アール・モンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アール・モンロー
Earl Monroe
名前
本名 バーノン・アール・モンロー
愛称 The Pearl / Black Jesus
ラテン文字 Earl Monroe
英語 Vernon Earl Monroe
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1944年11月21日
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
身長 191cm
体重 84kg
選手情報
ポジション ポイントガード
背番号 15 (永久欠番)

バーノン・アール・モンロー(Vernon Earl Monroe, 1944年11月21日 - ) はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手である。NBAボルチモア・ブレッツウェス・アンセルドとともに活躍し、1970年代以降はニューヨーク・ニックスの中心選手として1973年のニックスのチャンピオンシップ優勝の原動力となった。得点力もあり、ドリブルも上手くゲームメイキングにも長けたガードの選手として名高い。1990年バスケットボール殿堂入りした。

経歴[編集]

カレッジ時代[編集]

モンローは地元のジョン・バートラム・イン・フィラデルフィア高校を1963年に卒業すると、、ウィンストン・セーラム州立大学に進学しバスケットを続けた。大学では1年目平均7.1ポイント、2年目23.2ポイント、3年目29.8ポイント、4年目41.5ポイントと着実に成績を上げていき、1967年にはNCAAのディヴィジョン・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞するまでになる。チームとしてもモンローの活躍でディヴィジョンチャンピオンシップを制するまでになった。4年間トータルの成績はゲーム平均26.7ポイント、6.9リバウンドである。[1]


ブレッツ時代[編集]

カレッジで目覚しい活躍をしたモンローは卒業後1967年NBAドラフトで当時「ボルチモア・ブレッツ」の名称だった現在のワシントン・ウィザーズに1巡目全体2位で指名を受け入団する。モンロー入団翌年のドラフトでウィザーズにはウェス・アンセルドも加わり、2人の活躍でチームは大きく躍進する。モンローは1年目のシーズンで24.3ポイント、5.7リバウンド、4.3アシストをあげてルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得する。 その後も、モンローとアンセルドのコンビはチームの成績に大きく貢献した。モンローは毎年20ポイント以上を稼いでいたが、しかし、ニューヨーク・ニックスの壁に阻まれ優勝は出来なかった。

ニックス時代[編集]

1971年にモンローは宿敵のニックスにトレードされる。1972-73シーズンでは15.5ポイントを上げ、チームもロサンゼルス・レイカーズを破って2回目の優勝に輝いた。

その後もモンローは活躍を続けたが、チーム状態は次第に悪くなりNBAファイナルまで進出する事すら出来なくなった。 モンローは1979-80シーズンが終了後に引退するが、1990年に殿堂入りを果した。また1996年にはNBAの50周年を記念して選ばれた「NBA偉大な50選手」の一人にも選出された。

成績および受賞歴[編集]

通算成績[編集]

得点、リバウンド、アシストの成績は下記の通りである。[1]

レギュラーシーズン (13シーズン) プレーオフ (8シーズン)
926試合総計 ゲーム平均 40分平均 82試合総計 ゲーム平均
ポイント数 17,454 18.8 23.6 1,471 17.9
リバウンド数 2,796 3.0 3.8 266 3.2
アシスト数 3,594 3.9 4.9 264 3.2

主な受賞トピックス[編集]

  1. ルーキー・オブ・ザ・イヤー:1968
  2. オールスターゲーム出場:4回 (1969, 1971, 1975, 1977)
  3. オールルーキー1stチーム選出:1968
  4. オールNBA1stチーム選出:1回 (1969)
  5. NBAベスト50選手:1996年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Basketball-reference.com Earl Monroe Statisticsより引用。May 2, 2007。

外部リンク[編集]