ジョン・サリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・サリー
John Salley
John Salley LF.JPG
2007年のサリー
引退
ポジション(現役時) PF/C
背番号(現役時) 22、16
身長(現役時) 211cm (6 ft 11 in)
体重(現役時) 104kg (229 lb)
基本情報
本名 John Thomas Salley
ラテン文字 John Salley
誕生日 (1964-05-16) 1964年5月16日(54歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区
出身 ジョージア工科大学
ドラフト 1986年 11位 
選手経歴
1986-1992
1992-1995
1995-1996
1996
1996
1999-2000
デトロイト・ピストンズ
マイアミ・ヒート
トロント・ラプターズ
シカゴ・ブルズ
パナシナイコスBC
ロサンゼルス・レイカーズ
受賞歴

ジョン・トーマス・サリーJohn Thomas Salley1964年5月16日 - )は、NBAの元バスケットボール選手。異なる3つのチームでチャンピオンリングを獲得した初めての選手である。

プロ入り前[編集]

サリーはニューヨーク市に生まれ、ブルックリンにある地元の高校を卒業した後[1]ジョージア工科大学に進学する。同校ではブロックショットの記録を塗り替える活躍を見せた。彼の着けた背番号22は永久欠番となっている[2]

プロ入り後[編集]

デトロイト・ピストンズ[編集]

1986年のドラフトにおいて1巡目(全体では11番目)でデトロイト・ピストンズに指名される。ピストンズではバッド・ボーイズの一員として2連覇に貢献。当時のピストンズはダーティーな印象が強いが、サリーの場合はそのイメージとは少し異なり、師匠と慕っているエイドリアン・ダントリーにコート外での振る舞いを教わるなど紳士的な側面を持っていた。

ヒート移籍からブルズ加入まで[編集]

1996年にトレードでマイアミ・ヒートに移籍するも、その後エクスパンション・ドラフトの煽りを受けて95年に新設されたトロント・ラプターズへと移籍する。しかしトロントでは短期間しかプレーせず、シカゴ・ブルズに加入。マイケル・ジョーダンらスター選手の活躍もあり、ブルズはこのシーズン、72勝を達成。プレイオフでも圧倒的な力を見せ、サリーは3つ目のリングを獲得する。シーズン終了後、表舞台から身を退く事を表明するも、一時的にギリシャのパナシナイコスでプレーした。

ロサンゼルス・レイカーズ[編集]

約3年のブランクの後、ロサンゼルス・レイカーズに加入。レイカーズでは際立った活躍を見せることはなかったものの、ロスターには残り、2000年に4度目の優勝を経験する(この後レイカーズは3連覇を達成)。これによりサリーは「3つの異なるチームで優勝を経験した初の選手」となった[3]。後にロバート・オーリーも異なる3チームでチャンピオンとなり、現在では2人のみである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Anderson, Dave. " Sports of The Times; City Teen-Agers Hold A Calm Garden Party", The New York Times, March 19, 1995. Accessed October 10, 2007.
  2. ^ Leigh Montville. "Holy Cow, What Digs!". Sports Illustrated. November 6, 1989. Retrieved on January 9, 2010.
  3. ^ John Salley Trivia & Quotes”. TV.com (1993年7月31日). 2011年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]