ショーン・マークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショーン・マークス
Sean Marks
Smarks.jpg
現役時代 (フェニックス・サンズ) のマークス
ブルックリン・ネッツ GM
役職 ゼネラルマネージャー
ポジション(現役時) PF/C
身長(現役時) 208cm (6 ft 10 in)
体重(現役時) 113.4kg (250 lb)
基本情報
本名 Sean Andrew Marks
ラテン文字 Sean Marks
誕生日 (1975-08-23) 1975年8月23日(42歳)
 ニュージーランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オークランド
出身 カリフォルニア大学バークレー校
ドラフト 1998年 44位 
選手経歴
1998-2000
2000-2001
2001-2003
2003-2006
2006-2008
2008-2010
2010-2011
トロント・ラプターズ トロント・ラプターズ
スラスク・ヴロツワフ スラスク・ヴロツワフ
マイアミ・ヒート マイアミ・ヒート
サンアントニオ・スパーズ サンアントニオ・スパーズ
フェニックス・サンズ フェニックス・サンズ
ニューオーリンズ・ホーネッツ ニューオーリンズ・ホーネッツ
ポートランド・トレイルブレイザーズ ポートランド・トレイルブレイザーズ
指導者経歴
2013-2014
2014-2016
2016-
サンアントニオ・スパーズ(AC)
サンアントニオ・スパーズ(A-GM)
ブルックリン・ネッツ(GM)
受賞歴
キャリアスタッツ

NBA通算

  • 得点:638 (2.8 ppg)
  • リバウンド:501 (2.2 rpg)
  • ブロック:87 (.4 bpg)
代表歴
キャップ ニュージーランドの旗 2000-2004

ショーン・マークスSean Marks)ことショーン・アンドリュー・マークスSean Andrew Marks、1975年8月23日 - )は、ニュージーランドオークランド出身の元プロバスケットボール選手、指導者。NBAブルックリン・ネッツのGM。選手時代のポジションはパワーフォワードセンター。身長208cm、体重114kg。ニュージーランド人史上初のNBAプレイヤー。

経歴[編集]

高校時代までオークランドで暮らした後、1995年アメリカ合衆国カリフォルニア大学バークレー校に入学し、政治学を専攻した。大学には4年間在籍し、1998年のNBAドラフトではニューヨーク・ニックスより全体44位指名を受けた。その後、トロント・ラプターズへトレードされてプロキャリアがスタートした。ニュージーランド代表にも選出され、2000年シドニーオリンピック2002年バスケットボール世界選手権2004年アテネオリンピックに出場した。

2000年までの2シーズンをラプターズでプレイしたが、オフに解雇された。そのため2000-01シーズンはポーランドリーグのスラスク・ヴロツワフと契約。シーズン中にシアトル・スーパーソニックスと契約したが出場することなく解雇され、再びポーランドへ戻った。

翌年の2001-02シーズンはマイアミ・ヒートと契約。21試合に出場し、初先発も果たした。2003年9月にはサンアントニオ・スパーズと契約。しかしこの年は左膝蓋骨腱炎の治療のために1試合も出場することができなかった。なお、スパーズ在籍中の2005年にはチャンピオンリングを獲得している。2005-06シーズンには、2006年2月8日にキャリアハイとなる16得点を記録した。

2006年から2008年はフェニックス・サンズ、2008年から2010年はニューオーリンズ・ホーネッツに所属。2010-2011年シーズン のポートランド・トレイルブレイザーズ所属を最後に引退した[1]

2012年サンアントニオ・スパーズのバスケットボールオペレーションズディレクターおよびDリーグオースティン・トロスのGMに就任し[2]、2013年アシスタントコーチになり、2014年の優勝に貢献した。2014年アシスタントGMに就任。

2016年2月18日、ブルックリン・ネッツのGMに就任した[3]

備考[編集]

  • NBAでのキャリアは長いが、1シーズンの出場試合数の最高は25試合のみ。主にベンチでチームに貢献する。
  • 二児の父親。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]