1965-1966シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1965-1966シーズン
期間 1965年10月16日-1966年4月25日
TV 放送 ABC
観客動員数 2,022,436人
レギュラーシーズン
勝率首位 フィラデルフィア・76ers
最優秀選手 ウィルト・チェンバレン
得点王 ウィルト・チェンバレン
プレーオフ
イースタン決勝 ボストン・セルティックス
  フィラデルフィア・76ers
ウエスタン決勝 ロサンゼルス・レイカーズ
  セントルイス・ホークス
ファイナル
優勝 ボストン・セルティックス

<1964-65

1966-67>

1965-1966シーズンのNBAは、NBAの20回目のシーズンである。シーズンは1965年10月16日に始まり、1966年4月25日に全日程が終了した。

ドラフト[編集]

ドラフトではフレッド・ヘッツェルが、デトロイト・ピストンズから全体1位指名を受けた。この年のドラフトは豊作の年で、リック・バリービリー・カニンガムガイル・グッドリッジビリー・ブラッドレーと後に殿堂入りを果たす4名の選手が指名を受けている。またジェリー・スローンディック・バン・アースデールトム・バン・アースデールフリン・ロビンソンらが指名を受けている。

シーズン[編集]

オールスター[編集]

イースタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
フィラデルフィア・76ers 55 25 .688 -
ボストン・セルティックス 54 26 .675 1
シンシナティ・ロイヤルズ 45 35 .563 10
ニューヨーク・ニックス 30 50 .375 25

ウエスタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
ロサンゼルス・レイカーズ 45 35 .563 -
ボルチモア・ブレッツ 38 42 .475 7
セントルイス・ホークス 36 44 .450 9
サンフランシスコ・ウォリアーズ 35 45 .438 10
デトロイト・ピストンズ 22 58 .275 23

スタッツリーダー[編集]

部門 選手 チーム 記録
得点 ウィルト・チェンバレン フィラデルフィア・76ers 2,649
リバウンド ウィルト・チェンバレン フィラデルフィア・76ers 1,943
アシスト オスカー・ロバートソン シンシナティ・ロイヤルズ 847
FG% ウィルト・チェンバレン フィラデルフィア・76ers .540
FT% ラリー・ジークフリード ボストン・セルティックス .881

1969-70シーズン以前はアベレージよりも通算でスタッツリーダーが決められていた。

各賞[編集]

王座陥落?[編集]

ボストン・セルティックスフィラデルフィア・76ersにデビジョン首位の座を明け渡した。イースタン・デビジョン首位の座がセルティックス以外のチームに渡ったのは実に10年ぶりのことである。76ersは加入して2年目のウィルト・チェンバレンを始め、チェット・ウォーカーハル・グリアにルーキーのビリー・カニンガムと戦力が整い、レギュラーシーズンのセルティックスとの直接対決でも6勝4敗と勝ち越すなどいよいよその地位を脅かした。チェンバレンはルーキーイヤー以来のMVPを獲得した。

プレーオフファイナル[編集]

  デビジョン準決勝 デビジョン決勝 ファイナル
                           
   
  1  レイカーズ 4  
Western Division
    3  ホークス 3  
3  ホークス 3
  2  ブレッツ 0  
    W1  レイカーズ 3
  E2  セルティックス 4
     
   
1  76ers 1
Eastern Division
    2  セルティックス 4  
3  ロイヤルズ 2
  2  セルティックス 3  

八連覇達成[編集]

10年ぶりにデビジョン首位の座を明け渡したボストン・セルティックスは、10年ぶりにプレーオフ1回戦(デビジョン準決勝)からの参戦となった。初戦の相手はシンシナティ・ロイヤルズだった。セルティックスはオスカー・ロバートソンジェリー・ルーカス擁するロイヤルズに苦戦を強いられ、1勝2敗と先にシリーズ王手を掛けられた。しかしチームの立て直しに成功したセルティックスは、2連勝を飾ってデビジョン決勝へ進んだ。

デビジョン決勝でセルティックスを待っていたのは、打倒セルティックスに燃えるウィルト・チェンバレンフィラデルフィア・76ersだった。デビジョン準決勝の激戦で疲労困憊の上、レギュラーシーズン中の直接対決では負け越している相手だけに、セルティックスの連覇記録もいよいよ途切れるかに思われたが、蓋を開けてみればセルティックスが4勝1敗であっさりと勝利した。どうしてもセルティックスに勝てないチェンバレンは弱点のフリースローを徹底的に突かれ、このシリーズでも68本のフリースローを打たされ、28本しか決められなかった。

ウエスタンからはライバル、ロサンゼルス・レイカーズが勝ちあがってきた。レイカーズはエースのエルジン・ベイラーが選手生命を脅かすほどの故障を抱えており、このシーズンはそれまでのキャリア平均を大幅に下回る16.6得点9.6リバウンドの成績だったが、プレーオフに入って徐々に調子を上げていき、デビジョン決勝で宿敵セントルイス・ホークスを破って2年連続でファイナルに進出した。

ファイナル第1戦はベイラーが36得点、ジェリー・ウェストが41得点を記録し、オーバータイムの末にレイカーズがものにした。その後セルティックスが3連勝、レイカーズが2連勝し、シリーズは第7戦までもつれた。最後はリーグ最小失点を誇るセルティックスのディフェンス力が、リーグ最多得点を誇ったレイカーズのオフェンス力を封じ込め、95-93のロースコアゲームでセルティックスが勝利し、8年連続の優勝を決めた。八連覇という金字塔はNBAに留まらず、アメリカのプロスポーツ史の中でも最長記録である。

後期セルティックス王朝へ[編集]

不滅の記録を打ち立てたセルティックスは、節目の時を迎えていた。セルティックスの優勝を全て知る選手はビル・ラッセルだけとなり、さらにこのシーズンを最後にレッド・アワーバックがヘッドコーチから退いたのである。前年にセルティックスのオーナーでチーム運営を担当していたウォルター・ブラウンが亡くなり、彼の仕事を引き継いだアワーバックは多忙を極め、とてもヘッドコーチとの兼任は続けられなかった。アワーバックのコーチ辞任により、セルティックスの連覇記録は途切れることとなるが、絶対的な指導者が退いたことで王朝が瓦解したかと言えば、そうではなかった。アワーバックはプレーオフ期間中に後継者としてビル・ラッセルを指名し、シーズン終了後にはNBA初の黒人ヘッドコーチが誕生した。さらにこのシーズンのプレーオフで大活躍したジョン・ハブリチェックがセルティックスの新たな主役として台頭し、サム・ジョーンズと共に新たなウィングコンビを形成した。そしてアワーバック自身は人事部門責任者として辣腕を振るい、ビリー・ハウエルの獲得など的確な補強を行っていく。セルティックスは衰えることを知らず、新たな顔ぶれのもとで次の時代を迎えることとなる。

ラストシーズン[編集]

外部リンク[編集]