シドニー・ウィックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー・ウィックス
Sidney Wicks
名前
本名 Sidney Wicks
ラテン文字 Sidney Wicks
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1949年9月19日(64歳)
出身地 ロサンゼルス
身長 203cm
体重 102kg
選手情報
ポジション パワーフォワード
背番号 21, 12
ドラフト 1971年 2位
経歴
1971-1976
1976-1978
1978-1981
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ボストン・セルティックス
サンディエゴ・クリッパーズ

シドニー・ウィックスSidney Wicks, 1949年9月19日 - )は1970年代のプロリーグNBAで活躍したアフリカ系アメリカ人の元バスケットボール選手。カリフォルニア州ロサンゼルス出身、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業。ポジションはパワーフォワード、身長203cm、体重102kg。

UCLAの伝説的なNCAAトーナメント七連覇時代中期の中心選手として3回の優勝に貢献した後、1971年のNBAドラフトで全体2位指名を受けてポートランド・トレイルブレイザーズに入団、新人王に輝く。10シーズンプレイした後、1981年に引退。

UCLA時代[編集]

アレクサンダー・ハミルトン高校卒業後、地元UCLAへの進学を希望していたシドニー・ウィックスだったが、学力が足りなかったため、1年間サンタモニカカレッジに通い、1968-69シーズンからUCLAのバスケットボールチームに参加した。ルー・アルシンダー(後のカリーム・アブドゥル=ジャバー)擁するUCLAは前年のNCAAトーナメントを制覇しており、この年のトーナメントも優勝する。ベンチスタートのウィックスは平均7.5得点をあげたが、殆どの関係者がウィックスが有望な選手だとは思っていなかった。しかし名将ジョン・ウッデンだけは彼の秀でたアスレチック能力を見出し、積極的に彼を起用した。1969年の優勝を最後にアルシンダーは大学を卒業。多くの人々は大スターの居ないUCLAの三連覇を否定したが、ウィックスがアルシンダーの穴を埋める活躍を見せ、1969-70シーズンは18.6得点11.9リバウンドの成績を残した。UCLAは周囲の予想に反してトーナメントを勝ち抜き、決勝でジャクソンビル大学と対決。この大舞台でウィックスは221cmの長身センターアーティス・ギルモアとマッチアップ。ウィックスは二回りも大きいギルモアから5ブロックを決めるなどの活躍を見せ、チームを80-69の勝利に導き、UCLAは見事に三連覇を達成した。ウィックスは大会MVPにあたるMost Outstanding PlayerAP通信選出のオールアメリカ3rdチーム、ヘルムズ・アスレチック財団年間最優秀選手に選ばれている。翌シーズンのウィックスも素晴らしく、21.3得点12.8リバウンドをあげ、UCLAをNCAA四連覇に導き、オールアメリカ1stチームと、全米バスケットボール記者協会及びThe Sporting News選出の年間最優秀選手に選ばれる。後にUCLAはウィックスの背番号『35』を永久欠番に指定した。

NBAキャリア[編集]

ポートランド・トレイルブレイザーズ[編集]

UCLAを卒業したウィックスは1971年のNBAドラフトにエントリー。全体1位指名が確実視されていたが、どうしてもウィックスが欲しい2位指名権を持つポートランド・トレイルブレイザーズは、1位指名権を持つクリーブランド・キャバリアーズに25万ドルを支払ってキャバリアーズにウィックスの指名を見送らせた(キャバリアーズはオースティン・カーを指名)。こうしてウィックスは、トレイルブレイザーズから全体2位指名を受けてNBA入りを果たした。ブレイザーズの選択は間違いではないように思えた。ウィックスはルーキーシーズンの1971-72シーズンからエースとして活躍し、24.5得点11.5リバウンドを記録してオールスターに選ばれ、さらにルーキー・オブ・ザ・イヤーも受賞した。ブレイザーズは創部2年目の新興チームであるため、このシーズンも18勝64敗と大きく負け越したが、ウィックスに前年のルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞者であるジェフ・ペトリーと優秀な若手が揃い、将来を嘱望されるチームとなるはずだった。しかしこのウィックスとペトリーの仲が極めて悪くチームの主導権を巡って2人は対立し、時にはメディアを通して暗に互いを批判し合った。業を煮やした球団フロントは2人を家族を連れさせてイスラエルに旅行に行かせ、険悪な仲を解こうした。そこで事件は起きた。ウィックスが湖で溺れかけ、それをペトリーが救い出したのである。ウィックスにとっては不幸な事故だったが、2人を送り出した球団にとっては目論見通りとなり、この事件を契機に2人は打ち解けるようになった。しかし皮肉にも2人の仲が良好な状態となった時には、ブレイザーズの内情は手遅れとなっており、チームケミストリーは崩壊しかけていた。1975-76シーズンにはUCLA出身の大物ルーキービル・ウォルトンが入団し、37勝45敗まで成績を上げるが、目指したプレーオフ進出はならなかった。そしてシーズン終了後にブレイザーズはウォルトン中心のチームを作るためにチームを刷新し、レニー・ウィルケンズをヘッドコーチから解任してジャック・ラムジーを招聘。そしてウィックスはボストン・セルティックスに放出されることになった。なお、ペトリーは膝の故障でこのシーズンを最後に引退しており、そして皮肉にもブレイザーズは翌1976-77シーズンに初のプレーオフ進出を果たすと、一気にNBAファイナルに駆け上がり、優勝を果たしてしまう。

ブレイザーズ退団後[編集]

ブレイザーズでのNBAデビューから4シーズン連続で平均20得点以上を記録してきたウィックスだが(ブレイザーズでの5シーズンの成績は22.3得点10.3リバウンド)、ルーキーシーズンを頂点に成績は少しずつ下降線を辿っていた。そしてセルティックスへの移籍を機に成績はさらに下がり、そして1978-79シーズンサンディエゴ・クリッパーズに移籍すると平均得点はついに二桁を割った。ウィックスはそのままフェードアウトする形となってしまい、1980-81シーズンを最後に現役から引退した。

NBA10シーズンの成績は760試合の出場で、通算12,803得点6,620リバウンド2,437アシスト、平均16.8得点8.7リバウンド3.2アシストだった。

引退後・業績など[編集]

NBAを去った後の1年間をイタリアで過ごしたウィックスは母校のUCLAに戻り、ウォルト・ハザードの下で4年間アシスタント・コーチを務め、その後は不動産業に携わった。

主な業績

外部リンク[編集]