コンテンツにスキップ

パオロ・バンケロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パオロ・バンケロ
Paolo Banchero
2021年のバンケロ
オーランド・マジック  No.5
ポジション PF
所属リーグ NBA
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (2002-11-12) 2002年11月12日(21歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州シアトル
身長 208cm (6 ft 10 in)
体重 113kg (249 lb)
シューズ ジョーダン・ブランド[1]
キャリア情報
高校 オディア高等学校英語版
大学 デューク大学
NBAドラフト 2022年 / 1巡目 / 全体1位[1]
プロ選手期間 2022年–現在
経歴
2022オーランド・マジック
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

パオロ・ナポレオン・ジェームズ・バンケロPaolo Napoleon James Banchero, 2002年11月12日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のプロバスケットボール選手。NBAオーランド・マジックに所属している。ポジションはパワーフォワード

経歴

[編集]

ハイスクール

[編集]

オディア高等学校英語版に進学し、バスケと並行してアメリカンフットボールもプレーした。1年目のシーズンは平均14.1得点・10.2リバウンドを記録した。2年目のシーズンは平均18.2得点・10.3リバウンド・4.2アシストを記録してチームを州大会優勝に導き、MVPを受賞した[2]

高校時代のバンケロ
(2020年)

3年目のシーズンは平均22.6得点・11.0リバウンド・3.7アシスト・1.6ブロックを記録し、ワシントン州のゲータレード年間最優秀選手賞を受賞した[3]

リクルート

[編集]

所属する2021年のクラスで最大級の評価を受け、ESPNなどの主要3サイトから5つ星評価され、NCAAの多くの強豪からオファーを受けた。両親の母校であるワシントン大学への進学が予想されていたが、2020年8月にデューク大学への進学を決断した[4][5]

高校生アスリートのリクルート情報(アメリカのカレッジスポーツ)
氏名 出身 高校 / 大学 身長 体重 コミット日
パオロ・バンケロ
PF
シアトル オディア高等学校 (WA) 6 ft 9 in (2.06 m) 235 lb (107 kg) 2020年8月20日 
リクルート スターレーティング英語版: ScoutN/A   Rivals:5/5 stars   247Sports:5/5 stars    ESPN:5/5 stars   ESPNグレード: 97
全リクルート順位:   Rivals: 2  247Sports: 2  ESPN: 3
  • 注意: 多くの場合、Scout、Rivals、247Sports、ESPNの間で身長、体重が一致しない可能性がある。
  • これらの場合、平均をとっている。ESPNグレードは100ポイントスケールに基づいている。

出典:

カレッジ

[編集]

1年目の2021-22シーズンからエースとして活躍し、平均17.8得点・7.2リバウンド・3.8アシストを記録。ACCの新人王を受賞し、NCAAオールアメリカンのコンセンサスセカンドチームに選出された[6]。また、NCAAトーナメントでもファイナル・フォーまで進出した[7]。シーズン終了後に2022年のNBAドラフトアーリーエントリーした[8]

オーランド・マジック

[編集]

ドラフト全体1位でオーランド・マジックから指名された。2019年のザイオン・ウィリアムソン以来、史上5人目となるデューク大学出身の全体1位指名選手となった[9]。7月1日にマジックと正式に契約した[10]

2022-23シーズン、開幕戦となった2022年10月15日のデトロイト・ピストンズ戦でNBAデビューし、27得点・9リバウンド・5アシスト・2ブロックを記録。ルーキーがデビュー戦で25得点・5リバウンド・5アシスト以上を記録したのは2003年のレブロン・ジェームズ以来であった[11]。11月5日のサクラメント・キングス戦では33得点・16リバウンドを記録。当時まだ19歳であり、10代の選手が30得点・15リバウンド以上を記録したのはレブロン以来、NBA史上2人目であった[12]

代表歴

[編集]

イタリア系アメリカ人であるため、アメリカ合衆国代表に加えてイタリア代表としてプレーする資格も持つ。2022年のユーロバスケットではイタリア代表の予備登録選手に選出されたが、試合への出場はなかった[13]

2023年のFIBAバスケットボール・ワールドカップではアメリカ合衆国代表で出場した。

家族

[編集]

母のロンダ英語版WNBAでプレーした元プロバスケットボール選手である[14]

父のマリオはイタリア系アメリカ人で、自身も2020年2月にイタリア国籍を取得している[15][16]

人物

[編集]

大学時代の2021年11月14日にチームメイトが飲酒運転で逮捕された。この時車に同乗していたため、幇助にあたるとして起訴された[17]

NFL選手のパトリック・マホームズと容姿が似ている。2022年5月8日に行われたマイアミグランプリの観戦に訪れた際にはSky Sportsマーティン・ブランドルにマホームズと誤認され、インタビューを受けた[18]

多汗症であり、1試合で体重が約3kg減少する。このため大学時代は試合終盤によく足をつっていたが、医師から処方された特別な飲料を使うことで対処した[19]

個人成績

[編集]
略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

NBA

[編集]

レギュラーシーズン

[編集]
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2022–23 ORL 72 72 33.8 .427 .298 .738 6.9 3.7 .8 .5 20.0
2023–24 80 80 35.0 .455 .339 .725 6.9 5.4 .9 .6 22.6
通算 152 152 34.4 .442 .321 .731 6.9 4.6 .9 .6 21.3
オールスター 1 0 18.9 .333 .000 9.0 5.0 .0 .0 6.0

プレーオフ

[編集]
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2024 ORL 7 7 37.5 .456 .400 .755 8.6 4.0 1.1 .6 27.0
通算 7 7 37.5 .456 .400 .755 8.6 4.0 1.1 .6 27.0

カレッジ

[編集]
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2021–22 デューク 39 39 33.0 .478 .338 .729 7.8 3.2 1.1 .9 17.2

脚注

[編集]
  1. ^ Magic rookie Paolo Banchero signs with Jordan Brand” (英語). ESPN.com (2022年10月17日). 2023年2月16日閲覧。
  2. ^ 2018-19 MaxPreps Boys Basketball Sophomore All-American Team - MaxPreps”. www.maxpreps.com. 2021年8月9日閲覧。
  3. ^ O’Dea’s Paolo Banchero named Gatorade player of the year for Washington” (英語). The Seattle Times (2020年3月26日). 2021年8月9日閲覧。
  4. ^ Duke, Kentucky and UNC are recruiting Paolo Banchero, but family ties to Washington make his choice tough” (英語). CBSSports.com. 2021年8月9日閲覧。
  5. ^ No. 3 prospect Banchero commits to Blue Devils” (英語). ESPN.com (2020年8月21日). 2021年8月9日閲覧。
  6. ^ Paolo Banchero named ACC Freshman of the Year”. 247sports.com. 2022年6月27日閲覧。
  7. ^ Duke Tops Arkansas to Advance to First Final Four Since 2015 | Sports Illustrated”. www.si.com. 2022年6月27日閲覧。
  8. ^ Potential No. 1 pick Paolo Banchero declares for NBA Draft” (英語). www.nba.com. 2022年6月27日閲覧。
  9. ^ Paolo Banchero makes history as Duke's fifth No. 1 draft pick | Fox Sports”. amp.foxsports.com. 2022年7月2日閲覧。
  10. ^ Orlando Magic Sign Paolo Banchero” (英語). www.nba.com. 2022年7月2日閲覧。
  11. ^ Villas, Rexwell (2022年10月20日). “Paolo Banchero's Epic Debut Matches Rare LeBron James Rookie Feat” (英語). ClutchPoints. 2023年4月10日閲覧。
  12. ^ Yapkowitz, David (2022年11月6日). “Paolo Bancheros Latest Feat Only Ever Done By LeBron James” (英語). ClutchPoints. 2023年4月10日閲覧。
  13. ^ Ambitious Banchero waits in the wings for Italy” (英語). FIBA.basketball. 2023年4月10日閲覧。
  14. ^ Flashback: Rhonda Smith Franklin, Class of 1992 | The Seattle Times”. archive.seattletimes.com. 2021年8月9日閲覧。
  15. ^ Bennett, Brian. “He goes by Paolo (Banchero), and his game may make him a household name”. The Athletic. 2021年8月9日閲覧。
  16. ^ Star Times boys basketball: First, state for O’Dea’s Paolo Banchero. Next, the world?” (英語). The Seattle Times (2020年3月2日). 2021年8月9日閲覧。
  17. ^ co.,Ltd, FromOne. “来年のドラフト上位指名候補のパオロ・バンケロ、飲酒運転の幇助で起訴される”. バスケットボールキング. 2022年7月10日閲覧。
  18. ^ Paolo Banchero and Patrick Mahomes laugh at getting mixed up during F1 event” (英語). MARCA (2022年5月8日). 2022年7月10日閲覧。
  19. ^ Duke's Paolo Banchero reportedly loses seven pounds per game due to 'heavy sweating'” (英語). CBSSports.com. 2023年4月10日閲覧。

外部リンク

[編集]