P・J・タッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
P・J・タッカー
P. J. Tucker
Pjtucker.jpg
フェニックス・サンズでのタッカー (2012年)
ミルウォーキー・バックス  No.17
ポジション PF/C
背番号 17
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 111kg (245 lb)
ウィングスパン 206cm  (6 ft 9 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Anthony Leon Tucker Jr.
愛称 P.J.
ラテン文字 P. J. Tucker
誕生日 (1985-05-05) 1985年5月5日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州の旗 ノースカロライナ州ローリー
出身 テキサス大学
ドラフト 2006年 35位 
選手経歴
2006-2007
2007-2012
2012-2017
2017
2017-2021
2021-
トロント・ラプターズ
Dリーグユーロリーグなど
フェニックス・サンズ
トロント・ラプターズ
ヒューストン・ロケッツ
ミルウォーキー・バックス
受賞歴
  • BBLチャンピオン (2012)
  • IBLチャンピオン (2008)
  • BBL MVP (2012)
  • BBLオールスターゲーム出場 (2012)
  • IBL MVP (2008)
Stats at Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.comプロフィール NBA.jp

P・J・タッカーP. J. Tucker)ことアンソニー・レオン・タッカー・ジュニアAnthony Leon Tucker Jr.1985年5月5日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ローリー出身のプロバスケットボール選手。NBAミルウォーキー・バックスに所属している。ポジションは主にパワーフォワード。登録名のP・Jは父親に「ポップ・ジュニア」と呼ばれていたことに由来する。

来歴[編集]

トロント・ラプターズ[編集]

テキサス大学ラマーカス・オルドリッジと共に3年間プレーした後2006年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明。35位でトロント・ラプターズから指名されるも、ルーキーシーズンは14試合の出場に終わり、シーズン終了後に解雇された。

ユーロリーグなど[編集]

その後2007年からユーロリーグなどでプレー。各国のリーグで優勝を経験し、2011-12シーズンに所属したBBLブローゼ・バスケッツでも優勝を経験した。

フェニックス・サンズ[編集]

2012年7月にフェニックス・サンズと2年契約を結び、念願のNBA復帰。ディフェンス面で貢献し、2014年オフには、3年1650万ドルで契約を延長した[1][2][3]

ラプターズ復帰[編集]

2017年2月23日に古巣のトロント・ラプターズに移籍した[4]

ヒューストン・ロケッツ[編集]

2017年7月1日にヒューストン・ロケッツと4年3200万ドルで契約した[5]2017-18シーズンはスモールフォワードにトレヴァー・アリーザがいたため、パワーフォワードでの出場が多くなった。プレーオフではカンファレンスファイナル第7戦までの全17試合で先発出場し、平均33.5分で8.9得点6.5リバウンドと活躍した。

2019年1月7日、デンバー・ナゲッツ戦にてキャリアハイの7本のスリーポイントを沈め21得点を記録し125対113勝で勝利した[6]

ミルウォーキー・バックス[編集]

2021年3月19日にD・J・オーガスティンD・J・ウィルソン、ドラフト指名権とのトレードで、ロディオンス・クルークスと共にミルウォーキー・バックスへ移籍した[7]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2006–07 TOR 17 0 4.9 .500 --- .571 1.4 .2 .1 .0 .4 1.8
2012–13 PHX 79 45 24.2 .473 .314 .744 4.4 1.4 .8 .2 .8 6.4
2013–14 81 81 30.7 .431 .387 .776 6.5 1.7 1.4 .3 1.3 9.4
2014–15 78 63 30.6 .438 .345 .727 6.4 1.6 1.4 .3 1.2 9.1
2015–16 82 80 31.0 .411 .330 .746 6.2 2.2 1.3 .2 1.4 8.0
2016–17 57 17 28.5 .415 .338 .792 6.0 1.3 1.5 .2 .9 7.0
TOR 24 4 25.4 .406 .400 .688 5.4 1.1 1.3 .2 .6 5.8
2016-17計 81 21 27.6 .413 .357 .774 5.8 1.2 1.4 .2 .8 6.7
2017–18 HOU 82 34 27.8 .390 .371 .717 5.6 .9 1.0 .3 .9 6.1
2018–19 82 82 34.2 .396 .377 .695 5.8 1.2 1.6 .5 1.0 7.3
2019–20 72 72 34.3 .415 .358 .813 6.6 1.6 1.1 .5 1.0 6.9
2020–21 32 32 30.0 .366 .314 .783 4.6 1.4 .9 .6 1.0 4.4
キャリア 686 510 29.4 .420 .359 .749 5.8 1.4 1.2 .3 1.0 7.2

NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2017 TOR 10 1 25.1 .367 .321 .625 5.7 1.1 .6 .3 .8 5.0
2018 HOU 17 17 33.5 .481 .467 .667 6.5 1.3 .6 .8 .8 8.9
2019 11 11 38.7 .455 .456 .826 7.5 1.7 1.7 .7 .7 11.4
2020 12 12 34.5 .398 .373 .000 7.2 1.5 1.1 .3 1.0 7.9
キャリア 50 41 33.2 .435 .419 .735 6.7 1.4 1.0 .5 0.8 8.4

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]