1962-1963シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1962-1963シーズン
期間 1962年10月16日-1963年4月24日
TV 放送 ABC
観客動員数 1,657,737人
レギュラーシーズン
勝率首位 ボストン・セルティックス
最優秀選手 ビル・ラッセル
得点王 ウィルト・チェンバレン
プレーオフ
イースタン決勝 ボストン・セルティックス
  シラキュース・ナショナルズ
ウエスタン決勝 ミネアポリス・レイカーズ
  セントルイス・ホークス
ファイナル
優勝 ボストン・セルティックス

<1961-62

1963-64>

1962-1963シーズンのNBAは、NBAの17回目のシーズンである。シーズンは1962年10月16日に始まり、1963年4月24日に全日程が終了した。

シーズン前[編集]

ドラフト[編集]

ドラフトではビル・マクギルが、シカゴ・ゼファーズから全体1位指名を受けた。他にはゼルモ・ビーティレン・チャペルウェイン・ハイタワージョン・ハブリチェックチェット・ウォーカーらが指名を受けている。地域ドラフトではジェリー・ルーカスシンシナティ・ロイヤルズから、デイブ・ディバッシャーデトロイト・ピストンズが指名を受けた。

その他[編集]

シーズン[編集]

オールスター[編集]

イースタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
ボストン・セルティックス 58 22 .725 -
シラキュース・ナショナルズ 48 32 .600 10
シンシナティ・ロイヤルズ 42 38 .525 16
ニューヨーク・ニックス 21 59 .263 37

ウエスタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
ロサンゼルス・レイカーズ 53 27 .663 -
セントルイス・ホークス 48 32 .600 5
デトロイト・ピストンズ 34 46 .425 19
サンフランシスコ・ウォリアーズ 31 49 .388 22
シカゴ・ゼファーズ 25 55 .313 28

スタッツリーダー[編集]

部門 選手 チーム 記録
得点 ウィルト・チェンバレン サンフランシスコ・ウォリアーズ 3,586
リバウンド ウィルト・チェンバレン サンフランシスコ・ウォリアーズ 1,946
アシスト ガイ・ロジャーズ サンフランシスコ・ウォリアーズ 825
FG% ウィルト・チェンバレン サンフランシスコ・ウォリアーズ .528
FT% ラリー・コステロ シラキュース・ナショナルズ .881

1969-70シーズン以前はアベレージよりも通算でスタッツリーダーが決められていた。

各賞[編集]

シーズン概要[編集]

プレーオフファイナル[編集]

  デビジョン準決勝 デビジョン決勝 ファイナル
                           
   
  1  レイカーズ 4  
Western Division
    2  ホークス 3  
3  ピストンズ 1
  2  ホークス 3  
    W1  レイカーズ 2
  E1  セルティックス 4
     
   
1  セルティックス 4
Eastern Division
    3  ロイヤルズ 3  
3  ロイヤルズ 3
  2  ナショナルズ 2  

続くセルティックス時代[編集]

ボストン・セルティックスが2年連続でロサンゼルス・レイカーズを降し、五連覇を達成した。このシーズン、セルティックスの王座を最も脅かしたのがデビジョン決勝で当たったシンシナティ・ロイヤルズだった。第7戦まで長引いたシリーズのうち、2試合がオーバータイムにもつれ込む接戦だった。

ラストシーズン[編集]

  • ボブ・クージー (1950-63) 8度のアシスト王と6度の優勝を手に引退。彼の引退により、勃興期のセルティックスを知る選手は居なくなった。ポジションはK.C.ジョーンズに引き継がれた。

外部リンク[編集]