ジェームズ・ジョーンズ (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェームズ・ジョーンズ
James Jones
James Jones.jpg
マイアミ・ヒート時代のジョーンズ
フェニックス・サンズ
役職 球団副社長
ポジション(現役時) SF
身長(現役時) 203cm (6 ft 8 in)
体重(現役時) 98kg (216 lb)
ウィングスパン(現役時) 208cm  (6 ft 10 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 James Andrew Jones
愛称 JJ
ラテン文字 James Jones
誕生日 (1980-10-04) 1980年10月4日(38歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州の旗 フロリダ州マイアミ
出身 マイアミ大学 (フロリダ州)
ドラフト 2003年 49位 
選手経歴
2003-2005
2005-2007
2007-2008
2008-2014
2014-2017
インディアナ・ペイサーズ
フェニックス・サンズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
マイアミ・ヒート
クリーブランド・キャバリアーズ
受賞歴

ジェームズ・アンドリュー・ジョーンズJames Andrew Jones1980年10月4日 - )はアメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身の元バスケットボール選手。NBAクリーブランド・キャバリアーズなどで活躍し、2017年からフェニックス・サンズの球団副社長を務めている。身長203cm、体重98kg。ポジションはスモールフォワード

経歴[編集]

マイアミ大学卒業後、2003年のNBAドラフトインディアナ・ペイサーズから2巡目49位で指名されてNBA入り。2年目には纏まった出場時間が与えられるようになり、3ポイントシュート成功率39.8%(リーグ25位)をマークした。

2005年8月25日、ドラフト2巡目指名権とのトレードでフェニックス・サンズに移籍。

2007年6月、ルディ・フェルナンデスとともに金銭トレードでポートランド・トレイルブレイザーズに移籍。自身のキャリア最高の3ポイントシュート成功率44.4%(リーグ3位)をマークし、リーグ屈指のシューターとして知られるようになった。

2008年オフにジョーンズはプレーヤーオプションの権利を行使せずフリーエージェントとなりマイアミ・ヒートと契約。地元マイアミ出身選手として人気を博し、2012年からのヒート2連覇に貢献した。

2014年7月、レブロン・ジェームスの後を追ってクリーブランド・キャバリアーズと1年契約を結んだ。

2016年、6年連続ファイナル進出(ビル・ラッセルボブ・クージー以来)という偉業&自身3つ目となるチャンピオンリング獲得。

2016年7月、レブロン・ジェームスと共に7年連続ファイナル進出&4つ目の優勝を目指すため1年契約を結んだが、ゴールデンステート・ウォリアーズにリベンジを喫した。

2017年7月19日、現役を引退し、フェニックス・サンズの副社長に就任したことが発表された[1]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2003–04 IND 6 0 4.3 .222 .250 1.000 .3 .0 .2 .0 0.00 1.2
2004–05 IND 75 24 17.7 .396 .398 .855 2.3 .8 .4 .4 0.57 4.9
2005–06 PHX 75 24 23.6 .418 .386 .851 3.4 .8 .5 .6 0.47 9.3
2006–07 PHX 76 7 18.1 .368 .378 .877 2.3 .6 .4 .6 0.37 6.4
2007–08 POR 58 3 22.0 .437 .444 .878 2.8 .6 .4 .3 0.48 8.0
2008–09 Miami 40 1 15.8 .369 .344 .839 1.6 .5 .3 .4 4.2
2009–10 Miami 36 6 14.0 .361 .411 .821 1.3 .5 .3 .1 4.1
2010–11 Miami 81 8 19.1 .422 .429 .833 2.0 .5 .4 .2 5.9
2011–12 Miami 51 10 13.1 .380 .404 .833 1.0 .4 .3 .2 3.6
2012–13 Miami 38 0 5.8 .344 .302 .500 .6 .3 .1 .2 1.6
2013–14 Miami 20 6 11.8 .456 .519 .636 1.2 .5 .2 .2 4.9
2014–15 Cleveland 57 2 11.7 .368 .360 .848 1.1 .4 .2 .1 4.4
2015–16 Cleveland 48 0 9.6 .408 .394 .808 1.0 .3 .2 .2 3.7
Career 661 91 16.2 .399 .398 .846 1.9 0.5 0.3 0.3 5.4


NBAプレイオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2004–05 IND 13 0 16.5 .413 .400 .444 2.1 .8 .5 .5 0.31 4.0
2005–06 PHX 20 6 17.7 .341 .308 .846 3.6 .3 .2 .9 0.45 4.3
2006–07 PHX 11 6 15.5 .528 .444 .818 1.4 .3 .2 .2 0.36 5.0
2008 Phoenix 11 6 15.5 .528 .444 .818 1.4 .3 .2 .2 5.0
2009 Miami 7 7 33.6 .531 .500 .917 2.3 .7 .4 .1 9.6
2010 Miami 1 0 9.0 .000 .000 1.000 .0 .0 .0 .0 2.0
2011 Miami 12 0 22.7 .471 .459 1.000 2.5 .2 .5 .2 6.5
2012 Miami 20 0 8.7 .372 .300 1.000 1.0 .1 .2 .1 2.6
2013 Miami 9 0 3.7 .429 .750 .000 .3 .0 .0 .1 1.0
2014 Miami 15 0 8.4 .450 .469 .667 .7 .3 .2 .1 3.5
2015 Cleveland 20 0 15.6 .347 .344 .929 1.5 .5 .4 .2 4.4
2016 Cleveland 12 0 4.6 .200 .143 .250 .3 .3 .0 .0 .5
Career 140 19 13.9 .407 .391 .845 1.6 .3 .3 .3 3.9

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]