ジェームズ・ハーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェームズ・ハーデン
James Harden
James Harden Rockets cropped.jpg
ヒューストン・ロケッツ  No.13
ポジション SG/PG
背番号 13
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 100kg (220 lb)
ウィングスパン 210cm  (6 ft 11 in)[1]
シュート
シューズ アディダス
基本情報
本名 James Edward Harden,Jr.
愛称 The Beard
ラテン文字 James Harden
誕生日 (1989-08-26) 1989年8月26日(28歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
出身 アリゾナ州立大学
ドラフト 2009年 3位 
選手経歴
2009-2012
2012-
オクラホマシティ・サンダー
ヒューストン・ロケッツ
受賞歴
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2012

ジェームズ・エドワード・ハーデン・ジュニアJames Edward Harden,Jr.1989年8月26日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のバスケットボール選手。NBAヒューストン・ロケッツに所属している。ポジションはシューティングガードポイントガード

学生時代[編集]

高校はカリフォルニア州レイクウッドのアルティシア高校に進学。3年生のシーズンには18.8得点7.7リバウンドまで成績を伸ばし、同校を33勝1敗の戦績と州タイトルに導いた。高校最後のシーズンも18.8得点7.9リバウンドと成績を維持し、2年連続の州タイトルを獲得。ハーデン自身はマクドナルドのオールアメリカンに選ばれている。

ハーデンは高校でプレイする傍らでアマチュア・アスレチック・ユニオンのチーム、『Pump-N-Run Elite』でもプレイしており、2006年のラスベガスアディダス・スーパー64チャンピオンシップでは、準々決勝で33得点、準決勝で34得点を稼ぎ出し、決勝でケビン・ラブ擁する『南カリフォルニア・オールスターズ』を破り、優勝を果たした。同チームにはマイケル・ビーズリーらも所属した。

アリゾナ州立大学[編集]

大学でのプレイ。シュートを打っている選手がハーデン。

大学はアリゾナ州立大学に進学。1年目の2007-08シーズンからチームのエースとして活躍し、17.8得点5.3リバウンドの成績を残してパシフィック・テン・カンファレンスの1stチーム、全米バスケットボールコーチ協会、全米バスケットボール記者協会の1stチームに選ばれた。ハーデンが加入する以前のアリゾナ州立大はカンファレンス9位の成績だったが、このシーズンはハーデンの活躍で5位まで浮上している。NCAAトーナメント進出は逃したものの、ナショナル・インビテーション・トーナメント(NCAAトーナメントと並ぶ全米規模のトーナメント。NCAAトーナメントに出場できなかった大学から出場校が選抜される)には選抜され、3回戦まで進出した。

2年目の2008-09シーズンには20.6得点5.6リバウンド4.2アシスト1.7スティールを記録してカンファレンス史上5人目となる得点王とスティール王の二冠を達成し、カンファレンスの年間最優秀選手とAP通信選出のオールアメリカンに選ばれた。出場を果たしたNCAAトーナメントでは2回戦まで進出している。

ハーデンはアリゾナ州立大のスター選手となり、キャンパスでは「Die Harden Fan」(Diehard fan=根っからのファン、何があってもやめないファンの意のアナグラム)とプリントされたTシャツが出回った。またメジャースポーツ誌の『スポーツ・イラストレイテッド』の表紙を飾ったことでも話題となった。

NBAキャリア[編集]

オクラホマシティ・サンダー[編集]

アリゾナ州立大では2年間だけプレイし、シーズン開幕前に2009年のNBAドラフトにアーリーエントリー。オクラホマシティ・サンダーから全体3位指名を受けてNBA入りを果たした。サンダーは前年2008年のNBAドラフト後に前身のシアトル・スーパーソニックスから現在のチーム名と本拠地に変更しており、ハーデンはサンダー史上初のドラフト指名者となった。

プレドラフトキャンプ時のデータ[1]
ウイングスパン 垂直跳び コート3/4(約21m)走 ベンチプレス(84kg)
6' 5.25"(約210cm) 31.5inch(約80.0cm) 3.13秒 17回

2009-10シーズン[編集]

3位指名を受けてNBA入りをし多くの期待を受けたが、ベンチからの出場が多く9.9得点3.2リバウンド1.8アシストと3位指名としては物足りない数字となったが、チームは5年振りにシーズン6割を達成し、プレーオフ進出を決めた。またオールルーキー2ndチームに選ばれた。

2010-11シーズン[編集]

2年目のシーズンも82試合中77試合ベンチからの出場だったがシックスマン賞の候補に選ばれるほど成長し、12.2得点3.1リバウンド2.1アシストと成績を上昇させ、チームも21世紀に入って最高となる55勝27敗で地区優勝を果たした。プレーオフでも暴走気味でゲームメイクを放棄したウェストブルックに変わって途中出場からゲームを落ち着かせ、またシーズンから得点をアップさせ、順調に勝ち進み15年ぶりカンファレンスファイナルに進出したチームにとって重要な役割を果たした。

2011-12シーズン[編集]

2011-12シーズンはロックアウトにより短縮されたレギュラーシーズンの62試合のうち先発出場はわずか2試合であったが、1試合平均出場時間は31.4分、平均得点は16.8点の活躍を見せNBAシックスマン賞を受賞した[2]。2012年4月22日のロサンゼルス・レイカーズ戦、メッタ・ワールド・ピースに頭部を肘打ちされ脳しんとうを起こし、残りのレギュラーシーズンを欠場した。その後プレーオフで復帰し、レイカーズ、サンアントニオ・スパーズを相手に終盤の競ったゲーム展開の中得点を重ね、チームのオクラホマ移転後初となるNBAファイナル進出に大きく貢献した。しかしNBAファイナルでは不調に陥り、マイアミ・ヒートの前に敗れ去った。

ヒューストン・ロケッツ[編集]

契約延長でMAX契約を望むハーデン側とサンダーとの溝が埋まらず、2012-13シーズン開幕前にヒューストン・ロケッツに放出された[3]

2012-13シーズン[編集]

契約延長期限間近にしてヒューストン・ロケッツにトレードされたハーデンだが、開幕戦からいきなり37得点6リバウンド12アシストという数字を叩きだし、その次の試合でも45得点7リバウンドと活躍を見せる。最終的にシーズン平均で25.9得点4.9リバウンド5.8アシストという数字を残し、その上昨季まで34勝32敗だったロケッツを45勝37敗と押し上げ、見事チームを2008-2009シーズン以来のPO進出へと導いたがファーストラウンドで古巣のサンダーを前に2勝4敗と敗れさった。 なお、この年ハーデンは自身初のNBAオールスターゲーム出場とオールNBAチーム選出(3rd)を果たした[4]

2014-15シーズン[編集]

もう1人のチームの中心であったドワイト・ハワードが41試合の欠場に留まるなど、チームは怪我に泣かされたが、ハーデン自身は81試合とほぼ全試合出場し、チームはウェスタン・カンファレンス2位の成績となる56勝26敗をあげた。 また、2015年3月19日のデンバー・ナゲッツ戦ではキャリアハイ(当時)となる50得点を、その数週間後の2015年4月1日のサクラメント・キングス戦ではそれを更新する51得点を記録するなど、MVPレベルの活躍を披露。 MVP投票では惜しくもステフィン・カリーに次いで2位という結果になってしまったが、自身3回目のオールスター出場と自身2回目のオールNBAファーストチーム(オールNBAチームとしては3回目)を果たした[5]。POではCFまで進出するも、カリー擁するGSWに1勝4敗と敗れてしまう。ハーデン自身も最終戦で12TOを記録してしまうなど不甲斐ない部分がみられた。

2015年に、アディダスと13年総額2億ドルのスポンサー契約を締結した。

2016-17シーズン[編集]

2016年7月9日、ロケッツと2019-20シーズンまでの4年1億1800万ドルの延長契約を結んだ(4年目の3270万ドルはハーデンに選択権あり)[6]。このシーズンからロケッツのHCに就任したマイク・ダントーニの方針でシューティングガードではなくポイントガードとして起用されることとなるが、この選択が彼のゲームメイカーとしての才能を引き出すことになった。

12月31日のニューヨーク・ニックス戦では53得点16リバウンド17アシストを記録し、リーグ初の 1試合50得点15リバウンド15アシスト" の快記録を達成した[7][8]

2017-18シーズン[編集]

2017年7月8日、ロケッツと2022-23シーズンまでの4年1億6900万ドルの契約延長を結び、残っていた契約と合わせて総額はNBA史上最高額の6年2億2800万ドルとなった(従来の最高はステフィン・カリーの2億100万ドルで、同年9月にはラッセル・ウェストブルックに更新された[9][10]。 2017年11月5日のユタ・ジャズ戦では、自己最多の56得点を記録した[11]。2018年2月18日にロサンゼルスステイプルズ・センターで行われるNBAオールスターゲームに先発出場することが発表された[12]。2018年1月30日にホームで行われたオーランド・マジック戦で60得点、11アシスト、10リバウンドを記録、NBA史上初となる60得点でのトリプルダブルを達成した。この記録は同時に1978年にカルビン・マーフィーが記録した57得点を3点上回る1試合球団史上最多得点であり、ハーデンにとっては昨年の11月に行われたジャズ戦で記録した56得点を4点上回るキャリアハイの記録ともなった。ハーデンはこの試合でクリス・ポールトレヴァー・アリーザを欠き、更に試合途中にはエリック・ゴードンが負傷退場となるなど、ハーデン以外の主力選手を3人も欠くなかでの試合となったが、第1クォーターから17得点するなど奮闘、第4クォーターには18得点を記録、最終的に46分26秒とほぼ全時間に出場しチームの114-107での勝利に貢献した[13]。2月25日に行われたデンバー・ナゲッツ戦で41得点、8リバウンド、7アシストを記録、試合はロケッツが119-114で勝利しチームの連勝を12に伸ばした[14]。3月9日に行われたトロント・ラプターズ戦で40得点を記録、試合はラプターズに108-105で敗れ、チームの連勝記録は17でストップした[15]。3月17日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦で32得点、11リバウンド、8アシストを記録、試合はロケッツが107-101で勝利した[16]。3月18日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ戦で34得点、12アシスト、2スティールを記録、試合はロケッツが129-120で勝利した[17]。3月20日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で42得点を記録、試合はロケッツが115-111で勝利した[18]。3月25日に行われたアトランタ・ホークス戦でトリプル・ダブルとなる18得点、15アシスト、10リバウンドを記録、試合はロケッツが118-99で勝利し、チーム史上初となるレギュラーシーズン60勝を達成した[19]。4月3日に行われたワシントン・ウィザーズ戦で38得点、10リバウンド、9アシストを記録、試合はロケッツが120-104で勝利した[20]。シーズン平均30.4得点を記録しキャリア初の得点王を獲得した。モーゼス・マローンが1981-82シーズンに記録した平均31.1得点に次ぐチーム歴代2番目の記録となった[21]

プレーオフ1回戦、対ミネソタ・ティンバーウルブズの初戦で44得点を記録、試合はロケッツが104-101で勝利した[22]。第4戦で36得点を記録、ロケッツは第3クォーターだけで50点を記録し119-100で勝利した[23]。2回戦、対ユタ・ジャズの初戦でプレーオフ6度目の40得点超えとなる41得点を記録、試合は110-96で勝利した[24]

プレースタイル[編集]

210cmのウィングスパン[25]を活かした、攻撃のバリエーションが豊富なレフティーのスコアラー。ポジションはSGだが状況に応じてPGやSFまでこなすことができる。オフェンスでは様々な引き出しを持ち、ピックアンドロールを使いオフェンスを組み立てるのを好む。ドライブから引き付けてのパスや独特のリズムでのレイアップに持ち込んで得点するスラッシャーとしての一面もあれば、守りにくいとされる左利きで外角からの正確なジャンパーを放つシューターとしての一面もあり、PGとしてゲームメイクすることもできる。

また、ファールをもらう技術に長けておりFTの成功率も高いため安定した得点を稼ぐことができるが、一方で明らかなフロッピングを行うことがあり[26][27][28]、罰則金を課されたこともある[29]

一方でディフェンスについては「熱心にディフェンスに取り組んでいない」と苦言を呈されることが多く、事実棒立ちして手を出すだけで横を素通りさせてしまうような状況も多い。その一方で非常に優秀なDFをする時も多くあり、またサンダー在籍時は真面目にDFをしていたため、これはOF面での負担が大きいことに寄るものだと推測される。本人の意識改革が望まれるところである。

ロケッツ移籍後、スターターとして出場時間が増えるに伴いフィールドゴール成功率が落ちる傾向にあり、プレイオフで更にプレー時間が増える場合は、更にその傾向が出ている[30]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラー・シーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2009–10 OKC 76 0 22.9 .403 .375 .808 3.2 1.8 1.0 .3 9.9
2010–11 OKC 82 5 26.7 .436 .349 .843 3.1 2.1 1.1 .3 12.2
2011–12 OKC 62 2 31.4 .491 .390 .846 4.1 3.7 1.0 .2 16.8
2012–13 HOU 78 78 38.3 .438 .368 .851 4.9 5.8 1.8 .5 25.9
2013–14 HOU 73 73 38.0 .456 .366 .866 4.7 6.1 1.6 .4 25.4
2014–15 HOU 81 81 36.8 .440 .375 .868 5.7 7.0 1.9 .7 27.4
2015–16 HOU 82 82 38.1 .439 .359 .860 6.1 7.5 1.7 .6 29.0
2016–17 HOU 81 81 36.4 .440 .347 .847 8.1 11.2 1.5 .5 29.1
2017–18 HOU 72 72 35.4 .449 .367 .858 5.4 8.8 1.8 .7 30.4
Career 687 474 33.8 .443 .364 .854 5.1 6.1 1.5 .5 23.0
All-Star 6 4 25.8 .474 .417 .000 5.5 6.5 .7 .2 16.5

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010 OKC 6 0 20.0 .387 .375 .842 2.5 1.8 1.0 .2 7.7
2011 OKC 17 0 31.6 .475 .303 .825 5.4 3.6 1.2 .8 13.0
2012 OKC 20 0 31.5 .435 .410 .857 5.1 3.4 1.6 .1 16.3
2013 HOU 6 6 40.5 .391 .341 .803 6.7 4.5 2.0 1.0 26.3
2014 HOU 6 6 43.8 .376 .296 .900 4.7 5.8 2.0 .2 26.8
2015 HOU 17 17 37.4 .439 .383 .916 5.7 7.5 1.6 .4 27.2
2016 HOU 5 5 38.6 .410 .310 .844 5.2 7.6 2.4 .2 26.6
2017 HOU 11 11 37.0 .413 .278 .878 5.5 8.5 1.9 .5 28.5
Career 88 45 34.4 .423 .335 .869 5.2 5.2 1.6 .4 20.7

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b DraftExpress pre draft measurements”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月26日閲覧。
  2. ^ Thunder's James Harden wins Kia Sixth Man Award---NBA.com Archived 2012年5月10日, at WebCite
  3. ^ Oklahoma City Thunder trades James Harden to Houston---NewsOK.com
  4. ^ James,Durant,Duncan lead 2012-2013 All NBA first team
  5. ^ Stephen Curry, LeBron James headline All-NBA first ream
  6. ^ James Harden signs a four-year, $118 million contract extension with Rockets
  7. ^ James Harden posts historic performance vs. Knicks: 53 points, 17 assists and 16 rebounds
  8. ^ ジェームズ・ハーデンがNBA史上初の快挙となる50得点、15アシスト、15リバウンド超えを達成 NBA JAPAN
  9. ^ MVPのウエストブルック、サンダーと5年総額230億円で契約延長”. フランス通信社 (2017年9月30日). 2018年2月25日閲覧。
  10. ^ ハーデンが史上最高額でロケッツと契約延長、総額260億円 米報道”. フランス通信社 (2017年7月9日). 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ ジェームズ・ハーデンが自己最多56得点、ロケッツがジャズに圧勝 NBA.com JAPAN
  12. ^ NBAオールスター2018投票結果:レブロン・ジェームズが全体1位の票数を獲得”. NBA.com (2018年1月19日). 2018年1月25日閲覧。
  13. ^ Kristie Rieken (2018年1月31日). “James Harden has first 60-pont triple-double in NBA histry” (英語). The Denver Post. AP通信. https://www.denverpost.com/2018/01/31/james-harden-60-point-triple-double/ 2018年2月1日閲覧。 
  14. ^ Rockets beat Nuggets 119-114 for 12th straight win.” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月25日). 2018年2月26日閲覧。
  15. ^ Lowry scores 30, Raptors end Rockets' win streak at 17 games” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月9日). 2018年3月10日閲覧。
  16. ^ Rockets' James Harden: Double-doubles Saturday's win” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年3月17日). 2018年3月18日閲覧。
  17. ^ Rockets' James Harden: Delivers 12 dimes in victory” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年3月19日). 2018年3月19日閲覧。
  18. ^ Rockets' James Harden: Catches fire from field Thursday” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年3月21日). 2018年3月21日閲覧。
  19. ^ Rockets beat Hawks 118-99 for 60th win” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月25日). 2018年3月26日閲覧。
  20. ^ Harden just misses triple-double, Rockets rout Wizards” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月3日). 2018年4月4日閲覧。
  21. ^ Kings beat short-handed Rockets 96-83 in season finale” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月11日). 2018年4月13日閲覧。
  22. ^ Harden scores 44 points, Rockets beat Wolves 104-101” (英語). ESPN.com (2018年4月15日). 2018年4月24日閲覧。
  23. ^ Harden, Rockets soar past Wolves 119-100 with 50-point 3rd” (英語). ESPN.com (2018年4月23日). 2018年4月24日閲覧。
  24. ^ Harden's 41 points lead Rockets over Jazz in Game 1” (英語). ESPN.com (2018年4月29日). 2018年5月1日閲覧。
  25. ^ JAMES HARDEN”. draftexpress.com. 2015年3月26日閲覧。
  26. ^ Rockets' Harden receives flop warning
  27. ^ James Harden sold his amazing flop by shoving Tyson Chandler
  28. ^ NBA warns Rockets' James Harden for flopping vs. Blazers
  29. ^ James Harden fined $5,000 for flop against Blake Griffin, Clippers (VIDEO)
  30. ^ B James Harden Stats--- Basketball-Reference.com

外部リンク[編集]

  1. ^ basketball-reference.com