ウォルト・フレイジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォルト・フレイジャー
Walt Frazier
Walt Frazier (cropped).jpg
2020年のフレイジャー
基本情報
愛称 Clyde
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1945-03-29) 1945年3月29日(77歳)
出身地 ジョージア州アトランタ
身長 193cm (6 ft 4 in)
体重 91kg (201 lb)
キャリア情報
高校 デイビット・T・ハワード高等学校英語版
大学 南イリノイ大学
NBAドラフト 1967年 / 1巡目 / 全体5位[1]
プロ選手期間 1967年–1979年
ポジション PG
背番号歴 10, 11
永久欠番 ニックス  10 
受賞歴
通算成績
得点数 15,581 (18.9 ppg)
リバウンド数 4,830 (5.9 rpg)
アシスト数 5,040 (6.1 apg)
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
バスケットボール殿堂入り選手 (詳細)
カレッジバスケットボール殿堂入り (2006年)

ウォルター・フレイジャー・ジュニア (Walter Frazier Jr. , 1945年3月29日 - ) は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身の元プロバスケットボール選手。NBAニューヨーク・ニックスクリーブランド・キャバリアーズに在籍し、リーグを代表するポイントガードの一人として現役時代を過ごした。1996年にはNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」に選ばれた。更に2021年にも「75人の偉大な選手」に選出されている。愛称は「Clyde (クライド) 」。

経歴[編集]

地元のデビッドハワード高校では、バスケットボール以外に野球アメリカンフットボールをプレイしていたが、大学ではバスケットボール一本に絞り、1966年南イリノイ大学カーボンデール校をNITトーナメントチャンピオンに導く。その活躍が認められ、1967年のNBAドラフト1巡目全体5位でニューヨーク・ニックスに指名されNBA入りした。 1年目は平凡な成績だったが、2年目になると頭角を現しウィリス・リードらと共にチームの中心として活躍した。ディフェンスに加え、得点力も年々向上し4年目にはチーム一の平均得点を残すまでに成長した。1970年1972年1973年にはNBAファイナルに進出し、2度の優勝を果たした。

リードの衰えなどでその後は優勝から遠ざかり、1977年クリーブランド・キャバリアーズに移籍して3シーズンプレイした後、引退した。

引退後は解説者となり、独特の語り口は「Clyde-isms」(クライドイズム)と呼ばれファンを楽しませている。1987年にバスケットボール殿堂入りを果たした。

業績[編集]

オールディフェンシブチームには全て1stチームで1969年から7年連続で選出され、オールNBAには1970年から6年連続で選出された。また、オールスターにも1970年から7年連続で選出され、1975年のオールスターではMVPを受賞している。生涯通算得点は15,581点、アシスト数は5,040本だった。アシストはニックス歴代1位。

ニックス時代の背番号10は、1979年12月15日にニックスの永久欠番になった。

NBA個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ
  優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1967–68 NYK 74 21.5 .451 .655 4.2 4.1 9.0
1968–69 NYK 80 36.9 .505 .746 6.2 7.9 17.5
1969–70 NYK 77 39.5 .518 .748 6.0 8.2 20.9
1970–71 NYK 80 43.2 .494 .779 6.8 6.7 21.7
1971–72 NYK 77 40.6 .512 .808 6.7 5.8 23.2
1972–73 NYK 78 40.8 .490 .817 7.3 5.9 21.1
1973–74 NYK 80 41.7 .472 .838 6.7 6.9 2.0 .2 20.5
1974–75 NYK 78 41.1 .483 .828 6.0 6.1 2.4 .2 21.5
1975–76 NYK 59 41.1 .485 .823 6.8 5.9 1.8 .2 19.1
1976–77 NYK 76 35.4 .489 .771 3.9 5.3 1.7 .1 17.4
1977–78 CLE 51 32.6 .471 .850 4.1 4.1 1.5 .3 16.2
1978–79 CLE 12 23.3 .443 .778 1.7 2.7 1.1 .2 10.8
1979–80 CLE 3 9.0 .364 .000 1.000 1.0 2.7 .7 .3 3.3
通算 825 37.5 .490 .000 .786 5.9 6.1 1.9 .2 18.9
オールスター 7 7 26.1 .449 .857 3.9 3.7 1.3 .0 12.6

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1968 NYK 4 29.8 .364 .778 5.5 6.3 9.5
1969 NYK 10 41.5 .503 .596 7.4 9.1 21.2
1970 NYK 19 43.9 .478 .764 7.8 8.2 16.0
1971 NYK 12 41.8 .529 .733 5.8 4.5 22.6
1972 NYK 16 44.0 .536 .736 7.0 6.1 24.3
1973 NYK 17 45.0 .514 .777 7.3 6.2 21.9
1974 NYK 12 40.9 .502 .898 7.9 4.0 1.8 .3 22.5
1975 NYK 3 41.3 .630 .813 6.7 7.0 3.7 .0 23.7
通算 93 42.5 .511 .751 7.2 6.4 2.1 .3 20.7

その他[編集]

  • ファッションセンスにも優れ、「スポーツ・イラストレイテッド」や「GQ」などの表紙を飾り人気を集めた。
  • 1970年からプーマの靴を愛用するようになり、1973年には「プーマ・バスケット」を原型にしたシグネチャーモデル「クライド」が作られた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]