チャック・デイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャック・デイリー(2006年4月6日)

チャック・デイリーChuck Daly, 1930年7月20日 - 2009年5月9日)は、ペンシルベニア州セントメアリーズ出身の元バスケットボールコーチ

経歴[編集]

ボストンカレッジペンシルベニア大学でコーチを務めたあと、NBAデトロイト・ピストンズのヘッドコーチに就任。アイザイア・トーマスビル・レインビアデニス・ロッドマンなどのバッド・ボーイズと言われた荒くれ者集団をうまくまとめてチーム力を発揮させることに成功。それまで2シーズン以上連続で勝ち越したことの無いチームで9シーズン連続で勝ち越すことに成功している。1989年1990年に2年連続NBA制覇を達成した。

プロの出場が解禁された1992年バルセロナオリンピックでは、その指導力を買われてスーパースター軍団のドリームチームの指揮を取り、圧倒的な強さで金メダルを獲得した。

その後、ロサンゼルス・クリッパーズニュージャージー・ネッツオーランド・マジックのヘッドコーチを歴任。それぞれのチームの成績を立て直し、多くのシーズンでプレイオフに進出させることに成功している。

合計で14シーズンの間、コーチを務め、638勝437敗の記録を残している。これらのコーチとしての功績により1994年5月9日バスケットボール殿堂入りを果たしている。自身はNBAでの選手歴はないが、デトロイト・ピストンズは彼の功績をたたえ、背番号2をチャック・デイリーの永久欠番とした。

2009年5月9日に永眠した[1]。78歳没。

脚註[編集]

  1. ^ ドリームチーム監督デイリー氏が死去 スポーツニッポン 2009年5月10日閲覧

外部リンク[編集]

バスケットボール殿堂公式サイト チャック・デイリー