ルーク・ロングリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルーク・ロングリー
Luc Longley
Luc Longley.JPG
2014年のロングリー
引退
ポジション(現役時) センター
背番号(現役時) 13
身長(現役時) 218cm (7 ft 2 in)
体重(現役時) 132.4kg (292 lb)
基本情報
本名 Lucien James Longley
愛称 Luc
ラテン文字 Luc Longley
誕生日 (1969-01-19) 1969年1月19日(49歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ビクトリア州の旗 ビクトリア州メルボルン
出身 ニューメキシコ大学
ドラフト 1991年 7位 
選手経歴
1991-1994
1994-1998
1998-2000
2000-2001
ミネソタ・ティンバーウルブズ
シカゴ・ブルズ シカゴ・ブルズ
フェニックス・サンズ フェニックス・サンズ
ニューヨーク・ニックス ニューヨーク・ニックス
受賞歴
代表歴
キャップ オーストラリアの旗

ルーク・ロングリーLuc Longley)ことルシアン・ジェームス・ロングリーLucien James Longley1969年1月19日 - )はオーストラリアの元・プロバスケットボール選手ビクトリア州メルボルン出身。ポジションはセンター。主な活躍は、センターでNBAシカゴ・ブルズの2度目の三連覇に貢献。身長218cm、体重132kg。

経歴[編集]

大学はニューメキシコ大学1991年のNBAドラフト7位でミネソタ・ティンバーウルブズに指名される。 1993-1994シーズンにシカゴ・ブルズにトレード

1994-1995シーズンにマイケル・ジョーダンが復帰する。

翌1995-1996シーズンからスコッティ・ピペンデニス・ロドマンと共にシカゴ・ブルズは3連覇。ロングリーもチームの勝利に貢献する。

1998-2000年はトレードでフェニックス・サンズでプレー。

2000-2001年はトレードでニューヨーク・ニックスでプレーし引退する。

オーストラリア代表[編集]

2000年、母国オーストラリアで開催されたシドニーオリンピックオーストラリア代表として出場。4位入賞に貢献した。

プレイスタイル[編集]

ロングリーはスーパースターと言える選手ではないが、高い身長を生かしたディフェンスや中々上手いミドルシュートでシカゴ・ブルズの優勝に貢献した。ブルズがレギュラーのウィル・パデューをトレードで出してロングリーをレギュラーに選んだのはロングリーの方がスピードがあるからとフィル・ジャクソンは述べている。ジョーダンらが切り込み、ロングリーがベースラインからシュートを決めると会場は大いに盛り上がった。ロングリーがボールを持つと、ファンが「ルーク」と声をかけて盛り上げた。知らない人が聞くと、ブーイングに聞こえたが、実はロングリーへの歓声であり、彼はシカゴのファンからとても愛される存在であった。ロドマンが欠場中にロドマンの真似をして試合終了後にユニフォームを脱いで観客席に投げたが観客がユニフォームをロングリーに投げ返した逸話もある。サーフィンで怪我をしてシーズン中に欠場したこともあった。

外部リンク[編集]

NBA.com-ルーク・ロングリー- (英語)