アトランティック・ディビジョン (NBA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アトランティック・ディビジョンは北米のプロバスケットボールリーグNBAイースタン・カンファレンスの3つのディビジョン(地区)のうちの1つ。現在は、ボストン・セルティックスブルックリン・ネッツニューヨーク・ニックスフィラデルフィア・セブンティシクサーズトロント・ラプターズの5チームが所属する。ラプターズを除くチームはいずれもアメリカ東海岸の都市に本拠地を置いている。トロントのスポーツチームは長年アメリカ合衆国北東部のチームとのライバル関係があった(特にMLBNHLのチームはボストンニューヨークのチームと強いライバル関係にある。)。

ディビジョンは、1970-71シーズンバッファロー・ブレーブスクリーブランド・キャバリアーズポートランド・トレイルブレイザーズの3チームが加わり、リーグが14チームから17チームに増加したときにそれまでのイースタン・ディビジョン、ウェスタン・ディビジョンが再編され、イースタン・カンファレンス、ウェスタン・カンファレンスが創設された際、創設され、セルティックス、ブレーブス、ニックス、シクサーズの4チームが所属した。

ボストン・セルティックスが最多の21回地区優勝しており、次に優勝が多いのは、シクサーズの5回である。NBAチャンピオンは8回誕生しており、セルティックスが6回、シクサーズ、ニックスがそれぞれ1回優勝している。NBAチャンピオンとなったチームは、1972-73シーズンのニックスを除いていずれも地区優勝したチームである。

1982-83シーズン、全てのチームが勝率5割以上を達成した。また、1983-84シーズンには所属する5チーム全てがプレーオフに進出した。

所属チーム[編集]

かつて所属したチーム[編集]

歴史[編集]

  • 1970年、4チームで創設
  • 1976年、ABAがNBAに統合された時、ニューヨーク・ネッツが加入
  • 1977年、ニューヨーク・ネッツが移転し、ニュージャージー・ネッツに改名
  • 1979年、セントラル・ディビジョンからワシントン・ブレッツが加入
  • 1988年、エクスパンションチームのシャーロット・ホーネッツが1シーズンのみ加入
  • 1989年、ホーネッツと入れ替わりで、マイアミ・ヒートが加入
  • 1991年、オーランド・マジックがミッドウェスト・ディビジョンから加入
  • 1997年、ワシントン・ブレッツがワシントン・ウィザーズに改名
  • 2004年、トロント・ラプターズが加入、マイアミ・ヒート、オーランド・マジック、ワシントン・ウィザーズがサウスイースト・ディビジョンへ移った
  • 2012年、ニュージャージー・ネッツが移転し、ブルックリン・ネッツに改名

順位変動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]