ラメロ・ボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラメロ・ボール
LaMelo Ball
LaMelo Ball (cropped).jpg
NBAオールスターゲームでのボール
(2022年)
シャーロット・ホーネッツ  No.1
ポジション PG
所属リーグ NBA
基本情報
愛称 Melo
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (2001-08-22) 2001年8月22日(20歳)
出身地 カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州アナハイム
身長 201cm (6 ft 7 in)
体重 82kg (181 lb)
ウィングスパン 198cm  (6 ft 6 in)[1]
シューズ プーマ[2]
キャリア情報
高校 チノヒルズ高等学校英語版
スパイア・アカデミー
NBAドラフト 2020年 / 1巡目 / 全体3位[1]
プロ選手期間 2018年–現在
経歴
2018BCプリエナイ
2018ロサンゼルス・ボーラーズ
2019-2020イラワラ・ホークス
2020-シャーロット・ホーネッツ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

ラメロ・ラフランス・ボールLaMelo LaFrance Ball,2001年8月22日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイム出身のプロバスケットボール選手。NBAシャーロット・ホーネッツに所属している。ポジションはポイントガード

シカゴ・ブルズ所属のロンゾ・ボールと、Gリーグでプレーしているリアンジェロ・ボールは実兄である。

経歴[編集]

幼少期 3歳で三兄弟の兄ロンゾボール、リアンジェロボールに影響されバスケットボールを始める


イラワラ・ホークス[編集]

イラワラ・ホークスでのボール (2019年10月)

2019年6月17日、オーストラリアを拠点とするナショナル・バスケットボール・リーグNBL)のイラワラ・ホークスと2年間の契約を結んだ[3]。ボールはNBLでプロ経験を積んでからNBAに挑戦する道を選んだ[4][5]。9月下旬、NBLのプレシーズントーナメントのパース・ワイルドキャッツ戦にて、19得点、13リバウンド、7アシストを記録した[6]

10月6日、レギュラーシーズン開幕のブリスベン・バレッツ戦にて、12得点、10リバウンド、5アシストを記録したが試合は敗北した[7]。11月25日、ケアンズ・タイパンズ戦にてシーズン最高の32得点、11リバウンド、13アシストを記録した。また、NBL史上最年少でのトリプル・ダブル達成ともなった[8]。そして次の試合のニュージーランド・ブレイカーズ戦では、25得点、12リバウンド、10アシストを記録しトリプルダブルを達成したが試合は敗北した。

12月8日、足を打撲したため約4週間の欠場することとなった。2020年1月16日、残りのシーズンを離脱することを決め、2020年のNBAドラフトアーリーエントリーを発表した。ボールはNBLのシーズン中12試合に出場し、平均17得点、7.4リバウンド、6.8アシスト、シュート成功率37.7%を記録した[9]。そしてシーズン終了後、NBLの新人王に選ばれた[10]

シャーロット・ホーネッツ[編集]

2020年のNBAドラフトで、シャーロット・ホーネッツに全体3位で指名された[11]

1月10日のアトランタ・ホークス戦でキャリア初のトリプルダブルとなる22得点、12リバウンド、11アシストを記録した[12]。また、これはマーケル・フルツが持っていたトリプルダブルの史上最年少記録(19歳と317日)を塗り替え19歳と140日で達成した。この記録は後に、ジョシュ・ギディー (19歳84日) に破られた[13][14]

ホーネッツの2021-22シーズン開幕戦では、キャリアハイの7本のスリーポイントを沈め、31得点、9リバウンド、7アシストを記録し、インディアナ・ペイサーズに123-122で勝利を収めた[15]

NBA個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2020–21 CHA 51 31 28.8 .436 .352 .758 5.9 6.1 1.6 .4 15.7
2021–22 75 75 32.3 .429 .389 .872 6.7 7.6 1.6 .4 20.1
通算 126 106 30.9 .431 .378 .826 6.4 7.0 1.6 .4 18.3

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Report: LaMelo Ball wingspan, height both measured at 6'6" during predraft workouts” (英語). lonzowire.usatoday.com (2020年11月18日). 2021年11月23日閲覧。
  2. ^ Lamelo Ball Collection | PUMA
  3. ^ LaMelo Ball commits to play in Australian NBL” (英語). ESPN (2019年6月17日). 2019年6月18日閲覧。
  4. ^ Illawarra Hawks Sign Lamelo Ball” (英語). Illawarra Hawks (2019年6月17日). 2019年6月17日閲覧。
  5. ^ NBL to Fast Track Next Stars of the NBA” (英語). National Basketball League (2018年3月2日). 2019年5月29日閲覧。
  6. ^ NBA Scouts Heap Praise On LaMelo Ball After NBL Blitz” (英語). National Basketball League (2019年9月27日). 2019年10月13日閲覧。
  7. ^ LaMelo on show, Bullets down Hawks in NBL” (英語). Seven News (2019年10月6日). 2019年10月6日閲覧。
  8. ^ Ball Makes History as Hawks Prevail in OT” (英語). National Basketball League (2019年11月25日). 2019年11月25日閲覧。
  9. ^ LaMelo Ball Leaves NBL's Illawarra Hawks to Prepare for 2020 NBA Draft” (英語). Bleacher Report (2020年1月28日). 2020年1月28日閲覧。
  10. ^ Bryce Cotton wins MVP, LaMelo Ball takes Rookie of the Year - 2019-20 NBL Awards Recap” (英語). Fox Sports (2020年2月16日). 2020年2月16日閲覧。
  11. ^ 【NBAドラフト2020】指名結果一覧”. sportingnews.com/ (2020年11月19日). 2020年11月19日閲覧。
  12. ^ Charlotte Hornets' LaMelo Ball, 19, youngest ever to record triple-double”. ESPN.com (2021年1月9日). 2021年1月10日閲覧。
  13. ^ Samillano, Gerard (2022年1月2日). “Thunder rookie Josh Giddey steals LaMelo Ball’s thunder via epic new record”. ClutchPoints. 2022年1月2日閲覧。
  14. ^ サンダー新人のジョシュ・ギディーが新記録、史上最年少でのトリプルダブル達成” (日本語). sportingnews.com (2022年1月3日). 2022年1月24日閲覧。
  15. ^ Ward-Henninger, Colin (2021年10月20日). “LaMelo Ball draws 'MVP' chants during third-quarter takeover in Hornets' improbable opening night comeback win”. CBS Sports. 2021年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]