2020-2021シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020-2021シーズンのNBA
ミルウォーキー・バックス 
期間 2020年12月22日-2021年5月16日
TV 放送 ABC, TNT, ESPN, NBA TV[1]
サラリーキャップ $109,140,000[2]
平均サラリー $7,950,312
最高:$43,006,362(ステフィン・カリー[3]
ドラフト
トップ指名 アンソニー・エドワーズ/ジョージア大学
指名チーム ミネソタ・ティンバーウルブズ
レギュラーシーズン
トップシード ユタ・ジャズ : 52勝20敗 / .722
MVP ニコラ・ヨキッチ
新人王 ラメロ・ボール
シックスマン賞 ジョーダン・クラークソン
最成長選手賞 ジュリアス・ランドル
最優秀守備選手賞 ルディ・ゴベア
最優秀監督賞 トム・シボドー
スタッツリーダー  
  得点 ステフィン・カリー(GSW) : 32.0
  アシスト ラッセル・ウェストブルック(WAS) : 11.7
  リバウンド クリント・カペラ(ATL) : 14.3
  ブロック マイルズ・ターナー(IND) : 3.4
  スティール ジミー・バトラー(MIA) : 2.1
  3P% ジョー・ハリス(BKN) : 47.5%
  FG% ルディ・ゴベア(UTA) : 67.5%
  FT% クリス・ポール(PHX) : 93.4%
チーム平均得点 112.1得点[4]
プレーオフ
 イースタン  優勝 ミルウォーキー・バックス
   アトランタ・ホークス
 ウェスタン  優勝 フェニックス・サンズ
   ロサンゼルス・クリッパーズ
ファイナル
 チャンピオン NBA FINAL CHAMP.png ミルウォーキー・バックス
ファイナルMVP ヤニス・アデトクンボ
Arrow Blue Left 001.svg2019-20

2020-2021シーズンのNBANBAの75回目のシーズンである。新型コロナウイルスの影響でレギュラーシーズンは72試合に短縮されており[5]カナダトロントに本拠地を置くトロント・ラプターズフロリダ州タンパにあるアマリー・アリーナで今シーズンはホームゲームを行うこととなった[6]

移籍[編集]

引退選手[編集]

フリーエージェント[編集]

NBAフリーエージェントの交渉は2020年11月20日より開始され、11月22日から期限までに契約が交わされる。

ヘッドコーチの交代[編集]

ヘッドコーチの交代
チーム 2019–20シーズン 2020–21シーズン
オフシーズン
ブルックリン・ネッツ ジャック・ヴォーン スティーブ・ナッシュ
シカゴ・ブルズ ジム・ボイレン ビリー・ドノバン
ヒューストン・ロケッツ マイク・ダントーニ スティーブン・サイラス
インディアナ・ペイサーズ ネイト・マクミラン ネイト・ビョルクレン
ロサンゼルス・クリッパーズ ドック・リバース タロン・ルー
ニューオーリンズ・ペリカンズ アルヴィン・ジェントリー スタン・ヴァン・ガンディ
ニューヨーク・ニックス マイク・ミラー トム・シボドー
オクラホマシティ・サンダー ビリー・ドノバン マーク・デイノート
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ ブレット・ブラウン ドック・リバース
シーズン中
アトランタ・ホークス ロイド・ピアース ネイト・マクミラン
ミネソタ・ティンバーウルブズ ライアン・サンダース クリス・フィンチ

プレシーズン[編集]

2019-20シーズンが夏に終了したため、トレーニングキャンプの開始日を2020年11月10日に延期した[22]。プレシーズンは、2020年12月11日に始まり、12月19日終了。

レギュラーシーズン[編集]

2020年11月17日、NBAはレギュラーシーズンの試合数を72試合と定め、期間を12月22日から5月16日に行うことを発表した。インディアナポリスで開催予定だったNBAオールスターゲーム2024年へ延期となった[23]

カンファレンス[編集]

ノート

  • z – 全体でホームコートアドバンテージ
  • c – カンファレンスでホームコートアドバンテージ
  • y – ディビジョン優勝
  • x – プレーオフ出場確定
  • pb – プレイイン・トーナメント出場確定
  • o – プレーオフ不出場
  • * – ディビジョンリーダー

COVID-19により延期となった試合[編集]

2月1日の時点で合計23試合が延期となった。

  • 12月24日: サンダーvsロケッツの試合は少なくとも3人のロケッツの選手が陽性または未確認であり、他の4人の選手はコンタクト・トレーシング後に隔離され、ジェームズ・ハーデンは健康と安全のプロトコルに違反したため参加できなかった[24]
  • 1月11日:ヒートvsセルティックスの試合はヒートの継続的なコンタクト・トレーシングにより、ゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[25]
  • 1月12日: ペリカンズvsマーベリックス[26]
  • 1月13日: セルティックスvsブルズ[26]
  • 1月14日:
    • マジックvsセルティックス - セルティックスはコンタクト・トレーシングにより、ゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[27]
    • ジャズvsウィザーズ - ウィザーズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[28]
    • ホークスvsサンズ - サンズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[29]
  • 1月16日:
    • ウォリアーズvsサンズ - サンズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[30]
    • ウィザーズvsピストンズ - ウィザーズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[30]
    • グリズリーズvsウルブズ - ウルブズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[31]
  • 1月17日: ペイサーズvsサンズ - サンズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[32]
  • 1月18日:
    • キャバリアーズvsウィザーズ - ウィザーズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[33]
    • 76ers vs サンダー - 76ersはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[34]
  • 1月19日: キャバリアーズvsウィザーズ -ウィザーズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[35]
  • 1月21日:
    • ウィザーズvsホーネッツ - ウィザーズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[36]
    • グリズリーズvsブレイザーズ - 健康と安全プロトコルのために延期[37]
  • 1月23日:
    • ウィザーズvsバックス - ウィザーズはゲームに必要な最低8人の選手が必要条件に満たなかったため延期[38]
    • グリズリーズvsブレイザーズ - グリズリーズにゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため延期[39]
  • 1月25日:
    • グリズリーズvsキングス - グリズリーズにゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため延期[39]
  • 1月26日:
    • グリズリーズvsキングス - グリズリーズにゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため延期[39]
    • スパーズvsペリカンズ - スパーズとペリカンズはゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため延期[40]
  • 1月28日:
    • グリズリーズvsブルズ - グリズリーズにゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため延期[41]
  • 2月2日:
    • ナゲッツvsピストンズ - ピストンズはゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため延期[42]
  • 2月7日:ブレイザーズvsホーネッツ - この試合はシーズン後半に移され、当初1月20日に予定されていたウィザーズvsホーネッツの試合がこの日に行われた[43]
  • 2月16日:スパーズvsピストンズ - スパーズは安全衛生プロトコルによりゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため[44]
  • 2月17日
    • スパーズvsキャバリアーズ - スパーズは安全衛生プロトコルによりゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため[45]
    • シカゴvsシャーロット - ホーネッツは安全衛生プロトコルによりゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため[45]
  • 2月19日:ピストンズvsホーネッツ - ホーネッツは安全衛生プロトコルによりゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため[45]
  • 2月20日:スパーズvsニックス - スパーズは安全衛生プロトコルによりゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため[45]
  • 2月22日:スパーズvsペイサーズ - スパーズは安全衛生プロトコルによりゲームに必要な最低8人の選手が足りなかったため[45]
  • 2月28日:ブルズvsラプターズ - ラプターズの選手にCOVID-19の検査結果で陽性反応がでたため[46]

他の理由で延期となった試合[編集]

  • 2月17日:デトロイトvsマーベリックス - テキサス州の悪天候による政府の要請のため延期となった[47]
  • 2月19日:マーベリックスvsロケッツ - テキサス州の悪天候による政府の要請のため延期となった[48]
  • 2月20日:ペイサーズvsロケッツ - テキサス州の悪天候による政府の要請のため延期となった[49]
  • 4月12日:ウルブズvsネッツ - ミネソタ州ブルックリン・センターの近くで起きたダンテ・ライト射殺事件により延期となった[50]

オールスターブレイク[編集]

オールスターゲーム[編集]

2021年のNBAオールスターゲーム新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため中止となっていたが、2月5日にNBANBPAが3月8日にジョージア州アトランタでオールスターゲームを開催することを発表した[51]

試合結果[編集]

2021年3月7日
8:00 pm ET
チーム・レブロン 170, チーム・デュラント 150 ステートファーム・アリーナ, ジョージア州アトランタ TNT, TBS
クォーター・スコア: 40-39, 60-41, 46-45, 24-25
得点: ヤニス・アデトクンボ 35
リバウンド: 3選手 7
アシスト: クリス・ポール 16
得点. ブラッドリー・ビール 26
リバウンド: カワイ・レナード 9
アシスト: カイリー・アービング 12


プレイイン・トーナメント[編集]

プレイイン・トーナメントは5月18日から5月21日にかけて行われ、各カンファレンスで7番目から10番目に高い勝率を記録した4チームずつが参加。最初に、7番目に勝率が高いチームと8番目のチームによる試合(セブン・エイト・ゲーム)と、9番目のチームと10番目のチームによる試合(ナイン・テン・ゲーム)がそれぞれ行われる。セブン・エイト・ゲームの勝者は、その時点でプレイオフ第7シードを獲得し、敗者はナイン・テン・ゲームの勝者と第8シードを懸けて対戦する。なお、ナイン・テン・ゲームの敗者はその時点で敗退となる[5]

イースタン・カンファレンス[編集]

  プレイイン 第8シード決定戦 プレーオフ出場決定
                           
7   BOS  118  
8   WAS  100         W1   BOS  第7シード
      L1   WAS  142   W3   WAS  第8シード
  W2   IND  115  
9   IND  144
10   CHA  117  

ウェスタン・カンファレンス[編集]

  プレイイン 第8シード決定戦 プレーオフ出場決定
                           
7   LAL  103  
8   GSW  100         W1   LAL  第7シード
      L1   GSW  112   W3   MEM  第8シード
  W2   MEM  117  
9   MEM  100
10   SAS  96  

プレーオフ[編集]

プレーオフは、2021年5月22日に開始予定[5]

  ファースト ラウンド カンファレンス セミファイナル カンファレンス ファイナル NBAファイナル
                                     
1   PHI * Basketball.png 4  
8   WAS  1  
  1   PHI * Basketball.png 3  
  5   ATL * 4  
4   NYK  Basketball.png 1
5   ATL * 4  
  5   ATL * 2  
イースタン・カンファレンス
  3   MIL *Basketball.png 4  
2   BKN  Basketball.png 4  
7   BOS  1  
  2   BKN  Basketball.png 3
  3   MIL * 4  
3   MIL * Basketball.png 4
6   MIA  0  
  3   MIL * 4
  2   PHO *Basketball.png 2
1   UTA *Basketball.png 4  
8   MEM  1  
  1   UTA *Basketball.png 2
  4   LAC  4  
4   LAC  Basketball.png 4
5   DAL * 3  
  4   LAC  2
ウェスタン・カンファレンス
  2   PHO *Basketball.png 4  
2   PHO *Basketball.png 4  
7   LAL  2  
  2   PHO *Basketball.png 4
  3   DEN  0  
3   DEN  Basketball.png 4
6   POR  2  

*ディビジョン優勝
太字 シリーズ勝利
Basketball.png ホームコート・アドバンテージ

ファイナル[編集]

NBAファイナルは、2021年7月6日に開始。

スタッツリーダー[編集]

NBA.comより

個人スタッツリーダー[編集]

項目 選手 チーム 記録
PPG ステフィン・カリー ゴールデンステート・ウォリアーズ 32.0
RPG クリント・カペラ アトランタ・ホークス 14.3
APG ラッセル・ウェストブルック ワシントン・ウィザーズ 11.7
SPG ジミー・バトラー マイアミ・ヒート 2.1
BPG マイルズ・ターナー インディアナ・ペイサーズ 3.4
TPG ラッセル・ウェストブルック ワシントン・ウィザーズ 4.8
FPG カール=アンソニー・タウンズ ミネソタ・ティンバーウルブズ 3.7
MPG ジュリアス・ランドル ニューヨーク・ニックス 37.6
FG% ルディ・ゴベア ユタ・ジャズ 67.5%
FT% クリス・ポール フェニックス・サンズ 93.4%
3FG% ジョー・ハリス ブルックリン・ネッツ 47.5%
EPG ニコラ・ヨキッチ デンバー・ナゲッツ 35.9
ダブル・ダブル ニコラ・ヨキッチ デンバー・ナゲッツ 60
トリプル・ダブル ラッセル・ウェストブルック ワシントン・ウィザーズ 38
# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
2位 ブラッドリー・ビール(WAS) 31.3 ルディ・ゴベール(UTA) 13.5 トレイ・ヤング(ATL) 9.4 T・J・マコーネル(IND) 1.9
3位 デイミアン・リラード(POR) 28.8 ヨナス・バランチュナス(MEM) 12.5 ドレイモンド・グリーン(GSW) 8.9 フレッド・ヴァンブリート(TOR) 1.7
# ブロックショット FG成功率 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 % 選手名 %
2位 ルディ・ゴベール(UTA) 2.7 リショーン・ホームズ(SAC) 63.7 マーカス・モリス(NYK) 47.3 デイミアン・リラード(POR) 92.8
3位 ナーレンズ・ノエル(NYK) 2.2 ロビン・ロペス(WAS) 63.3 ブリン・フォーブス(MIL) 45.2 ダニーロ・ガリナリ(ATL) 92.5

ゲームハイ[編集]

カテゴリ 選手 チーム 記録
得点 ステフィン・カリー ゴールデンステート・ウォリアーズ 62
リバウンド エネス・カンター ポートランド・トレイルブレイザーズ 30
アシスト ラッセル・ウェストブルック ワシントン・ウィザーズ 24
スティール T・J・マコーネル インディアナ・ペイサーズ 10
ブロック クリント・カペラ アトランタ・ホークス 10
スリーポイント成功数 ステフィン・カリー ゴールデンステート・ウォリアーズ 11
フレッド・ヴァンブリート トロント・ラプターズ

チームスタッツリーダー[編集]

カテゴリ チーム 記録
PPG ミルウォーキー・バックス 120.1
RPG ミルウォーキー・バックス 48.3
APG ゴールデンステート・ウォリアーズ 27.7
SPG メンフィス・グリズリーズ 9.1
BPG インディアナ・ペイサーズ 6.4
TPG オクラホマシティ・サンダー 16.1
FPG ワシントン・ウィザーズ 21.6
FG% ブルックリン・ネッツ 49.4%
FT% ロサンゼルス・クリッパーズ 83.9%
3FG% ロサンゼルス・クリッパーズ 41.1%
+/− ユタ・ジャズ +9.3

各賞[編集]

2020-21シーズンのアワード
受賞者(チーム) ファイナリスト[52]
MVP ニコラ・ヨキッチ( DEN ) ステフィン・カリー (GSW)
ジョエル・エンビード (PHI)
新人王 ラメロ・ボール( CHA ) アンソニー・エドワーズ (MIN)
タイリース・ハリバートン (SAC)
最優秀守備選手賞 ルディ・ゴベア ( UTA ) ドレイモンド・グリーン (GSW)
ベン・シモンズ (PHI)
シックスマン賞 ジョーダン・クラークソン( UTA )[53] ジョー・イングルス (UTA)
デリック・ローズ (NYK)
MIP ジュリアス・ランドル(  NYK )[54] ジェラミ・グラント (DET)
マイケル・ポーター・ジュニア (DEN)
最優秀コーチ賞 トム・シボドー( NYK ) クイン・スナイダー (UTA)
モンティ・ウィリアムズ (PHX)
最優秀役員賞

週間MVP[編集]

週間 イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
12月22日(火) – 27日(日) サボニス, ドマンタスドマンタス・サボニス (インディアナ・ペイサーズ) (1/1) イングラム, ブランドンブランドン・イングラム (ニューオーリンズ・ペリカンズ) (1/1) [55]
12月28日(月) – 1月3日(日) トバイアス・ハリス (フィラデルフィア・76ers) (1/1) ステフィン・カリー (ゴールデンステート・ウォリアーズ) (1/2) [56]
1月4日(月) – 10日(日) ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス) (1/3) ルカ・ドンチッチ (ダラス・マーベリックス) (1/3) [57]
1月11日 – 17日 ケビン・デュラント (ブルックリン・ネッツ) (1/1) デイミアン・リラード (ポートランド・トレイルブレイザーズ) (1/3) [58]
1月18日 – 24日 ジョエル・エンビード (フィラデルフィア・76ers) (1/1) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (1/3) [59]
1月25日 – 31日 ジェームズ・ハーデン (ブルックリン・ネッツ) (1/2) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (2/3) [60]
2月1日 – 7日 ヤニス・アデトクンボ (ミルウォーキー・バックス) (1/3) デアーロン・フォックス (サクラメント・キングス) (1/2) [61]
2月8日–14日 サディック・ベイ (デトロイト・ピストンズ) (1/1) デビン・ブッカー (フェニックス・サンズ) (1/3) [62]
2月15日–21日 ジェームズ・ハーデン (ブルックリン・ネッツ) (2/2) デイミアン・リラード (ポートランド・トレイルブレイザーズ) (2/3) [63]
2月22日–28日 ヤニス・アデトクンボ (ミルウォーキー・バックス) (2/3) デビン・ブッカー (フェニックス・サンズ) (2/3) [64]
3月15日–21日 ヤニス・アデトクンボ (ミルウォーキー・バックス) (3/3) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (3/3) [65]
3月22日–28日 テリー・ロジアー (シャーロット・ホーネッツ) (1/1) デアーロン・フォックス (サクラメント・キングス) (2/2) [66]
3月29日 – 4月4日 ドリュー・ホリデー (ミルウォーキー・バックス) (1/1) ルカ・ドンチッチ (ダラス・マーべリックス) (2/3) [67]
4月5日–11日 ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス) (2/3) ポール・ジョージ (ロサンゼルス・クリッパーズ) (1/1) [68]
4月12日–18日 ジュリアス・ランドル (ニューヨーク・ニックス) (1/1) ステフィン・カリー (ゴールデンステート・ウォリアーズ) (2/2) [69]
4月19日–25日 ブラッドリー・ビール (ワシントン・ウィザーズ) (1/1) ルカ・ドンチッチ (ダラス・マーべリックス) (3/3) [70]
4月26日 – 5月2日 ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス) (3/3) デビン・ブッカー (フェニックス・サンズ) (3/3) [71]
5月3日–9日 ラッセル・ウェストブルック (ワシントン・ウィザーズ) (1/1) ボヤン・ボグダノヴィッチ (ユタ・ジャズ) (1/1) [72]
5月10日–16日 トレイ・ヤング (アトランタ・ホークス) (1/1) デイミアン・リラード (ポートランド・トレイルブレイザーズ) (3/3) [73]

月間最優秀選手[編集]

イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
12月/1月 ジョエル・エンビード (フィラデルフィア・76ers) (1/1) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (1/2) [74]
2月 ジェームズ・ハーデン (ブルックリン・ネッツ) (1/2) デビン・ブッカー (フェニックス・サンズ) (1/1) [75]
3月 ジェームズ・ハーデン (ブルックリン・ネッツ) (2/2) ニコラ・ヨキッチ (デンバー・ナゲッツ) (2/2) [76]
4月 ジュリアス・ランドル (ニューヨーク・ニックス) (1/1) ステフィン・カリー (ゴールデンステート・ウォリアーズ) (1/2) [77]
5月 ラッセル・ウェストブルック (ワシントン・ウィザーズ) (1/1) ステフィン・カリー (ゴールデンステート・ウォリアーズ) (2/2) [78]

月間最優秀新人選手[編集]

イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
12月/1月 ラメロ・ボール (シャーロット・ホーネッツ) (1/3) タイリース・ハリバートン (サクラメント・キングス) (1/2) [79]
2月 ラメロ・ボール (シャーロット・ホーネッツ) (2/3) タイリース・ハリバートン (サクラメント・キングス) (2/2) [80]
3月 ラメロ・ボール (シャーロット・ホーネッツ) (3/3) アンソニー・エドワーズ (ミネソタ・ティンバーウルブズ) (1/3) [81]
4月 マラカイ・フリン (トロント・ラプターズ) (1/1) アンソニー・エドワーズ (ミネソタ・ティンバーウルブズ) (2/3) [82]
5月 R・J・ハンプトン (オーランド・マジック) (1/1) アンソニー・エドワーズ (ミネソタ・ティンバーウルブズ) (3/3) [78]

月間最優秀コーチ賞[編集]

イースタン・カンファレンス ウェスタン・カンファレンス 参照
12月/1月 ドック・リバース (フィラデルフィア・76ers) (1/1) クイン・スナイダー (ユタ・ジャズ) (1/2) [83]
2月 スティーブ・ナッシュ (ブルックリン・ネッツ) (1/1) クイン・スナイダー (ユタ・ジャズ) (2/2) [84]
3月 ネイト・マクミラン (アトランタ・ホークス) (1/1) モンティ・ウィリアムズ (フェニックス・サンズ) (1/1) [85]
4月 スコット・ブルックス (ワシントン・ウィザーズ) (1/1) マイケル・マローン (デンバー・ナゲッツ) (1/1) [86]
5月 トム・シボドー (ニューヨーク・ニックス) (1/1) テリー・ストッツ (ポートランド・トレイルブレイザーズ) (1/1) [78]

ユニフォーム[編集]

2020年7月21日、NBAは「ステートメント・エディション」のユニフォームのロゴをナイキからエア・ジョーダンのレーベルに切り替えることを発表した[87]

アリーナ[編集]

トロント・ラプターズのタンパへの一時的な移転[編集]

トロント・ラプターズとNBAはカナダ政府との話し合いを続けてきたが、特例措置が認められず、アメリカからの入国が認められるまでは、ラプターズはアメリカ国内に仮の拠点を移すことになった[90]

テネシー州ナッシュビルミズーリ州カンザスなどいくつかの候補地[91]の中からラプターズはフロリダ州タンパにあるアマリー・アリーナに決定した[6]

COVID-19による観客者の制限[編集]

シーズン開始からホームゲームの全試合で観客を受け入れているアリーナは7チームのみとなっている[92]

チーム ホームゲームで観客席を入ることが許可されているチーム 制限事項 ソース
ホークス 数試合 最初の5つのホームゲームは選手の家族と友人のみと対象だったが、2021年1月18日以降はアリーナの上限10%となった。 [92]
セルティックス 数試合 3月20日から12%を上限とした。 [93]
ネッツ 数試合 2月23日から10%を上限とし、過去72時間以内のPCR検査で陰性の人のみ。 [94][95][96]
ホーネッツ 数試合 3月13日以降、定員は15%(約3,000人)に制限。
キャバリアーズ 全試合 上限は10%(約2,000人)。2021年2月4日、オハイオ州は14%への引き上げを許可した。 [92][97]
マーベリックス 数試合 2月8日から7%のキャパシティ(約1,500人)を上限とする。 [92][98]
ナゲッツ 数試合 4月4日から22%(約4,050人)を上限。 [92][99]
ピストンズ 数試合 3月17日から750人の観客を上限とする。 [92]
ウォリアーズ 数試合 4月15日から全体の10%または35%に制限。 [100][101]
ロケッツ 全試合 4,500人を上限とする。 [92]
ペイサーズ 全試合 1,000人を上限とする。 [92]
クリッパーズ 数試合 4月2日にクリッパーズとレイカーズは4月18日のホームゲームに観客を迎える予定であると発表した。チームはワクチンを接種もしくはPCR検査で陰性を示すものを提示するのを条件として、アリーナ全体の10%または35%に制限した。 [101][102][103]
レイカーズ
グリズリーズ 数試合 コートサイドのみ [92]
ヒート 全試合 当初は2,000人を上限としたが2021年2月のオールスターブレイク前の最後の4つのホームゲームの制限が3,000人に増加し、その後4,000人に増加した。

2021年3月、チームはワクチン接種をした観客をソーシャルディスタンスを保ちながら、コートに近い席を開き始めると発表した(コートに近い観客も、PCRテストで陰性でなければならない)。しかし大統領が「免疫パスポート」を要求することを禁止する命令を出した後、ヒートは観客の受け入れを以前のに戻した。

[92][104][105][106][107]
バックス 数試合 2月中旬に段階的に観客を受け入れ始め、上限を10%(1,800人)まで拡大した。 [92][108]
ペリカンズ 全試合 750人の観客を上限とした。 [92]
ニックス 数試合 2月23日から10%(約2,000人)を上限とした。過去72時間以内にPCRテストで陰性または試合観戦する前の14日以内にワクチン接種をしたもののみ。 [109][94]
マジック 全試合 4,000人の観客を上限とする。 [92]
76ers 数試合 3月14日から3,100人の観客を上限とする。 [110][111]
サンズ 数試合 2月7日から1,500人の観客を上限としており、2月10日から2月16日は上限を3,000人に拡大すると発表した。[112] [92][113]
キングス 数試合 4月15日以降、全体の20%を上限として許可され、観客者は最近のPCR検査で陰性反応を示したの書類、またはワクチン接種した証明をする必要がある。 [103][114]
スパーズ 数試合 3月1日に、3月12日からのホームゲームは3,200人の上限とする観客の受け入れを開始すると発表した。 [115][116][117][118]
ラプターズ 数試合 2021年3月4日に3月13日から3,800人の観客を上限としてアリーナを再開すると発表した。 [119][92][120]
ジャズ 全試合 2020年11月、チームは1,500人の観客を受け入れる計画を発表した。2021年2月、チームは観客をアリーナ上部に入れることで、収容人数を3,902人に増やすことを発表した。 [92][121][122]

主な出来事[編集]

関連項目[編集]

ポータルアイコン スポーツポータル

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ NBA extends television deals with ESPN, TNT” (英語). ESPN.com (2016年2月14日). 2020年7月12日閲覧。
  2. ^ NBA Salary Cap History” (英語). basketball.realgm.com (2020年). 2021年1月5日閲覧。
  3. ^ 2020-21 NBA Player Contracts”. basketball-reference.com. 2021年1月5日閲覧。
  4. ^ 2020-21 NBA Season Summary | basketball-reference.com
  5. ^ a b c NBA announces structure and format for 2020-21 season” (英語). NBA.com. 2020年11月19日閲覧。
  6. ^ a b Toronto Raptors to Start Season in Tampa”. SI.com (2020年11月20日). 2020年11月20日閲覧。
  7. ^ Bucks Marvin Williams Retiring From NBA At 34 Saying He's Been Very Blessed”. ESPN.com (2020年9月8日). 2020年9月8日閲覧。
  8. ^ Warriors Name Leandro Barbosa Player Mentor Coach”. NBA.com (2020年9月14日). 2020年9月20日閲覧。
  9. ^ Former Sixth Man of the Year Leandro Barbosa retires”. sports.yahoo.com (2020年9月14日). 2020年9月20日閲覧。
  10. ^ Kevin Seraphin announces decision to retire”. Eurohoops (2020年10月24日). 2020年10月25日閲覧。
  11. ^ Seven-year NBA veteran Kevin Seraphin retires from basketball at age 30”. nba.nbcsports.com (2020年10月24日). 2020年10月26日閲覧。
  12. ^ Pelicans announce 2020-21 coaching staff”. NBA.com (2020年11月16日). 2020年11月16日閲覧。
  13. ^ Dorell Wright calls it a day”. Eurohoops (2020年11月18日). 2020年11月18日閲覧。
  14. ^ Knicks Announce Staff Hirings”. NBA.com (2020年11月26日). 2020年12月6日閲覧。
  15. ^ Andrew Bogut Announces Retirement”. NBA.com (2020年11月30日). 2020年12月1日閲覧。
  16. ^ Andrew Bogut announces retirement from all forms of basketball”. ESPN.com (2020年11月30日). 2020年12月1日閲覧。
  17. ^ Celtics reportedly hiring Evan Turner to assistant coach role”. Boston.com (2020年11月30日). 2020年12月1日閲覧。
  18. ^ Former No. 16 pick, Raptors big Lucas Nogueira retires”. ProBasketballTalk (2021年2月4日). 2021年2月25日閲覧。
  19. ^ Report: Joakim Noah retiring, eventually as a Bull”. RSN (2021年3月1日). 2021年3月16日閲覧。
  20. ^ Shapiro, Alex (2021年3月31日). “Report: Former Bull Thabo Sefolosha retires”. nbcsports.com. 2021年4月2日閲覧。
  21. ^ Brooklyn Nets center LaMarcus Aldridge abruptly retires due to health scare”. ESPN.com (2021年4月15日). 2021年4月16日閲覧。
  22. ^ What we know and don't know about the NBA's return to play” (英語). ESPN.com (2020年6月5日). 2020年6月10日閲覧。
  23. ^ インディアナポリスで開催予定だった2021年のNBAオールスターが2024年へ延期” (2020年11月26日). 2020年12月26日閲覧。
  24. ^ Thunder-Rockets game postponed”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  25. ^ Heat-Celtics game postponed due to Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  26. ^ a b New Orleans vs. Dallas, Boston vs. Chicago games postponed”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  27. ^ Magic-Celtics game postponed due to Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  28. ^ Jazz-Wizards game postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  29. ^ Hawks-Suns game postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  30. ^ a b Wizards-Pistons, Warriors-Suns games postponed due to Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  31. ^ Grizzlies-Timberwolves game postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  32. ^ Pacers-Suns game postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  33. ^ Cavaliers-Wizards games postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  34. ^ 76ers vs. Thunder postponed in accordance with league's Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  35. ^ Cavaliers-Wizards games postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  36. ^ Wizards-Hornets game postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  37. ^ Grizzlies-Blazers game postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  38. ^ Wizards-Bucks game postponed for Health and Safety Protocols”. NBA.com. 2021年1月21日閲覧。
  39. ^ a b c Grizzlies' next 3 games postponed for Health and Safety Protocols | NBA.com”. www.nba.com. 2021年1月21日閲覧。
  40. ^ San Antonio at New Orleans game postponed | NBA.com”. www.nba.com. 2021年1月26日閲覧。
  41. ^ Bulls-Grizzlies game postponed for Health and Safety Protocols | NBA.com”. www.nba.com. 2021年1月26日閲覧。
  42. ^ Pistons-Nuggets game postponed for Health and Safety Protocols | NBA.com”. www.nba.com. 2021年2月2日閲覧。
  43. ^ NBA to adjust schedule for first half of 2020-21 season”. NBA.com (2021年1月27日). 2021年4月13日閲覧。
  44. ^ Spurs-Pistons game postponed for Health and Safety protocols”. NBA.com (2021年2月15日). 2021年4月13日閲覧。
  45. ^ a b c d e Upcoming Spurs and Hornets games postponed”. NBA.com (2021年2月16日). 2021年4月13日閲覧。
  46. ^ Chicago at Toronto game postponed due to Health and Safety Protocols”. NBA.com (2021年2月28日). 2021年4月13日閲覧。
  47. ^ Pistons-Mavs game postponed due to severe weather conditions”. www.nba.com (2021年2月16日). 2021年4月13日閲覧。
  48. ^ Mavericks-Rockets game postponed due to government shutdown”. www.nba.com (2021年2月18日). 2021年4月13日閲覧。
  49. ^ Pacers-Rockets game postponed due to severe weather condition”. www.nba.com (2021年2月19日). 2021年4月13日閲覧。
  50. ^ Timberwolves' game against Nets postponed following police killing of Daunte Wright in Minneapolis suburb”. www.cbssports.com. 2021年4月13日閲覧。
  51. ^ NBAとNBA選手会が合意に達し、オールスターゲームが日本時間3月8日に開催へ” (2021年2月5日). 2021年2月5日閲覧。
  52. ^ Finalists announced for 2020-21 NBA awards”. NBA.com (2021年5月20日). 2021年5月21日閲覧。
  53. ^ Utah Jazz guard Jordan Clarkson wins 2020-21 Kia NBA Sixth Man Award”. NBA.com (2021年5月24日). 2021年5月24日閲覧。
  54. ^ Julius Randle named 2020-21 Kia NBA Most Improved Player”. NBA.com (2021年5月25日). 2021年5月25日閲覧。
  55. ^ Brandon Ingram, Domantas Sabonis named NBA Players of the Week”. NBA.com (2020年12月28日). 2020年12月28日閲覧。
  56. ^ Stephen Curry, Tobias Harris named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年1月4日). 2021年1月4日閲覧。
  57. ^ Luka Doncic, Jayson Tatum named NBA Players of the Week | NBA.com”. www.nba.com. 2021年1月11日閲覧。
  58. ^ Damian Lillard, Kevin Durant named NBA Players of the Week”. www.nba.com. 2021年1月18日閲覧。
  59. ^ Nikola Jokic, Joel Embiid named NBA Players of the Week | NBA.com”. www.nba.com. 2021年1月25日閲覧。
  60. ^ Nikola Jokic, James Harden named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年2月1日). 2021年2月1日閲覧。
  61. ^ Giannis Antetokounmpo, De'Aaron Fox named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年2月8日). 2021年2月8日閲覧。
  62. ^ Devin Booker, Saddiq Bey named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年2月15日). 2021年2月15日閲覧。
  63. ^ Damian Lillard, James Harden named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年2月22日). 2021年2月22日閲覧。
  64. ^ Giannis Antetokounmpo, Devin Booker named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  65. ^ Nikola Jokic, Giannis Antetokounmpo named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年3月22日). 2021年3月22日閲覧。
  66. ^ De'Aaron Fox, Terry Rozier named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年3月29日). 2021年3月29日閲覧。
  67. ^ Luka Doncic, Jrue Holiday named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年4月5日). 2021年4月5日閲覧。
  68. ^ Paul George, Jayson Tatum named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年4月12日). 2021年4月12日閲覧。
  69. ^ Stephen Curry, Julius Randle named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年4月19日). 2021年4月19日閲覧。
  70. ^ Luka Doncic, Bradley Beal named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年4月26日). 2021年4月26日閲覧。
  71. ^ Devin Booker, Jayson Tatum named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年5月3日). 2021年5月4日閲覧。
  72. ^ Russell Westbrook, Bojan Bogdanovic named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年5月10日). 2021年5月10日閲覧。
  73. ^ Damian Lillard, Trae Young named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年5月17日). 2021年5月17日閲覧。
  74. ^ Nikola Jokic, Joel Embiid named Kia NBA Players of the Month”. NBA.com (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  75. ^ Devin Booker, James Harden naemed Kia NBA Players of the Month”. NBA.com (2021年3月2日). 2021年3月2日閲覧。
  76. ^ Nikola Jokic, James Harden named Kia NBA Players of the Month”. NBA.com (2021年4月1日). 2021年4月1日閲覧。
  77. ^ Stephen Curry, Julius Randle named Kia NBA Players of the month”. NBA.com (2021年5月4日). 2021年5月4日閲覧。
  78. ^ a b c NBA announces Players, Rookies and Coaches of the Month”. NBA.com (2021年5月17日). 2021年5月17日閲覧。
  79. ^ LaMelo Ball, Tyrese Haliburton named Kia NBA Rookies of the Month”. NBA.com (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  80. ^ Tyrese Haliburton, LaMelo Ball named Kia NBA Rookies of the Month”. NBA.com (2021年3月2日). 2021年3月2日閲覧。
  81. ^ Anthony Edwards, LaMelo Ball named Kia NBA Rookies of the Month”. NBA.com (2021年4月1日). 2021年4月1日閲覧。
  82. ^ Anthony Edwards, Malachi Flynn named Kia NBA Rookies of the Month”. NBA.com (2021年5月4日). 2021年5月4日閲覧。
  83. ^ Quin Snyder, Doc Rivers named NBA Coaches of the Month”. NBA.com (2021年2月1日). 2021年2月1日閲覧。
  84. ^ Quin Snyder, Steve Nash named NBA Coaches of the Month”. NBA.com (2021年3月2日). 2021年3月2日閲覧。
  85. ^ Monty Williams, Nate McMillan named NBA Coaches of the month”. NBA.com (2021年4月1日). 2021年4月1日閲覧。
  86. ^ Mike Malone, Scott Brooks named NBA Coaches of the month”. NBA.com (2021年5月4日). 2021年5月4日閲覧。
  87. ^ Jumpman logo to appear on some NBA uniforms” (英語). ESPN.com (2020年7月21日). 2020年7月22日閲覧。
  88. ^ Singer, Mike (2020年10月22日). “After 21 years, Pepsi Center to be renamed Ball Arena as part of new partnership”. en:The Denver Post. https://www.denverpost.com/2020/10/22/pepsi-center-renamed-ball-arena-denver-colorado/ 2020年10月22日閲覧。 
  89. ^ Rankin, Duane (2020年11月17日). “Phoenix Suns: New $45-million practice facility ready, adds to excitement”. The Arizona Republic. https://www.azcentral.com/story/sports/nba/suns/2020/11/17/phoenix-suns-new-45-million-practice-facility-ready-adds-excitement/6329853002/ 2020年11月18日閲覧。 
  90. ^ Canadian officials concerned over Raptors' cross-border travel”. ESPN.com (2020年11月13日). 2020年11月20日閲覧。
  91. ^ U.S. Cities Vying to Host the Raptors Next Season”. SI.com (2020年10月27日). 2020年11月20日閲覧。
  92. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Which NBA arenas will allow fans during the 2020-21 season?”. NBA.com. 2021年3月5日閲覧。
  93. ^ TD Garden will allow fans for games beginning March 22nd”. masslive (2021年2月25日). 2021年3月5日閲覧。
  94. ^ a b New York state will allow stadiums, arenas to reopen at 10% capacity on Feb. 23”. CBSSports.com. 2021年2月16日閲覧。
  95. ^ Knicks, Nets cleared to host 2,000 fans at games starting Feb. 23”. sports.yahoo.com. 2021年2月16日閲覧。
  96. ^ West, Melanie Grayce (2021年2月22日). “Covid-19 Tests Take Priority as New York City Arenas Seek Normalcy”. Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/covid-19-tests-take-priority-as-new-york-city-arenas-seek-normalcy-11614002415 2021年3月1日閲覧。 
  97. ^ Fedor, Chris (2021年2月4日). “Cleveland Cavaliers approved for attendance boost at Rocket Mortgage FieldHouse; will be at 14% capacity”. cleveland. 2021年3月5日閲覧。
  98. ^ Trigg, Dalton. “Mavs Welcome Back 1,500 Fans to AAC on Monday”. Sports Illustrated. 2021年2月19日閲覧。
  99. ^ Nuggets, Avalanche to host up to 4,050 fans for games at Ball Arena starting in April”. The Denver Post. 2021年3月18日閲覧。
  100. ^ Warriors Statement On State of California Indoor Live Event Guidelines”. Golden State Warriors. 2021年4月2日閲覧。
  101. ^ a b Tapp, Tom (2021年4月2日). “California To Reopen Indoor Concerts, Sports Venues, Theaters On April 15”. Deadline. 2021年4月2日閲覧。
  102. ^ Money, Luke; Lin, Rong-Gong, II; MartÍn, Hugo (2021年3月5日). “California theme parks, stadiums can reopen as soon as April 1 under revamped COVID-19 rules”. Los Angeles Times. https://www.latimes.com/california/story/2021-03-05/california-theme-parks-stadiums-can-amid-covid 2021年3月30日閲覧。 
  103. ^ a b Lakers, other pro teams preparing for return of spectators”. Los Angeles Times (2021年4月2日). 2021年4月2日閲覧。
  104. ^ Miami Heat redefines VIP in Covid era: Vaccinated important people”. NBC News. 2021年4月1日閲覧。
  105. ^ Miami Heat set to increase capacity to about 3,000 for next four home games”. Miami Herald (2021年2月11日). 2021年4月1日閲覧。
  106. ^ Florida Gov. Ron DeSantis issues order prohibiting 'vaccine passports'”. NBC News. 2021年4月2日閲覧。
  107. ^ Winderman, Ira. “Heat eliminate vaccination-only seating and COVID-detection dogs”. sun-sentinel.com. 2021年4月16日閲覧。
  108. ^ Hart, Megan (2021年2月16日). “Bucks Announce Plans To Phase In Fans At Fiserv Forum”. Wisconsin Public Radio. 2021年2月19日閲覧。
  109. ^ Goldsmith, Jill (2021年2月16日). “Madison Square Garden Welcomes Back Knicks Fans Starting Feb. 23 As New York Reopening Accelerates”. Deadline. 2021年2月16日閲覧。
  110. ^ With Coronavirus Cases Decreasing, Pennsylvania Is Increasing Capacity Limits for Venues”. NBC10 Philadelphia. 2021年3月1日閲覧。
  111. ^ Carchidi, Sam. “About 3,100 fans are allowed back in the Wells Fargo Center, starting with a Flyers game Sunday”. Philadelphia Inquirer. 2021年3月5日閲覧。
  112. ^ Phoenix Suns to double attendance limit to 3,000 fans on Tuesday”. Arizona Sports (2021年2月10日). 2021年2月19日閲覧。
  113. ^ PHOENIX SUNS WELCOME BACK FANS FOR FIRST TIME DURING 2020-21 SEASON”. Phoenix Suns. 2021年2月19日閲覧。
  114. ^ Anderson, Jason (2021年4月2日). “Kings fans can return to Golden 1 Center soon under California’s new COVID-19 guidelines”. Sacramento Bee. 2021年4月2日閲覧。
  115. ^ Noah_Magaro-George (2020年12月28日). “Report: The Spurs indefinitely postpone bringing fans back into the AT&T Center”. Pounding The Rock. 2021年1月9日閲覧。
  116. ^ Mendoza, Madalyn (2021年2月9日). “Here's why you saw fans inside the AT&T Center for the Spurs-Warriors game”. mySA. 2021年3月1日閲覧。
  117. ^ Spurs welcome back fans in-person on March 12”. kens5.com. 2021年3月1日閲覧。
  118. ^ Spurs welcome back fans in-person on March 12”. KENS 5 Eyewitness News. Tegna. 2021年3月1日閲覧。
  119. ^ Lightning elects not to admit fans for foreseeable future”. NHL.com. 2021年1月9日閲覧。
  120. ^ Lightning opening Amalie Arena to 3,800 fans this month”. Tampa Bay Times. 2021年3月5日閲覧。
  121. ^ Jazz to allow limited number of fans at games”. ESPN.com (2020年11月24日). 2021年3月5日閲覧。
  122. ^ Todd, Sarah (2021年2月1日). “Vivint Arena increasing number of fans allowed at Utah Jazz games to nearly 4,000”. Deseret News. 2021年3月5日閲覧。
  123. ^ C・ポール、大型トレードでサンズ移籍”. フランス通信社 (2020年11月17日). 2021年6月20日閲覧。
  124. ^ FA市場解禁前に選手と交渉したバックスにNBAがペナルティ 2022年のドラフト2巡目指名権を剥奪”. NBA Rakuten (2020年12月23日). 2021年6月20日閲覧。
  125. ^ Westbrook becomes 4th with two triple-doubles to begin season”. nbcsports.com (2020年12月26日). 2020年12月27日閲覧。
  126. ^ Russell Westbrook joins Oscar Robertson, starts season with three triple-doubles”. yahoosports.com (2020年12月29日). 2020年12月31日閲覧。
  127. ^ Mavericks set record with 50-point halftime lead over Clippers”. NBA.com (2020年12月27日). 2020年12月27日閲覧。
  128. ^ Stephen Curry third player, fastest ever to reach 2,500 career 3-pointers”. NBA.com (2020年12月27日). 2020年12月27日閲覧。
  129. ^ Bucks set NBA record for 3-pointers in blowout of Heat”. NBA.com (2020年12月29日). 2020年12月30日閲覧。
  130. ^ LeBron James extends record streak of 10-point games to 1,000”. NBA.com (2020年12月30日). 2020年12月31日閲覧。
  131. ^ ハーデンがネッツ移籍、4チーム絡む大型トレードで 米報道”. フランス通信社 (2021年1月14日). 2021年6月20日閲覧。
  132. ^ レイカーズのレブロン・ジェームズが通算3万5000点に到達 NBA史上3人目の快挙”. NBA Rakuten (2021年2月19日). 2021年6月20日閲覧。
  133. ^ ウルブズのマリーク・ビーズリーに12試合の出場停止処分”. NBA Rakuten (2021年2月26日). 2021年6月20日閲覧。
  134. ^ 通算1万アシストをクリアしたポール「これだけ長くプレーできていることに感謝」”. バスケットボールキング (2021年3月22日). 2021年6月20日閲覧。
  135. ^ ロケッツがラプターズを下し20連敗に終止符、トリプル・ダブルで勝利に貢献したジョン・ウォール「やっと手に入れた」”. バスケット・カウント (2021年3月24日). 2021年6月20日閲覧。
  136. ^ 悲願のファイナル進出を狙うナゲッツがアーロン・ゴードンを獲得”. バスケットボールキング (2021年3月26日). 2021年6月20日閲覧。
  137. ^ NBAで史上2度目の3兄弟同時オンコート 「アデトクンボ家」の3人が達成”. スポーツニッポン (2020-0-). 2021年6月20日閲覧。
  138. ^ Russell Westbrook passes Wilt Chamberlain with second 10-20-20 game; Oscar Robertson's triple-double mark next” (英語). www.cbssports.com. 2021年5月9日閲覧。
  139. ^ Russell Westbrook ties Oscar Robertson's triple-double mark” (英語). www.nba.com. 2021年5月9日閲覧。
  140. ^ Russell Westbrook breaks Oscar Robertson's triple-double record” (英語). www.nba.com. 2021年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]