball.png 4  
8   DET  デトロイト・ピストンズ 0  
  1   MIL  ミルウォーキー・バックスBasketball.png 4  
  4   BOS  ボストン・セルティックス 1  
4   BOS  ボストン・セルティックスBasketball.png 4
5   IND  インディアナ・ペイサーズ 0  
  1   MIL  ミルウォーキー・バックスBasketball.png 2  
イースタン・カンファレンス
  2   TOR  トロント・ラプターズ 4  
2   TOR  トロント・ラプターズBasketball.png 4  
7   ORL  オーランド・マジック 1  
  2   TOR  トロント・ラプターズBasketball.png 4
  3   PHI  フィラデルフィア・76ers 3  
3   PHI  フィラデルフィア・76ersBasketball.png 4
6   BKN  ブルックリン・ネッツ 1  
  2   TOR  トロント・ラプターズBasketball.png 4
  1   GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズ 2
1   GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズBasketball.png 4  
8   LAC  ロサンゼルス・クリッパーズ 2  
  1   GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズBasketball.png 4
  4   HOU  ヒューストン・ロケッツ 2  
4   HOU  ヒューストン・ロケッツBasketball.png 4
5   UTA  ユタ・ジャズ 1  
  1   GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズBasketball.png 4
ウェスタン・カンファレンス
  3   POR  ポートランド・トレイルブレイザーズ 0  
2   DEN  デンバー・ナゲッツBasketball.png 4  
7   SAS  サンアントニオ・スパーズ 3  
  2   DEN  デンバー・ナゲッツBasketball.png 3
  3   POR  ポートランド・トレイルブレイザーズ 4  
3   POR  ポートランド・トレイルブレイザーズBasketball.png 4
6   OKC  オクラホマシティ・サンダー 1  

*ディビジョン優勝
太字 シリーズ勝利
Basketball.png ホームコート・アドバンテージ

ファイナル[編集]

ロースター[編集]

選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
{{{背番号}}} 2.06 m (6 ft 9 in)
C 12 アンドリュー・ボーガット (Andrew Bogut) オーストラリア 34 (1984/11/28) 7ft0in(2.13m) 260lb(118kg) ユタ大学 
G 4 クイン・クック (Quinn Cook) アメリカ合衆国 26 (1993/03/23) 6ft2in(1.88m) 179lb(81kg) デューク大学 
C 0 デマーカス・カズンズ (DeMarcus Cousins) Cruz Roja.svg アメリカ合衆国 29 (1990/08/13) 6ft11in(2.11m) 270lb(122kg) ケンタッキー大学 
G 30 ステフィン・カリー (Stephen Curry) キャプテン アメリカ合衆国 31 (1988/03/14) 6ft3in(1.91m) 190lb(86kg) デビッドソン大学 
F 35 ケビン・デュラント (Kevin Durant) アメリカ合衆国 30 (1988/09/29) 6ft9in(2.06m) 215lb(98kg) テキサス大学 
F 23 ドレイモンド・グリーン (Draymond Green) アメリカ合衆国 29 (1990/03/04) 6ft7in(2.01m) 230lb(104kg) ミシガン州立大学 
G/F 9 アンドレ・イグダーラ (Andre Iguodala) 6th アメリカ合衆国 35 (1984/01/28) 6ft6in(1.98m) 207lb(94kg) アリゾナ大学 
C 15 デイミアン・ジョーンズ (Damian Jones) Cruz Roja.svg アメリカ合衆国 24 (1995/06/30) 7ft0in(2.13m) 245lb(111kg) ヴァンダービルト大学 
G 34 ショーン・リビングストン (Shaun Livingston) アメリカ合衆国 34 (1985/09/11) 6ft7in(2.01m) 175lb(79kg) ピオリア・セントラル高校 
F 5 ケヴォン・ルーニー (Kevon Looney) アメリカ合衆国 23 (1996/02/06) 6ft9in(2.06m) 222lb(101kg) UCLA 
G/F 11 クレイ・トンプソン (Klay Thompson) アメリカ合衆国 29 (1990/02/08) 6ft7in(2.01m) 205lb(93kg) ワシントン州立大学 
G 10 ジェイコブ・エバンス (Jacob Evans) アメリカ合衆国 22 (1997/06/18) 6ft6in(1.98m) 210lb(95kg) シンシナティ大学 
F 21 ヨナス・イェレブコ (Jonas Jerebko) スウェーデン 32 (1987/03/02) 6ft10in(2.08m) 231lb(105kg) スウェーデン 
G 1 デイミオン・リー (Damion Lee) TW.png アメリカ合衆国 26 (1992/10/21) 6ft6in(1.98m) 210lb(95kg) ルイビル大学 
F 32 マーカス・デリクソン (Marcus Derrickson) TW.png アメリカ合衆国 23 (1996/02/01) 6ft7in(2.01m) 249lb(113kg) ジョージタウン大学 
F 28 アルフォンゾ・マキニー (Alfonzo McKinnie) アメリカ合衆国 27 (1992/09/17) 6ft8in(2.03m) 215lb(98kg) ウィスコンシン大学グリーンベイ校 

記号説明

外部リンク

更新日:2019年09月22日


プレーヤー スタッフ
Pos. # 名前 国籍 年齢 身長 体重 出身
F 3 OG・アヌノビー (OG Anunoby) イギリス 22 (1997/07/17) 6ft8in(2.03m) 235lb(107kg) インディアナ大学 
F 25 クリス・ブーシェー (Chris Boucher) アメリカ合衆国 26 (1993/1/11) 6ft10in(2.08m) 200lb(91kg) オレゴン大学 
C 33 マルク・ガソル (Marc Gasol) FA スペイン 34 (1985/1/29) 7ft1in(2.16m) 255lb(116kg) ローザン高校 
F/C 9 サージ・イバーカ (Serge Ibaka) 6th スペイン 30 (1989/09/18) 6ft10in(2.08m) 235lb(107kg) スペイン 
G 17 ジェレミー・リン (Jeremy Lin) FA アメリカ合衆国 31 (1988/08/23) 6ft3in(1.91m) 200lb(91kg) ハーバード大学 
G 7 カイル・ロウリー (Kyle Lowry) キャプテン アメリカ合衆国 33 (1986/3/25) 6ft1in(1.85m) 196lb(89kg) ビラノバ大学 
G 8 ジョーダン・ロイド (Jordan Loyd) TW.png アメリカ合衆国 24 (1995/7/27) 6ft4in(1.93m) 210lb(95kg) インディアナポリス大学 
G 1 パトリック・マッカウ (Patrick McCaw) FA アメリカ合衆国 23 (1995/10/25) 6ft7in(2.01m) 185lb(84kg) ネバダ大学ラスベガス校 
G 20 ジョディ・ミークス (Jodie Meeks) FA アメリカ合衆国 32 (1987/8/21) 6ft4in(1.93m) 210lb(95kg) ケンタッキー大学 
F 13 マルコム・ミラー (Malcolm Miller) アメリカ合衆国 26 (1993/3/6) 6ft7in(2.01m) 210lb(95kg) ホーリークロス大学 
F/C 15 エリック・モアランド (Eric Moreland) アメリカ合衆国 27 (1991/12/24) 6ft10in(2.08m) 238lb(108kg) オレゴン州立大学 
G/F 24 ノーマン・パウエル (Norman Powell) アメリカ合衆国 26 (1993/3/25) 6ft4in(1.93m) 215lb(98kg) UCLA 
F 43 パスカル・シアカム (Pascal Siakam) カメルーン 25 (1994/04/04) 6ft10in(2.08m) 227lb(103kg) ニューメキシコ州立大学 
F 2 カワイ・レナード (Kawhi Leonard) カメルーン 25 (1994/04/04) 6ft10in(2.08m) 227lb(103kg) ニューメキシコ州立大学 
G 23 フレッド・ヴァンブリート (Fred VanVleet) アメリカ合衆国 25 (1994/02/25) 6ft0in(1.83m) 195lb(88kg) ウィチタ州立大学 

記号説明

外部リンク

更新日:2019年09月22日


関連項目[編集]

  • Template:ゴールデンステート・ウォリアーズの歴代ヘッドコーチ

  • 関連項目[編集]

    Game 1[編集]

    May 30
    9:00 pm/6:00 pm
     ウォリアーズ  109–118  ラプターズ  スコシアバンク・アリーナ, トロント
    入場者数: 19,983
    レフェリー: James Capers、John Goble、Jason Phillips
    ABC
    Boxscore
    クォーター・スコア: 21–25, 28–34, 32–29, 28–31
    得点: ステフィン・カリー 34
    リバウンド: ドレイモンド・グリーン 10
    アシスト: ドレイモンド・グリーン 10
    得点. パスカル・シアカム 32
    リバウンド: カワイ・レナード, パスカル・シアカム 10
    アシスト: カイル・ロウリー 9
    Toronto leads series, 1–0

    Game 2[編集]

    June 8
    8:00 pm/5:00 pm
     ヒート  98–96  スパーズ  AT&Tセンター, サンアントニオ
    入場者数: 18,581
    レフェリー: ダン・クロフォード, James Capers, Jason Phillips
    ABC
    Boxscore
    クォーター・スコア: 19-26, 24-17, 34–35, 21–18
    得点: レブロン・ジェームズ 35
    リバウンド: レブロン・ジェームズ 10
    アシスト: ウェイド, チャルマーズ 4 each
    得点. トニー・パーカー 21
    リバウンド: ティム・ダンカン 15
    アシスト: トニー・パーカー 7
    Series tied, 1-1

    Game 3[編集]

    June 10
    9:00 pm/6:00 pm
     スパーズ  111–92  ヒート  アメリカン・エアラインズ・アリーナ, マイアミ
    入場者数: 19,900
    レフェリー: モンティ・マカッチン, Tony Brothers, Zach Zarba
    ABC
    Boxscore
    クォーター・スコア: 41–25, 30–25, 15–25, 25–17
    得点: クワイ・レナード 29
    リバウンド: ティム・ダンカン 6
    アシスト: トニー・パーカー, パティ・ミルズ 4 each
    得点. ジェームズ, ウェイド 22 each
    リバウンド: ジェームズ, アンダーセン 5 each
    アシスト: レブロン・ジェームズ 7
    San Antonio leads series, 2–1

    Game 4[編集]

    June 12
    9:00 pm/6:00 pm
     スパーズ  107–86  ヒート  アメリカン・エアラインズ・アリーナ, マイアミ
    入場者数: 19,900
    レフェリー: ジョーイ・クロフォード, Mike Callahan, Tom Washington
    ABC
    Boxscore
    クォーター・スコア: 26–17, 29–19, 26–21, 26–29
    得点: カワイ・レナード 20
    リバウンド: カワイ・レナード 14
    アシスト: ボリス・ディアウ 9
    得点. レブロン・ジェームズ 28
    リバウンド: レブロン・ジェームズ 8
    アシスト: マリオ・チャルマーズ 5
    San Antonio leads series, 3–1

    Game 5[編集]

    June 15
    8:00 pm/5:00 pm
     ヒート  87–104  スパーズ  AT&Tセンター, サンアントニオ
    入場者数: 18,581
    レフェリー: Scott Foster, Marc Davis, ケン・マウアー
    ABC
    Boxscore
    クォーター・スコア: 29–22, 11–25, 18–30, 29–27
    得点: レブロン・ジェームズ 31
    リバウンド: レブロン・ジェームズ 10
    アシスト: レブロン・ジェームズ 5
    得点. クワイ・レナード 22
    リバウンド: クワイ・レナード 10
    アシスト: ボリス・ディアウ 6
    San Antonio wins NBA Finals, 4–1

    主な出来事[編集]

    その他[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b c d e f NBA All-Star 2019”. NBA.com. 2019年9月2日閲覧。
    2. ^ 渡辺雄太、日本人2人目のNBA出場 定着に現実味”. 日本経済新聞 (2018年10月28日). 2019年3月6日閲覧。
    3. ^ クレイ・トンプソンが14本の3P新記録を樹立、ウォリアーズがブルズに大勝”. スポーティングニュース (2018年10月30日). 2019年4月22日閲覧。
    4. ^ Sixers officially acquire Jimmy Butler in trade with Timberwolves” (英語). NBA.com (2018年11月13日). 2018年4月22日閲覧。
    5. ^ ビンス・カーターが通算2万5000得点に到達「エリートグループの一員になれた」”. バスケット・カウント (2018年11月24日). 2019年4月22日閲覧。
    6. ^ New Orleans Pelicans' Anthony Davis drops rare 5x5 game against 76ers”. USAトゥデイ (2018年11月28日). 2019年4月22日閲覧。
    7. ^ About Last Night: Nurkic stands alone, career-high Kawhi”. NBA.com (2019年1月2日). 2019年4月22日閲覧。
    8. ^ ジェームズ・ハーデンがコービー・ブライアントの記録を上回り、17戦連続30得点超えを達成”. スポーティングニュース (2019年1月15日). 2019年4月22日閲覧。
    9. ^ a b c d 【トレードデッドライン2019】期限までに成立した主なトレード”. スポーティングニュース (2019年2月8日). 2019年4月22日閲覧。
    10. ^ 『友情タッグ』発動、ウェストブルックがNBA初の10試合連続トリプル・ダブル”. バスケット・カウント (2019年2月13日). 2019年4月22日閲覧。
    11. ^ オーバータイム4回の大熱戦で49得点、新人王を狙うトレイ・ヤング「楽しかった」”. バスケット・カウント (2019年3月2日). 2019年4月22日閲覧。
    12. ^ ロンドが通算トリプルダブル数で歴代11位、史上2人目となる5チームで達成した選手に”. バスケットボールキング (2019年3月6日). 2019年4月22日閲覧。
    13. ^ ベンチからの得点で歴代1位に到達したルー・ウィリアムズがベンチ出場の転機を語る”. バスケットボールキング (2019年3月13日). 2019年4月22日閲覧。
    14. ^ バックスで自らの役割に徹するブルック・ロペスが史上初のユニークな記録を樹立!”. バスケットボールキング (2019年3月14日). 2019年4月22日閲覧。
    15. ^ ゴベール今季 275ダンク、NBA記録を更新”. TSP SPORTS (2019年3月27日). 2019年4月22日閲覧。
    16. ^ ウェストブルックが約51年ぶりの快挙! “20-20-20”の超絶トリプルダブルを達成!”. バスケットボールキング (2019年4月3日). 2019年4月22日閲覧。
    17. ^ W杯米国代表監督がNBA史上最速で退場 スパーズのポポビッチ監督が63秒で指揮権はく奪―”. スポーツニッポン (2019年4月4日). 2019年4月22日閲覧。

    外部リンク[編集]