カート・ランビス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カート・ランビス
Kurt Rambis
Kurt Rambis.jpg
ニューヨーク・ニックス AC
役職 アシスタントコーチ
ポジション(現役時) SF/PF
背番号(現役時) 30, 31, 8
身長(現役時) 203cm (6 ft 8 in)
体重(現役時) 97kg (214 lb)
基本情報
本名 Darrell Kurt Rambis
ラテン文字 Kurt Rambis
誕生日 (1958-02-25) 1958年2月25日(60歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ギリシャの旗 ギリシャ
出身地 インディアナ州テレホート
出身 サンタクララ大学
ドラフト 1980年 3巡58位 
選手経歴
1980-1981
1981-1988
1988-1989
1989-1992
1992-1993
1993-1995
ギリシャの旗 AEKアテネBC
ロサンゼルス・レイカーズ
シャーロット・ホーネッツ
フェニックス・サンズ
サクラメント・キングス
ロサンゼルス・レイカーズ ※(1994-95シーズンはコーチ兼任)
指導者経歴
1994-1999
1999
2001-2004, 2005-2009
2009-2011
2013-2014
2014-2016
2016
2016-
ロサンゼルス・レイカーズ (AC)
ロサンゼルス・レイカーズ(暫定HC)
ロサンゼルス・レイカーズ (AC)
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ロサンゼルス・レイカーズ (AC)
ニューヨーク・ニックス (AC)
ニューヨーク・ニックス (暫定HC)
ニューヨーク・ニックス (AC)
受賞歴

選手時代

コーチ時代

カート・ランビス (Darrell Kurt Rambis 1958年2月25日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州テレホート生まれ、カリフォルニア州クパチーノ出身の元バスケットボール選手。現指導者。現役時代はNBAロサンゼルス・レイカーズ等で活躍した。

来歴[編集]

カート・ランビスは1958年にインディアナ州テレホートで生まれたが、一家はランビスの幼少の頃にカリフォルニア州クパチーノに引っ越した。ランビスはクパチーノで育ち、大学も地元のサンタクララ大学に進学。背番号 "34" が永久欠番になるなど同大学のスター選手として活躍し、1980年のNBAドラフトではニューヨーク・ニックスから指名されるも、開幕ロースターに残ることは出来ず、ギリシャのAEKアテネでプロキャリアをスタート。ギリシャ名の"Kyriakos Rambidis"という選手名でプレーし、カップ戦優勝を経験。翌1981年にロサンゼルス・レイカーズと契約。マジック・ジョンソンカリーム・アブドゥル=ジャバージェームズ・ウォージーを中心とした "ショータイム・バスケットボール" の中で、ランビスは体を張った "武闘派" のロールプレーヤーとして、80年代のレイカーズの黄金期を支え、4度のNBAチャンピオンを経験。1988年にレイカーズを離れ、数チームを渡り歩いた後に1993年にレイカーズに復帰。1994年以降はコーチ兼任となり、1995年に現役を退き、コーチ業に専念した[1]

コーチ歴[編集]

1995-96シーズンから正式のアシスタントコーチに専念し、1998-99シーズン途中にデル・ハリスヘッドコーチ解任を受け暫定ヘッドコーチに昇格。24勝13敗の成績を残しチームを立て直したが、プレーオフでは2ndラウンドでサンアントニオ・スパーズに4戦全敗を喫し、シーズン終了後にフィル・ジャクソンヘッドコーチ就任に伴い退任。2001年に再びアシスタントコーチに復帰し、2002年と2009年のNBAチャンピオンに貢献した[2]

2009年夏にミネソタ・ティンバーウルブズのヘッドコーチに就任。長年低迷に苦しむウルブズの再建に期待が高まったが、2シーズンで32勝132敗という散々たる成績に終始し、2010-11シーズン終了後に解任された[3]

2013-14シーズンはレイカーズでアシスタントコーチを務め、2014年7月にニューヨーク・ニックスのアソシエイトコーチに就任[4]。2016年2月8日には、デレック・フィッシャーヘッドコーチ解任に伴い、暫定ヘッドコーチに昇格し、シーズン終了まで暫定コーチを務めた。一旦退任となったが、新任のジェフ・ホーナセックヘッドコーチの要望により、アソシエイトコーチに復職した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]