ボビー・ポーティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボビー・ポーティス
Bobby Portis
Bobby Portis Arkansas.jpg
アーカンソー大学でのポーティス (2015年)
ミルウォーキー・バックス  No.9
ポジション PF/C
背番号 9
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 104kg (229 lb)
ウィングスパン 218cm  (7 ft 2 in)[1]
シューズ エア・ジョーダン
基本情報
本名 Bobby Portis Jr.
ラテン文字 Bobby Portis
誕生日 (1995-02-10) 1995年2月10日(26歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州の旗 アーカンソー州リトルロック
出身 アーカンソー大学
ドラフト 2015年 22位 
選手経歴
2015-2019
2019
2019-2020
2020-
シカゴ・ブルズ
ワシントン・ウィザーズ
ニューヨーク・ニックス
ミルウォーキー・バックス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 at Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com

ホビー・ポーティス・ジュニアBobby Portis Jr.1995年2月10日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のプロバスケットボール選手。NBAミルウォーキー・バックスに所属している。ポジションはパワーフォワード

来歴[編集]

アーカンソー州の2013年度の"ミスター・バスケットボール"に選出され、同年のマクダナルズ・オール・アメリカンゲームにも出場したポーティスは、大学は地元のアーカンソー大学に進学。2年生時の2014-15シーズンに平均17.8得点8.9リバウンドを記録し、サウスイースタン・カンファレンスの最優秀選手に選出されるなど、同大学出身のコーリス・ウィリアムソンジョー・ジョンソン以来のスター選手として注目されるようになる。ポーティスは2年間プレーした後に2015年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明。22位でシカゴ・ブルズから指名された[2][3]

シカゴ・ブルズ[編集]

ルーキーシーズンとなった2015-16シーズンは、パウ・ガソルジョアキム・ノアタージ・ギブソンといった実力者の前に出場機会を得られていないものの、2015年12月19日のニューヨーク・ニックスでは22得点10リバウンドを記録し、初のダブル・ダブルを達成した[4]

ジミー・バトラーなどを放出し、中心選手として期待されていた2017-18シーズン開幕前、ポーティスは全体練習中に以前から不仲状態だったというニコラ・ミロティッチと乱闘騒ぎを起こし、その際ミロティッチに顔面骨折の重傷を負わせたとして、チームから8試合の出場停止処分を課せられた[5]

2018年2月22日に行われたフィラデルフィア・76ers戦でキャリア・ハイとなる38得点を記録、試合はブルズが116-115で敗れた[6]

ワシントン・ウィザーズ[編集]

2018-19シーズン開幕前、ブルズとの契約交渉が不調に終わり、2019年2月6日にワシントン・ウィザーズに放出された。オフにウィザーズからのクオリファイング・オファーも提示されず、完全FAとなった。

ニューヨーク・ニックス[編集]

2019年7月1日、ニューヨーク・ニックスと2年3100万ドルで契約した[7]

2019-20シーズンのオフにチームオプションを破棄され、FAとなった。

ミルウォーキー・バックス[編集]

2020年11月21日にミルウォーキー・バックスと2年750万ドルで契約した[8]。2年目はプレイヤーオプションとなる。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2015–16 CHI 62 4 17.8 .427 .308 .727 5.4 .8 .4 .4 7.0
2016–17 64 13 15.6 .488 .333 .661 4.6 .5 .3 .2 6.8
2017–18 73 4 22.5 .471 .359 .769 6.8 1.7 .7 .3 13.2
2018–19 22 6 24.1 .450 .375 .780 7.3 1.3 .5 .4 14.1
WAS 28 22 27.4 .440 .403 .809 8.6 1.5 .9 .4 14.3
2019–20 NYK 66 5 21.1 .450 .358 .763 5.1 1.5 .5 .3 10.1
2020–21 MIL 66 7 20.8 .523 .471 .740 7.1 1.1 .8 .4 11.4
通算:6年 381 61 20.5 .468 .380 .752 6.1 1.2 .6 .3 10.4

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017 CHI 6 0 20.1 .515 .462 --- 6.0 1.2 .5 .5 6.7
2021 MIL 20 2 18.3 .464 .346 .720 5.0 .6 .7 .4 8.8
出場2回 26 2 18.7 .463 .369 .720 5.2 .7 .7 .4 8.3

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bobby-Portis”. draftexpress.com (2015年). 2017年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  2. ^ BULLS GO BIG IN DRAFT WITH BOBBY PORTIS
  3. ^ BULLS SIGN BOBBY PORTIS
  4. ^ Knicks beat weary Bulls 107-91 for 4th straight win
  5. ^ Bobby Portis apologizes to Bulls teammates for punching Nikola Mirotic
  6. ^ Mike McGraw (2018年2月23日). “Portis scores 38, but Chicago Bulls give it away late and lose to Sixers” (英語). dailyherald.com. Daily Herald. 2018年2月23日閲覧。
  7. ^ ボビー・ポーティス ニックスと2年契約合意 | NBA SWEETDAYS -最新ニュースやハイライト動画ブログ”. nba-sweetdays.com. 2020年5月18日閲覧。
  8. ^ Portis, Augustin reach multiyear deals with Bucks” (英語). ESPN.com (2020年11月21日). 2020年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]