A.C.グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A.C.グリーン
A.C. Green
A. C. Green at HUD in 2004.JPG
2004年当時のグリーン
引退
ポジション
(現役時)
PF/C
背番号(現役時) 45
身長(現役時) 206cm  (6 ft 9 in)
体重(現役時) 108kg (238 lb)
基本情報
本名 A.C. Green Jr.
愛称 The Iron Man
ラテン文字 A.C. Green
誕生日 1963年10月4日(52歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オレゴン州ポートランド
出身 オレゴン州立大学
ドラフト 1985年 23位 
選手経歴
1985-1993
1993-1996
1996-1999
1999-2000
2000-2001
ロサンゼルス・レイカーズ
フェニックス・サンズ
ダラス・マーベリックス
ロサンゼルス・レイカーズ
マイアミ・ヒート
受賞歴

A.C.グリーンA.C. Green Jr.1963年10月4日 - )はアメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身の元バスケットボール選手。ファーストネームの "A.C." は略称ではなく、これが本名である。

NBAでプレイし、1,192試合連続出場の記録保持者である。1987年、1988年、2000年のNBAチャンピオン、ロサンゼルス・レイカーズのメンバー。身長206センチ。ポジションはフォワード。愛称は「Iron Man(鉄人)」。

経歴[編集]

1985年にオレゴン州立大学を卒業、同年ロサンゼルス・レイカーズに1順目23位で指名された。新人のシーズンに全82試合に出場。翌シーズンは3試合に欠場したものの、それ以降は引退するまで欠場することはなかった。マジック・ジョンソンジェームズ・ウォージーカリーム・アブドゥル=ジャバーと共にプレイショータイムと呼ばれたレイカーズのNBAファイナル2連覇に貢献した。1989年から1991年にもNBAファイナルに出場している。

1993-94シーズン開始に先立ちフェニックス・サンズに移籍。1996年のシーズン途中でジェイソン・キッドが絡んだ大型トレードでダラス・マーベリックスに放出された関係で、このシーズンは規定の試合数より一つ多い83試合に出場。1999年には古巣のレイカーズに戻り、そのシーズンのレイカーズの優勝に貢献した。翌シーズンはレイカーズ時代の恩師パット・ライリー率いるマイアミ・ヒートでプレイ。2001-02シーズンはレイカーズ時代のチームメイトのバイロン・スコットがヘッドコーチを務めていたニュージャージー・ネッツでのプレーを望んでいたものの、結局は実現せず引退を決意。16年間の選手生活に幕を閉じた。

生涯通算得点は12,331、リバウンドは 9,473。平均得点は9.6、平均リバウンドは7.4。生涯通算出場試合数は1,278試合だった。全試合に出場したシーズンは14あり、これはジョン・ストックトンとならびNBA歴代1位。2年目の1986-87シーズンで出場しなかった3試合は、怪我や病気によるものではなくパット・ライリーヘッドコーチの判断によるものだった。

熱心なクリスチャンとしても知られ、結婚するまでバージンを公言していたのは有名。自ら純潔運動団体"A.C.グリーン・ファンデーション" を設立。現役から引退までバージンを貫き、2002年4月20日、39歳で結婚した。現在はアリゾナ州で教会の牧師を務めている。

外部リンク[編集]