コール・アンソニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コール・アンソニー
Cole Anthony
Cole Anthony (51256737515) (cropped).jpg
オーランド・マジックでのアンソニー
(2021年)
オーランド・マジック  No.50
ポジション PG
所属リーグ NBA
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (2000-05-15) 2000年5月15日(22歳)
出身地 オレゴン州の旗 オレゴン州ポートランド
身長 191cm (6 ft 3 in)
体重 84kg (185 lb)
キャリア情報
高校 アーチビショップ・モロイ高等学校英語版
オークヒル・アカデミー英語版
大学 ノースカロライナ大学 (2019-2020)
NBAドラフト 2020年 / 1巡目 / 全体15位[1]
プロ選手期間 2020年–現在
経歴
2020-オーランド・マジック
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

コール・ヒントン・アンソニーCole Hinton Anthony, 2000年5月15日 - )は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身のプロバスケットボール選手。NBAオーランド・マジックに所属している。ポジションはポイントガード

経歴[編集]

学生時代[編集]

2020年1月、膝の怪我のため試合に出れずベンチに座るアンソニー。

2019年11月6日、ノースカロライナ大学でのシーズンデビュー戦で、アンソニーは34得点、11リバウンド、5アシストを記録し、ノートルダム大学に76対65で勝利した[1]。34得点という記録は2002年のラシャード・マキャンツが保持していたノースカロライナ大学のシーズンデビュー記録上回り、ACCに所属する大学においては2018年デューク大学出身のR・J・バレットが記録した34得点と同点でありデビュー戦得点記録を樹立した[2]。11月11日、ノートルダム大学ノースカロライナ大学英語版に勝利し平均27得点、10.5リバウンド、4アシストを記録し、週間ACC最優秀選手に選ばれた[3]。11月15日、ガードナー・ウェブ大学英語版に77対61で勝利し、1年生で開幕から3試合で20得点以上を記録した大学史上初の選手となった[4]

12月17日、右膝の半月板損傷で手術を受けることになり、復帰まで4~6週間欠場することになった[5]。2020年2月1日、怪我から回復しボストン・カレッジ戦では71対70で敗れたが、26得点(その内フリースロー14本)、5リバウンド、3アシストを記録した[6]。2月8日、当時全米7位のデューク大学戦にて24得点、11リバウンドを記録したが98対96で敗れてしまった。アンソニーはシーズン中22試合に出場して1試合平均18.5得点、5.7リバウンド、4アシストを記録したがチームは14勝19敗で終えた。この成績はロイ・ウィリアムズ英語版HC就任以来初の負け越しを記録することとなった[7]。 2020年4月17日、2020年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明した[8][9]

マジック時代[編集]

ドラフトでは1巡目全体15位でオーランド・マジックから指名されて入団した。1年目の2020-21シーズン、2021年2月に肋骨骨折(右の1本)を負い[10]、2ヶ月弱を欠場した。シーズン最後の試合となった5月16日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で自身初の30得点以上となる37得点を記録した[11]。このシーズンは47試合(34先発)に平均27.1分の出場で、12.9得点・4.7リバウンド・4.1アシストなどを記録した。欠場数の多さが響き、NBAオールルーキーチームには選ばれなかった。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2020–21 ORL 47 34 27.1 .397 .337 .832 4.7 4.1 .6 .4 12.9
通算 47 34 27.1 .397 .337 .832 4.7 4.1 .6 .4 12.9

カレッジ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2019–20 ノースカロライナ 22 20 34.9 .380 .348 .750 5.7 4.0 1.3 .3 18.5

人物[編集]

アンソニーの父親、グレッグ・アンソニーは元NBA選手であり、引退後はNBA TVなどのアナリストとして働いている[12][13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Freshman Anthony scores 34 points, No. 9 UNC beats Irish”. ESPN. Associated Press. (2019年11月6日). https://www.espn.com/mens-college-basketball/recap?gameId=401168159 2019年11月6日閲覧。 
  2. ^ UNC-Notre Dame Postgame Notes”. University of North Carolina Athletics (2019年11月6日). 2019年11月14日閲覧。
  3. ^ UNC’s Cole Anthony Named ACC Player and Freshman of Week”. Atlantic Coast Conference (2019年11月11日). 2020年3月24日閲覧。
  4. ^ Search Results Web results UNC vs. Gardner-Webb Postgame Notes”. University of North Carolina Athletics (2019年11月16日). 2020年3月24日閲覧。
  5. ^ UNC's Cole Anthony out 4-6 weeks after knee surgery”. ESPN (2019年12月17日). 2020年3月24日閲覧。
  6. ^ Cole Anthony's impressive return ends in painful fashion for North Carolina against Boston College”. CBS Sports (2020年2月1日). 2020年3月24日閲覧。
  7. ^ North Carolina's Cole Anthony delaying draft announcement”. ESPN (2020年3月24日). 2020年4月5日閲覧。
  8. ^ North Carolina's Cole Anthony declares for 2020 NBA draft”. 2020年4月17日閲覧。
  9. ^ ノースカロライナ大のコール・アンソニーがNBAドラフト2020へのアーリーエントリーを表明”. 2020年4月17日閲覧。
  10. ^ Magic rookie Cole Anthony (fractured rib) out indefinitely”. NBA.com (2021年2月17日). 2021年9月19日閲覧。
  11. ^ Cole Anthony Scores 37 in Magic’s Season Finale”. オーランド・マジック (2021年5月16日). 2021年9月19日閲覧。
  12. ^ Rising Son: Cole Anthony remains grounded as he follows his father’s footsteps”. NBC Sports (2019年11月6日). 2019年11月6日閲覧。
  13. ^ Greg Anthony Stats”. Basketball Reference. 2019年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]