2021-2022シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2021-2022シーズンのNBA
ゴールデンステート・ウォリアーズ 
期間 2021年10月19日-2022年4月10日
TV 放送 ABC/ESPN, TNT, NBA TV
サラリーキャップ $112,414,000[1][日本円 1]
平均サラリー $7,398,980[日本円 2]
最高:$45,780,966[日本円 3]
(ステフィン・カリー)[2]
ドラフト
トップ指名 ケイド・カニングハム
(オクラホマ州立大学)
指名チーム デトロイト・ピストンズ
レギュラーシーズン
トップシード フェニックス・サンズ : 64勝18敗 / .780
MVP ニコラ・ヨキッチ
新人王 スコッティ・バーンズ
シックスマン賞 タイラー・ヒーロー
最成長選手賞 ジャ・モラント
最優秀守備選手賞 マーカス・スマート
最優秀監督賞 モンティ・ウィリアムズ
最優秀役員賞 ザック・クライマン
スタッツリーダー  
  得点 ジョエル・エンビード
  アシスト クリス・ポール
  リバウンド ルディ・ゴベア
  ブロック ジャレン・ジャクソン・ジュニア
  スティール デジャンテ・マレー
  3P% ルーク・ケナード
  FG% ルディ・ゴベア
  FT% ジョーダン・プール
プレーオフ
 イースタン  優勝 ボストン・セルティックス
   マイアミ・ヒート
 ウェスタン  優勝 ゴールデンステート・ウォリアーズ
   ダラス・マーベリックス
イースタン・カンファレンスファイナルMVP ジェイソン・テイタム
ウェスタン・カンファレンスファイナルMVP ステフィン・カリー
ファイナル
 チャンピオン NBA FINAL CHAMP.png ゴールデンステート・ウォリアーズ
ファイナルMVP ステフィン・カリー
Arrow Blue Left 001.svg2020-21

2021-2022シーズンのNBANBAの76回目のシーズンである。NBAは過去2シーズンが2019年コロナウイルス感染症による影響で何らかの形で短縮されていたため、2018-19シーズン以来、通常の10月中旬から4月中旬までの82試合制のレギュラーシーズンに復帰した。レギュラーシーズンは、2021年10月19日に始まり、2022年4月10日に終了する予定[3]2022年のNBAオールスターゲームは、2022年2月20日にオハイオ州クリーブランドロケット・モーゲージ・フィールドハウスで行われる。

75周年記念プロモーション[編集]

2021年7月7日、NBAは2021-22シーズンを通して75周年を記念すると発表した。75周年記念のロゴは、商品、デジタルメディア、ソーシャルメディアなど、シーズン中のすべてのNBAプロパティのプロモーションで紹介され、コートに描れる[4][5]。また、メディア、現役およびOB選手、ヘッドコーチゼネラルマネージャー、球団役員らの投票によって選出された、リーグ史上最も偉大な75選手のリストを発表した[6][7]

移籍[編集]

引退選手[編集]

フリーエージェント[編集]

NBAフリーエージェントの交渉はモラトリアム期間が2021年8月1日に開始され、8月6日から正式に契約が交わされた。主なフリーエージェント選手は、長年トロント・ラプターズに所属していたカイル・ラウリーマイアミ・ヒートと3年9000万ドル、デマー・デローザンロンゾ・ボールシカゴ・ブルズとそれぞれ3年8500万ドル、4年8500万ドルで契約した。また、最も注目されていたカワイ・レナードロサンゼルス・クリッパーズと4年総額1億7630万ドルで再契約[27]クリス・ポールフェニックス・サンズと4年約131億2000万円の再契約を結んだ[28]

ヘッドコーチの交代[編集]

ヘッドコーチの交代
チーム 2020-21シーズン 2021-22シーズン
オフシーズン
アトランタ・ホークス ネイト・マクミラン (暫定) ネイト・マクミラン
ボストン・セルティックス ブラッド・スティーブンス イーメイ・ユドーカ
ダラス・マーベリックス リック・カーライル ジェイソン・キッド
インディアナ・ペイサーズ ネイト・ビョルクレン リック・カーライル
ニューオーリンズ・ペリカンズ スタン・ヴァン・ガンディ ウィリー・グリーン
オーランド・マジック スティーブ・クリフォード ジャマール・モズリー
ポートランド・トレイルブレイザーズ テリー・ストッツ チャウンシー・ビラップス
ワシントン・ウィザーズ スコット・ブルックス ウェス・アンセルド・ジュニア
シーズン中
サクラメント・キングス ルーク・ウォルトン アルヴィン・ジェントリー (暫定)

新型コロナウイルスワクチン接種義務[編集]

2021年10月の時点で、ロサンゼルストロントニューヨークサンフランシスコの各都市のみが屋内活動においてワクチン接種の義務化を実施している。リーグの約95%の選手は少なくとも1回のワクチン接種をしていることが確認されているが、ワクチン接種を受けないことを選択した選手はホーム試合は出場できない状況である。さらに、NBAとNBPAは、新型コロナウイルスのワクチン未接種により選手が欠場した場合、1試合ごとに年俸の1/91.6をカットすることに合意した[29]

プレシーズン[編集]

プレシーズンは10月3日から開始された[30]。10月5日に行われたミルウォーキー・バックスメンフィス・グリズリーズの試合は、誤った火災警報器が作動したために第4クウォーター開始前に中断された[31]

レギュラーシーズン[編集]

レギュラーシーズンは10月19日に始まり、2022年4月10日に終了予定[3]

カンファレンス[編集]

注釈

  • z – 全体でホームコートアドバンテージ
  • c – カンファレンスでホームコートアドバンテージ
  • y – ディビジョン優勝
  • x – プレーオフ出場
  • * – ディビジョンリーダー

オールスターブレイク[編集]

オールスターゲーム[編集]

試合結果[編集]

2022年2月20日
8:00 pm ET
チーム・レブロン 163, チーム・デュラント 160
クォーター・スコア: 47-45, 46-49, 45-45, 25-21
Pts: ステフィン・カリー 50
Rebs: ヤニス・アデトクンボ 12
Asts: 2選手 8
Pts: ジョエル・エンビード 36
Rebs: ジョエル・エンビード 10
Asts: トレイ・ヤング 10


プレーイン・トーナメント[編集]

7月16日にNBAはプレーイン・トーナメント制度を継続採用することで合意した。トーナメント形式は昨年と同じく、各カンファレンスで7番目から10番目に高い勝率を記録した4チームずつが参加。最初に、7番目に勝率が高いチームと8番目のチームによる試合(セブン・エイト・ゲーム)と、9番目のチームと10番目のチームによる試合(ナイン・テン・ゲーム)がそれぞれ行われる。セブン・エイト・ゲームの勝者は、その時点でプレーオフ第7シードを獲得し、敗者はナイン・テン・ゲームの勝者と第8シードを懸けて対戦する。なお、ナイン・テン・ゲームの敗者はその時点で敗退となる[34]

イースタン・カンファレンス[編集]

  プレーイン 第8シード決定戦 プレーオフ出場決定
                           
7   BKN  115  
8   CLE  108         W1   BKN  第7シード
      L1   CLE  101   W3   ATL  第8シード
  W2   ATL  107  
9   ATL  132
10   CHA  103  

ウェスタン・カンファレンス[編集]

  プレーイン 第8シード決定戦 プレーオフ出場決定
                           
7   MIN  109  
8   LAC  104         W1   MIN  第7シード
      L1   LAC  101   W3   NOP  第8シード
  W2   NOP  105  
9   NOP  113
10   SAS  103  

プレーオフ[編集]

プレーオフは2022年4月16日に開始予定[3]

  ファースト ラウンド カンファレンス セミファイナル カンファレンス ファイナル NBAファイナル
                                     
1  MIA * Basketball.png 4  
8  ATL  1  
  1  MIA *Basketball.png 4  
  4  PHI  2  
4  PHI  Basketball.png 4
5  TOR  2  
  1  MIA *Basketball.png 3  
イースタン・カンファレンス
  2  BOS * 4  
2  BOS * Basketball.png 4  
7  BKN  0  
  2  BOS *Basketball.png 4
  3  MIL * 3  
3  MIL * Basketball.png 4
6  CHI  1  
  2  BOS * 2
  3  GSW  Basketball.png 4
1  PHO *Basketball.png 4  
8  NOP  2  
  1  PHO *Basketball.png 3
  4  DAL  4  
4  DAL  Basketball.png 4
5  UTA * 2  
  4  DAL  1
ウェスタン・カンファレンス
  3  GSW  Basketball.png 4  
2  MEM *Basketball.png 4  
7  MIN  2  
  2  MEM *Basketball.png 2
  3  GSW  4  
3  GSW  Basketball.png 4
6  DEN  1  

*ディビジョン優勝
太字 シリーズ勝利
Basketball.png ホームコート・アドバンテージ

ファイナル[編集]


受賞・記録[編集]

週間MVP[編集]

週間 イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
10月19日 - 24日 マイルズ・ブリッジズ (シャーロット・ホーネッツ) (1/1) ステフィン・カリー (ゴールデンステート・ウォリアーズ) (1/2) [35]
10月25日 - 31日 ジミー・バトラー (マイアミ・ヒート) (1/1) ルディ・ゴベア (ユタ・ジャズ) (1/1) [36]
11月1日 - 7日 ジャレット・アレン (クリーブランド・キャバリアーズ) (1/1) ポール・ジョージ (ロサンゼルス・クリッパーズ) (1/1) [37]
11月8日 - 14日 ケビン・デュラント (ブルックリン・ネッツ) (1/2) ステフィン・カリー (ゴールデンステート・ウォリアーズ) (2/2) [38]
11月15日 - 21日 ヤニス・アデトクンボ (ミルウォーキー・バックス) (1/1) デイミアン・リラード (ポートランド・トレイルブレイザーズ) (1/1) [39]
11月22日 - 28日 トレイ・ヤング (アトランタ・ホークス) (1/3) デビン・ブッカー (フェニックス・サンズ) (1/3) [40]
11月29日 - 12月5日 デマー・デローザン (シカゴ・ブルズ) (1/3) ドノバン・ミッチェル (ユタ・ジャズ) (1/1) [41]
12月6日 - 12日 ドマンタス・サボニス (インディアナ・ペイサーズ) (1/1) レブロン・ジェームズ (ロサンゼルス・レイカーズ) (1/1) [42]
12月13日 - 19日 ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス) (1/4) カール=アンソニー・タウンズ (ミネソタ・ティンバーウルブズ) (1/3) [43]
12月20日 - 26日 ケンバ・ウォーカー (ニューヨーク・ニックス) (1/1) シェイ・ギルジャス=アレクサンダー (オクラホマシティ・サンダー) (1/1) [44]
12月27日 – 1月2日 デマー・デローザン (シカゴ・ブルズ) (2/3) ジャ・モラント (メンフィス・グリズリーズ) (1/2) [45]
1月3日 - 9日 フレッド・ヴァンブリート (トロント・ラプターズ) (1/1) ジャ・モラント (メンフィス・グリズリーズ) (2/2) [46]
1月10日 - 16日 ダリアス・ガーランド (クリーブランド・キャバリアーズ) (1/1) デビン・ブッカー (フェニックス・サンズ) (2/3) [47]
1月17日 - 23日 トレイ・ヤング (アトランタ・ホークス) (2/3) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (1/2) [48]
1月24日 - 30日 ジョエル・エンビード (フィラデルフィア・76ers) (1/2) クリス・ポール (フェニックス・サンズ) (1/1) [49]
1月31日 - 2月6日 パスカル・シアカム (トロント・ラプターズ) (1/1) ブランドン・イングラム (ニューオーリンズ・ペリカンズ) (1/1) [50]
2月7 - 13日 デマー・デローザン (シカゴ・ブルズ) (3/3) ルカ・ドンチッチ (ダラス・マーベリックス) (1/3) [51]
2月28 - 3月6日 ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス) (2/4) カール=アンソニー・タウンズ (ミネソタティンバー・ウルブズ) (2/3) [52]
3月7 - 13日 ケビン・デュラント (ブルックリン・ネッツ) (2/2) ルカ・ドンチッチ (ダラス・マーベリックス) (2/3) [53]
3月14 - 20日 ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス) (3/4) カール=アンソニー・タウンズ (ミネソタ・ティンバーウルブズ) (3/3) [54]
3月21 - 27日 ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス) (4/4) デビン・ブッカー (フェニックス・サンズ) (3/3) [55]
3月28 - 4月3日 トレイ・ヤング (アトランタ・ホークス) (3/3) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (2/2) [56]
4月4日 - 10日 ジョエル・エンビード (フィラデルフィア・76ers) (2/2) ルカ・ドンチッチ (ダラス・マーベリックス) (3/3) [57]

月間最優秀選手[編集]

イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
10月/11月 ケビン・デュラント (ブルックリン・ネッツ) (1/1) ステフィン・カリー (ゴールデンステート・ウォリアーズ) (1/1) [58]
12月 ジョエル・エンビード (フィラデルフィア・76ers) (1/2) ドノバン・ミッチェル (ユタ・ジャズ) (1/1) [59]
1月 ジョエル・エンビード (フィラデルフィア・76ers) (2/2) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (1/2) [60]
2月 デマー・デローザン (シカゴ・ブルズ) (1/1) ルカ・ドンチッチ (ダラス・マーベリックス) (1/1) [61]
3月/4月 ヤニス・アデトクンボ (ミルウォーキー・バックス) (1/1) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (2/2) [62]

月間最優秀新人選手[編集]

イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
10月/11月 エバン・モーブリー (クリーブランド・キャバリアーズ) (1/1) ジョシュ・ギディー (オクラホマシティ・サンダー) (1/4) [63]
12月 フランツ・バグナー (オーランド・マジック) (1/1) ジョシュ・ギディー (オクラホマシティ・サンダー) (2/4) [64]
1月 ケイド・カニングハム (デトロイト・ピストンズ) (1/1) ジョシュ・ギディー (オクラホマシティ・サンダー) (3/4) [65]
2月 スコッティ・バーンズ (トロント・ラプターズ) (1/2) ジョシュ・ギディー (オクラホマシティ・サンダー) (4/4) [66]
3月/4月 スコッティ・バーンズ (トロント・ラプターズ) (2/2) ジェイレン・グリーン (ヒューストン・ロケッツ) (1/1)

月間最優秀コーチ賞[編集]

イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
10月/11月 ビリー・ドノバン (シカゴ・ブルズ) (1/1) モンティ・ウィリアムズ (フェニックス・サンズ) (1/2) [67]
12月 エリック・スポールストラ (マイアミ・ヒート) (1/1) テイラー・ジェンキンス (メンフィス・グリズリーズ) (1/1) [68]
1月 J・B・ビッカースタッフ (クリーブランド・キャバリアーズ) (1/1) モンティ・ウィリアムズ (フェニックス・サンズ) (2/2) [69]
2月 イーメイ・ユドーカ (ボストン・セルティックス) (1/2) クイン・スナイダー (ユタ・ジャズ) (1/1) [70]
3月/4月 イーメイ・ユドーカ (ボストン・セルティックス) (2/2) ジェイソン・キッド (ダラス・マーベリックス) (1/1) [71]

アリーナ[編集]

主な出来事[編集]

関連項目[編集]

ポータルアイコン スポーツポータル

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 約128億1520万円 (1ドル=114円換算)
  2. ^ 約8億4350万円 (1ドル=114円換算)
  3. ^ 約52億1900万円 (1ドル=114円換算)

出典[編集]

  1. ^ NBA Salary Cap History” (英語). basketball.realgm.com (2020年). 2021年1月5日閲覧。
  2. ^ NBA Player Salaries - 2021-2022”. ESPN.com. 2021年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c NBA announces schedule for 75th Anniversary Season”. NBA.com (2021年8月20日). 2021年8月24日閲覧。
  4. ^ NBA unveils 75th anniversary season logo”. NBA (2021年7月7日). 2021年7月21日閲覧。
  5. ^ LOOK: NBA reveals new diamond themed logo to commemorate 75th anniversary for 2021-22 season”. CBS Sports (2021年7月8日). 2021年7月21日閲覧。
  6. ^ NBA to name 75 greatest players during 75th anniversary season celebration”. NBA.com. 2021年8月10日閲覧。
  7. ^ NBA75周年記念チーム発表、創設75年のリーグ史に刻まれる偉大な76選手を選出”. sportingnews.com. 2021年11月17日閲覧。
  8. ^ Former Wizard Ian Mahinmi announces retirement”. NBC Sports (2021年7月6日). 2021年7月6日閲覧。
  9. ^ Omri Casspi, first Israeli NBA player, retires”. NBC Sports (2021年7月19日). 2021年7月24日閲覧。
  10. ^ Amile Jefferson's Duke 'story' has a new chapter”. The News & Observer (2021年7月21日). 2021年7月24日閲覧。
  11. ^ SUNS ANNOUNCE COACHING STAFF ADDITIONS”. NBA.com (2021年8月7日). 2021年8月8日閲覧。
  12. ^ J.R. Smith to Enroll at North Carolina A&T and Compete for Golf Team”. Sports Illustrated. 2021年10月13日閲覧。
  13. ^ Grasso, Justin (2021年8月12日). “Former Sixers Draft Pick Kyle Korver Joins Brooklyn Nets Staff”. SI.com. 2021年8月29日閲覧。
  14. ^ J.J. Barea: 'I like coaching. Every time I do it, I like it even more'”. Dallas Mavericks. 2021年10月29日閲覧。
  15. ^ Jared Dudley joining Jason Kidd's coaching staff with Dallas Mavericks”. ESPN. 2021年8月26日閲覧。
  16. ^ LUIS SCOLA NUOVO AMMINISTRATORE DELEGATO DEL CLUB BIANCOROSSO”. Pallacanestro Varese. 2021年11月19日閲覧。
  17. ^ JJ Redick announces retirement after 15 NBA seasons”. ESPN. 2021年9月21日閲覧。
  18. ^ Tyson Chandler is - unofficially - back with the Mavs”. Dallas Mavericks. 2021年10月29日閲覧。
  19. ^ パウ・ガソル引退 41歳、NBAで活躍 レーカーズで2度優勝”. 日刊スポーツ (2021年10月6日). 2021年10月7日閲覧。
  20. ^ European basketball journeyman Mike Hall announces retirement as a player”. Sportando. 2021年11月19日閲覧。
  21. ^ Prolific dunker Green retires, joins Rockets' staff”. ESPN.com (2021年10月22日). 2021年10月23日閲覧。
  22. ^ Pitman, Kane (2021年10月26日). “Emotional David Andersen calls time on his basketball career”. ESPN.com. 2021年11月23日閲覧。
  23. ^ HRVAT KOJI JE ZA JEDAN SAT OČARAO LARRYJA BIRDA: ‘PRIŠAO MI JE I REKAO: NE IDEŠ NIGDJE, POTPISUJEŠ ZA NAS‘”. Jutarnji. 2021年11月11日閲覧。
  24. ^ Former NBA player and EuroBasket champ Alexis Ajinca announces retirement”. BasketNews. 2021年11月26日閲覧。
  25. ^ Hill, Arthur (2021年11月27日). “Beno Udrih Announces Retirement”. HoopsRumors.com. 2021年11月27日閲覧。
  26. ^ Chandler Parsons Retires from NBA; Injury Lawsuit Settled for 'Substantial Amount'”. Bleacher Report. 2022年1月19日閲覧。
  27. ^ カワイ・レナードがクリッパーズと4年総額1億7630万ドルで再契約 球団はバックアップを約束「できることはなんでもする」”. nba.rakuten (2021年8月13日). 2021年11月17日閲覧。
  28. ^ 【リポート】クリス・ポールがサンズと4年の大型契約へ”. sportingnews.com (2021年8月3日). 2021年11月17日閲覧。
  29. ^ NBAと選手会がワクチン未接種による欠場での給与カットに合意”. rakuten.co.jp (2021年11月17日). 2021年10月5日閲覧。
  30. ^ 2021 NBA Preseason Schedule - RealGM”. RealGM. 2021年8月22日閲覧。
  31. ^ Bailey, Clay (2021年10月5日). “Bucks-Grizzlies preseason game suspended due to false fire alarm”. NBA.com. 2021年10月5日閲覧。
  32. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「2022TeamLeBroncoach」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  33. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「2022TeamDurantcoach」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  34. ^ NBA Board of Governors approves Play-In Tournament for 2021-22 season”. NBA.com (2021年7月27日). 2021年8月24日閲覧。
  35. ^ Stephen Curry, Miles Bridges named NBA Players of the Week” (2021年10月25日). 2021年10月25日閲覧。
  36. ^ Rudy Gobert, Jimmy Butler named NBA Players of the Week” (2021年11月1日). 2021年11月1日閲覧。
  37. ^ Paul George, Jarrett Allen named NBA Players of the Week” (2021年11月8日). 2021年11月8日閲覧。
  38. ^ Kevin Durant, Stephen Curry named NBA Players of the Week” (2021年11月15日). 2021年11月15日閲覧。
  39. ^ Damian Lillard, Giannis Antetokounmpo named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年11月23日). 2021年11月23日閲覧。
  40. ^ Devin Booker, Trae Young named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年11月30日). 2021年11月30日閲覧。
  41. ^ Donovan Mitchell, DeMar DeRozan named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年12月6日). 2021年12月6日閲覧。
  42. ^ LeBron James, Domantas Sabonis named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年12月13日). 2021年12月13日閲覧。
  43. ^ Jayson Tatum, Karl-Anthony Towns named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年12月20日). 2021年12月20日閲覧。
  44. ^ Shai Gilgeous-Alexander, Kemba Walker named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年12月27日). 2021年12月27日閲覧。
  45. ^ Ja Morant, DeMar DeRozan named NBA Players of the Week”. NBA.com (2022年1月3日). 2022年1月3日閲覧。
  46. ^ Ja Morant, Fred VanVleet named NBA Players of the Week”. NBA.com (2022年1月10日). 2022年1月10日閲覧。
  47. ^ Devin Booker, Darius Garland named NBA Players of the Week”. NBA.com (2022年1月17日). 2022年1月17日閲覧。
  48. ^ Nikola Jokic, Trae Young named NBA Players of the Week”. NBA.com (2022年1月24日). 2022年1月24日閲覧。
  49. ^ Joel Embiid, Chris Paul named NBA Players of the Week”. NBA.com (2022年1月31日). 2022年1月31日閲覧。
  50. ^ Pascal Siakam, Brandon Ingram named NBA Players of the Week”. NBA.com (2022年2月7日). 2022年2月7日閲覧。
  51. ^ Luka Doncic, DeMar DeRozan named NBA Players of the Week”. NBA.com (2022年2月14日). 2022年2月14日閲覧。
  52. ^ Tatum, Towns named Players of the Week”. NBA.com (2022年3月7日). 2022年3月7日閲覧。
  53. ^ Doncic, Durant named Players of the Week”. NBA.com (2022年3月14日). 2022年3月14日閲覧。
  54. ^ Jayson Tatum, Karl-Anthony Towns named NBA Players of the Week” (英語). www.nba.com. 2022年3月21日閲覧。
  55. ^ Devin Booker, Jayson Tatum named NBA Players of the Week” (英語). www.nba.com. 2022年3月28日閲覧。
  56. ^ Nikola Jokic, Trae Young named NBA Players of the Week” (英語). www.nba.com. 2022年4月4日閲覧。
  57. ^ Luka Doncic, Joel Embiid named NBA Players of the Week” (英語). www.nba.com. 2022年4月11日閲覧。
  58. ^ Stephen Curry, Kevin Durant named NBA Players of the Month”. NBA.com (2021年12月2日). 2021年12月2日閲覧。
  59. ^ Donovan Mitchell, Joel Embiid named NBA Players of the Month”. NBA.com (2022年1月4日). 2022年1月4日閲覧。
  60. ^ Nikola Jokic, Joel Embiid named NBA Players of the Month” (英語). www.nba.com. 2022年2月2日閲覧。
  61. ^ DeMar DeRozan, Luka Doncic named NBA Players of the Month for February” (英語). www.nba.com. 2022年3月3日閲覧。
  62. ^ Nikola Jokic, Giannis Antetokounmpo named NBA Players of the Month for March and April” (英語). www.nba.com. 2022年4月12日閲覧。
  63. ^ Evan Mobley, Josh Giddey named NBA Rookies of the Month”. NBA.com (2021年12月2日). 2021年12月2日閲覧。
  64. ^ Franz Wagner, Josh Giddey named NBA Rookies of the Month”. NBA.com (2022年1月4日). 2022年1月4日閲覧。
  65. ^ Cade Cunningham, Josh Giddey named NBA Rookies of the Month”. NBA.com (2022年2月3日). 2022年2月3日閲覧。
  66. ^ Scottie Barnes, Josh Giddey named NBA Rookies of the Month for February”. NBA.com (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  67. ^ Monty Williams, Billy Donovan named NBA Coaches of the Month”. NBA.com (2021年12月3日). 2021年12月3日閲覧。
  68. ^ Erik Spoelstra, Taylor Jenkins named NBA Coaches of the Month”. NBA.com (2022年1月4日). 2022年1月4日閲覧。
  69. ^ Monty Williams, J.B. Bickerstaff named NBA Coaches of the Month”. NBA.com (2022年2月2日). 2022年2月2日閲覧。
  70. ^ Ime Udoka, Quin Synder named NBA Coaches of the Month”. NBA.com (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  71. ^ Ime Udoka, Jason Kidd named NBA Coaches of the Month for March & April”. NBA.com (2022年4月12日). 2022年4月12日閲覧。
  72. ^ Welcome To FTX Arena”. NBA.com (2021年6月4日). 2021年6月29日閲覧。
  73. ^ “Bye-Bye AmericanAirlines Arena. It's Now FTX Arena”. CBS 4 Miami. (2021年6月4日). https://miami.cbslocal.com/2021/06/04/miami-heats-arena-undergoing-name-change/ 2021年6月6日閲覧。 
  74. ^ “Phoenix Suns Arena now called Footprint Center”. FOX 10 Phoenix. (2021年7月16日). https://www.fox10phoenix.com/news/phoenix-suns-arena-now-called-footprint-center/ 2021年8月8日閲覧。 
  75. ^ jcrall (2021年7月27日). “Thunder, Paycom Announce 15-Year Arena Naming Rights Agreement”. NBA.com. 2021年8月1日閲覧。
  76. ^ Raptors approved to play games in Toronto”. Global News (2021年9月10日). 2021年9月16日閲覧。
  77. ^ The Home of the Indiana Pacers and Indiana Fever Renamed Gainbridge Fieldhouse Through Pacers Sports & Entertainment and Gainbridge Partnership”. NBA.com (2021年9月27日). 2021年9月27日閲覧。
  78. ^ “Wilson to become official game ball of the NBA, WNBA, NBA G League, NBA 2K League and Basketball Africa League” (プレスリリース), (2020年5月14日), https://www.nba.com/article/2020/05/13/wilson-nba-partnership-game-ball-official-release 2021年6月22日閲覧。 
  79. ^ Young, Jabari (2020年5月13日). “NBA drops Spalding as maker of official basketball after more than 30 years”. CNBC. https://www.cnbc.com/2020/05/13/nba-drops-spalding-as-maker-of-official-basketball-after-more-than-30-years.html 2021年6月22日閲覧。 
  80. ^ Heat re-signs Duncan Robinson”. NBA.com (2021年8月6日). 2021年10月12日閲覧。
  81. ^ Duncan Robinson Re-Signs With Heat on 5-Year, $90M Contract; Largest Ever for UDFA”. Bleacher Report. 2021年10月6日閲覧。
  82. ^ Mavericks sign Luka Doncic to $207 million contract extension”. www.nba.com. 2021年10月21日閲覧。
  83. ^ Chris Paul passes Steve Nash for 3rd place on NBA's all-time assist list”. NBA. 2021年11月3日閲覧。
  84. ^ Doc Rivers becomes 10th coach in NBA history to reach 1,000 wins”. NBA. 2021年11月7日閲覧。
  85. ^ 得点ランクでアレン・アイバーソンを超えたケビン・デュラント「かけがえのないこと」”. sportingnews.com. 2021年11月27日閲覧。
  86. ^ Memphis Grizzlies beat Oklahoma City Thunder by 73 points, set NBA record for margin of victory”. Las Vegas Sun (2021年12月2日). 2021年12月3日閲覧。
  87. ^ “Gameday Rundown: The Milwaukee Back-To-Back”. Nba.com. (2021年12月4日). https://www.nba.com/heat/news/gameday-rundown-milwaukee-back-back 2021年12月4日閲覧。 
  88. ^ レブロン・ジェームズ、歴代5人目となるトリプルダブル通算100回を達成”. SportingNews.com (2021年12月10日). 2021年12月13日閲覧。
  89. ^ Thunder rookie Josh Giddey becomes youngest in NBA history to record triple-double” (英語). www.nba.com. 2022年1月3日閲覧。
  90. ^ Friedell, Nick (2021年12月14日). “Golden State Warriors' Stephen Curry passes Ray Allen as NBA's all-time 3-point king”. ESPN. 2021年12月14日閲覧。
  91. ^ “Stephen Curry Becomes NBA's All-Time 3-Point Leader”. (2021年12月14日). https://www.nba.com/warriors/news/curry-nba-3point-leader-20211214 2021年12月15日閲覧。 
  92. ^ Allen, Quinn (2021年12月18日). “Steph Curry Proves Again Why He's The GOAT Shooter”. ClutchPoints. 2022年1月4日閲覧。
  93. ^ The Road To 3,000 3-Pointers and Beyond”. NBA.com (2021年12月28日). 2022年1月4日閲覧。
  94. ^ Thanawalla, Ali (2021年12月29日). “Mr. 3000: Steph becomes first to milestone 3-point mark”. NBC Sports. 2022年1月4日閲覧。
  95. ^ Johnson, K. C. (2021年12月27日). “Nikola Vučević downplays historic NBA stat line”. NBC Sports. 2022年1月4日閲覧。
  96. ^ Monroe record 541st NBA player used in a season”. ESPN.com (2021年12月28日). 2022年1月4日閲覧。
  97. ^ Bumbaca, Chris (2021年12月28日). “Greg Monroe debuts for Minnesota Timberwolves, setting NBA record for number of players in a season”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/sports/nba/2021/12/28/nba-players-record-number-season-greg-monroe-timberwolves/9034343002/ 2022年1月4日閲覧。 
  98. ^ Li, Joyce (2021年12月29日). “LeBron James Becomes Third Player in NBA History To Reach 36,000 Career Points”. Yahoo!. https://sports.yahoo.com/lebron-james-becomes-third-player-100330770.html 2022年1月4日閲覧。 
  99. ^ Kulkarni, Divij (2021年12月30日). “LeBron James Becomes Youngest NBA Player Ever To Reach 36,000 Points”. Fadeaway World. 2022年1月11日閲覧。
  100. ^ Youngmisuk, Ohm (2022年1月9日). “Golden State Warriors' Klay Thompson scores 17 points, punctuates return with 'vicious' dunk”. ESPN.com. 2022年1月10日閲覧。
  101. ^ LeBron James reaches 10,000 career rebounds vs. Pacers”. NBA.com (2022年1月20日). 2022年1月20日閲覧。
  102. ^ Stalnicovitz, Dan Fridman (2022年1月20日). “Another milestone in LeBron James' career as he reaches 10,000 rebounds”. Marca. https://www.marca.com/en/basketball/nba/los-angeles-lakers/2022/01/20/61e9093eca474131328b45ba.html 2022年1月20日閲覧。 
  103. ^ Julka, Arjun (2022年1月20日). “'LeBron James becomes the first player in NBA history to record 30K points, 10K rebounds, and 9K assists': The 37-year old was the only saving grace in the Lakers' embarrassing loss to the Pacers”. The SportsRush. 2022年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]