スタン・ヴァン・ガンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スタン・ヴァン・ガンディ
Stan Van Gundy
Stan Van Gundy.jpg
兼務 CEO
--
--
基本情報
本名 Stanley Alan Van Gundy
愛称 SVG
ラテン文字 Stan Van Gundy
誕生日 (1959-08-26) 1959年8月26日(59歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州インディオ
出身 ブロックポート大学 (ニューヨーク州)
ドラフト  
指導者経歴
1995-2003
2003-2005
2007-2012
2014-
マイアミ・ヒート(AC)
マイアミ・ヒート
オーランド・マジック
デトロイト・ピストンズ
受賞歴

スタン・ヴァン・ガンディStanley Alan Van Gundy1959年8月26日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州インディオ出身のバスケットボール指導者。元ヒューストン・ロケッツのヘッドコーチ、ジェフ・ヴァン・ガンディは実弟。

経歴[編集]

カレッジ時代[編集]

ビル・ヴァン・ガンディも大学でバスケットボールの指導者をしており、文字通りコーチの家系に育つ。ヴァン・ガンディのコーチとしてのキャリアはバーモント大学で始まり、その後1995年まで各地のカレッジ・大学でコーチを務めた。

マイアミ・ヒート[編集]

1995年NBAマイアミ・ヒートのアシスタント・コーチに招かれ、2003年までパット・ライリーを補佐した。2003年、ライリーを引き継ぎ、ヘッドコーチとなり、2005年まで務めた。2004年、2005年といずれもプレーオフ進出を果たし、2004年はルーキーのドウェイン・ウェイドの活躍でカンファレンスセミファイナルまで、進んだが、インディアナ・ペイサーズに惜しくも敗れた。2005年はシャキール・オニールを獲得し、カンファレンスファイナルまで進んだが、デトロイト・ピストンズに敗れた。マイアミ・ヒートでは、112勝73敗(.605)の成績を残した。

オーランド・マジック[編集]

2007年5月にペイサーズからリック・カーライルの後任ヘッドコーチにとオファーを受けたが断り、オーランド・マジックのヘッドコーチに就任した。2007-08シーズンはドワイト・ハワードジャミーア・ネルソンコンビの活躍で52勝という好成績でディビジョン優勝を果たし、第3シードでプレーオフに進んだ。1stラウンドでトロント・ラプターズを4-1で下したが、カンファレンスセミファイナルでデトロイト・ピストンズに1-4で敗れた。

2008-09シーズンは、主力の安定した活躍とコートニー・リーの新人らしからぬ働きで、59勝23敗第3シードでレギュラーしズンを終え、プレーオフに進んだ。フィラデルフィア・セブンティシクサーズボストン・セルティックスクリーブランド・キャバリアーズを次々と撃破し、14年ぶりのカンファレンス優勝にチームを導いた。しかし、NBAファイナルパウ・ガソルらの補強で強さをましたロサンゼルス・レイカーズに1勝しただけで敗れた。

2009-10シーズンはビンス・カーターを獲得し、3シーズン連続で50勝以上をあげレギュラーシーズを第2シード獲得で切り抜け、プレーオフに進んだ。シャーロット・ボブキャッツアトランタ・ホークスをスイープで退けたが、カンファレンスファイナルで、ボストン・セルティックスに敗れた。

2010-11シーズンは、4年連続50勝以上は上げたが、度重なるトレードの失敗も響きプレーオフは1stラウンドでアトランタ・ホークスに敗れた。

2011-12シーズンはロックアウトや、ハワードのトレード要求などに振り回され、低調な成績に終わり、プレーオフも1stラウンドで敗退し、GMのオーティス・スミスと共に、解任された。 マジックでの通算戦績は、259勝135敗(.657)であった。

デトロイト・ピストンズ[編集]

2014年5月14日、5年、3500万ドルの契約でデトロイト・ピストンズのヘッドコーチ、球団社長への就任が決まり発表された[1][2]

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]