クリフォード・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリフォード・ロビンソン
Clifford Robinson
引退
ポジション(現役時) PF/C
背番号(現役時) 3, 30
身長(現役時) 208cm (6 ft 10 in)
体重(現役時) 109kg (240 lb)
基本情報
本名 Clifford Ralph Robinson
愛称 Cliff., Cliffey
ラテン文字 Clifford Robinson
誕生日 (1966-12-16) 1966年12月16日(50歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州バッファロー
出身 コネチカット大学
ドラフト 1989年 36位 
選手経歴
1989-1996
1996-2001
2001-2003
2003-2005
2005-2007
ポートランド・トレイルブレイザーズ
フェニックス・サンズ
デトロイト・ピストンズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ニュージャージー・ネッツ
受賞歴

クリフォード・ロビンソンClifford Ralph Robinson, 1966年12月16日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。ニューヨーク州バッファロー出身。NBAで活躍。非常に息の長い選手として知られ、キャリア晩年は現役最年長クラスの選手だった。
主な所属チームはポートランド・トレイルブレイザーズフェニックス・サンズ。ポジションはフォワード/センターヘアバンドがトレードマークである。208cm、109kg。

経歴[編集]

コネチカット大学でプレイ後、1989年ドラフト2巡目36位でポートランド・トレイルブレイザーズに入団。新人ながら82ゲームフル出場を果たした。ルーキーイヤーから数シーズンは主に控え選手としてプレイし、1991-1992シーズンはチームのファイナル進出に貢献(マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズの前に敗退)、翌1992-1993シーズンに控え選手ながらシーズン通算得点でチームトップとなり、シックスマン賞を受賞した。1993-1994シーズンにはスターターに定着、オールスターにも出場、シーズン平均得点は20点を突破した。1994-1995シーズン中にチームの象徴的存在だったクライド・ドレクスラーが去ると、パワーフォワードながら3ポイントシュートの才能も開花させたロビンソンは、平均20得点オーバーのスコアラーとしてチームを牽引したが、プレイオフでは1回戦敗退が続き、1997年フェニックス・サンズに移籍した。

サンズで4シーズンプレイした後、2001年にはデトロイト・ピストンズに移籍。サンズ・ピストンズ時代も、1試合平均15得点前後を挙げるが、ディフェンスでも活躍し、1999-2000シーズン、2001-2002シーズンにはオールNBAディフェンスセカンドチームに選出される。

2003年にはゴールデンステイト・ウォーリアーズに移籍。すでにリーグでも大ベテランの域に達していたロビンソンは、出場時間が削られるようになり、2004-2005シーズンにはニュージャージー・ネッツに放出される。ネッツではベンチに控えるベテランプレイヤーとして活躍し、2005-2006シーズンにはキャリア通算19,000得点を突破した。

2007年に現役を引退。18年に及ぶNBAキャリアの成績は、通算19,591得点6,306リバウンド3,094アシスト、平均14.2得点4.6リバウンド2.2アシスト。

プレイスタイル・業績[編集]

208cmのビッグマンながら機動力があり、アウトサイドシュートも得意。ブレイザーズ時代は主にスコアラーとして活躍したが、サンズ時代以降はディフェンスでもチームに貢献するようになった。頑丈な選手として知られ怪我にも強く、ラストシーズンとロックアウトでシーズンが縮小された1998-99シーズンを除き、全てのシーズンで70試合以上出場しており、長期欠場したことがない。通算1,380試合出場は、引退した時点で歴代8位の記録だった。 リバウンドは決して多くは無いが、チャージングを取るのが非常に巧い。

ラストシーズンとなった2006-2007シーズンの時点ではケビン・ウィリスディケンベ・ムトンボに次ぐ3番目のリーグ年長者であり、1980年代ドラフト組みで現役はケビン・ウィリスとロビンソンだけであった(ウィリスは2007年4月に現役復帰するまでの1シーズンはNBAでプレイしておらず、その間はロビンソンが唯一の1980年代ドラフト組みだった)。ロビンソンが引退した年と同じ時期にウィリスもラストシーズンを迎えており、彼らの引退でリーグから1980年代ドラフト組みは姿を消した。

キャリア序盤のファイナルでマイケルジョーダンとスコッティピペンのプレイを目の当たりにして、 それをきっかけにディフェンス意識が向上。サンズでは3ポジションのディフェンスをコーチに事実上丸投げされていた事もあった。所属チームのプレイオフ進出率も非常に高い。 数字に残りにくいプレイを真面目に取り組む素晴らしいプレイヤーであった。

外部リンク[編集]