ロバート・パリッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロバート・パリッシュ
Robert Parish
Robert Parish.jpg
2005年のパリッシュ
引退
ポジション C
基本情報
愛称 The Chief
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1953-08-30) 1953年8月30日(68歳)
出身地 ルイジアナ州シュリーブポート
身長(現役時) 216cm (7 ft 1 in)
体重(現役時) 104kg (229 lb)
キャリア情報
出身 センテナリー大学
ドラフト 1976年 8位
背番号歴 00(17)
永久欠番 セルティックス  00 
選手経歴
1976-1980
1980-1994
1994-1996
1996-1997
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ボストン・セルティックス
シャーロット・ホーネッツ
シカゴ・ブルズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1975
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
1975 メキシコシティ バスケットボール

ロバート・リー・パリッシュ (Robert Lee Parish, 1953年8月30日 - ) はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。プロバスケットリーグNBAで活躍した往年の名選手である。近年では珍しくないが、当時は少なかったセブンフッター (身長7ft以上)のセンターであり、ゴール下で他に類を見ない強さを見せた。ラリー・バードケビン・マクヘイルとともに80年代のボストン・セルティックスの黄金期を築き上げたメンバーである。2001年にバスケットボール殿堂入りした。

経歴[編集]

カレッジ時代[編集]

パリッシュは地元シュリーブポートのウッドロウン高校で平均26.6ポイント、18.0リバウンドの成績を残し1972年にセンテナリー大学ルイジアナに入学した。州内でも注目の選手であり3年間ルイジアナ州学生代表に選ばれ、州のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーにも選出された。1975年には大学バスケットのMVPにも選ばれ、1976年にはスポーティング・ニュースが選ぶオールアメリカにも選ばれている。1974-75シーズンにマークした15.4リバウンド、1975-76シーズンの18.0リバウンドはともに合衆国学生1位の成績であった。

セルティックス時代[編集]

大学卒業後、1976年NBAドラフトの1巡目全体8位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名されNBA入りする。ウォリアーズ時代は出場時間に恵まれなかったが、1980年にセルティックスにトレードで移籍後、目覚しい活躍を見せる。セルティックスにはラリー・バードがおり、ケビン・マクヘイルという強力フォワードがいた。そこにパリッシュという大型センターが加わることによって理想的なトライアングルが形成された。このトリオの活躍によりセルティックスは東地区の伝説的な強豪にチームになり、西地区のロサンゼルス・レイカーズと二強の時代になる。80年代は東地区のどのチームも「打倒・セルティックス」に目標を置いていたといっても過言ではない。セルティックスの黄金期というとバードが注目されがちだが、ゴール下を占領しリバウンドを取り捲り、ブロックショットを連発するパリッシュの存在も重要なファクターであった。

ホーネッツ時代[編集]

パリッシュは1994年シャーロット・ホーネッツに移籍し2年間プレーをした。

ブルズ時代[編集]

1996年シカゴ・ブルズに移籍しレギュラーシーズン43試合、プレイオフ2試合出場(ここで、NBAプレーオフ記録の16シーズン出場で、当時の歴代1位を記録)し、97年ファイナル優勝に貢献した。レギュラーシーズンは平均3.7得点、2.1リバウンド、0.4ブロック、プレイオフでは平均1得点、2リバウンド、1.5ブロックを記録した(主にベンチプレイヤーとして出場した。先発出場試合はレギュラーシーズン3試合である)。また、パリッシュがシュートを成功させると会場のユナイテッド・センターは、パリッシュの愛称「チーフ」と盛り上がった。

ブルズ優勝後、パリッシュは引退を表明した。

殿堂入り[編集]

1996年にNBA史上最も偉大な50選手に選出され、2003年に殿堂入りした。

成績および受賞歴[編集]

通算成績[編集]

得点、リバウンド、アシストの成績は下記の通りである。[1]

レギュラーシーズン (21シーズン) プレーオフ (16シーズン)
1,611試合総計 ゲーム平均 40分平均 184試合総計 ゲーム平均
ポイント数 23,334 14.5 20.4 2,820 15.3
リバウンド数 14,715 9.1 12.9 1,765 9.6
アシスト数 2,180 1.4 1.9 234 1.3
ブロック 2,357 1.5 2.1 298 1.6
スティール 1,219 0.8 1.1 138 0.8

主な受賞トピックス[編集]

主なNBA記録[編集]

  1. 21シーズン出場:歴代2位 (2019-20シーズンにヴィンス・カーターが22シーズン出場を達成。また、ケビン・ガーネットダーク・ノヴィツキーモーゼス・マローンケビン・ウィリスが同様に21シーズン出場している。)
  2. 1,611試合出場:歴代1位
  3. プレーオフ16シーズン出場:歴代2位
  4. プレーオフ184試合出場:歴代4位
  5. オフェンスリバウンド4,598:歴代2位
  6. ディフェンスリバウンド10,117:歴代2位
  7. プレーオフオフェンスリバウンド571:歴代1位の記録
  8. ブロック2,357:歴代9位(セルティックスのフランチャイズ記録である。)

関連項目[編集]

その他[編集]

  • 背番号17はロサンゼルスオリンピックを前にした大学生選手らのために行われた大学チーム対NBAオールスター軍団との強化試合の際に着用した番号である。(結果は8戦中オールスター軍団は0勝8敗でまさかのボロ負けしてしまう)

脚注[編集]

外部リンク[編集]