ハリー・ギャラティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・ギャラティン
Harry Gallatin
殿堂  No.11, 10
名前
本名 Harry J. Gallatin
愛称 The Horse
Farmer
ラテン文字 Harry Gallatin
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1927年4月26日
出身地 イリノイ州ロクサーナ
身長 198cm
体重 95kg
選手情報
ポジション センター
背番号 11, 10
選手経歴
1948-1957
1957-1958
ニューヨーク・ニックス
デトロイト・ピストンズ

ハリー・ギャラディンHarry J. Gallatin, 1927年4月26日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州ロクサーナ出身の元バスケットボール選手。出身大学はトルーマン州立大学1950年代NBAニューヨーク・ニックスで活躍し、1991年には殿堂入りを果たした。引退後は指導者に転向し、初代最優秀コーチ賞に選ばれている。

選手キャリア[編集]

ロクサーナ高校卒業後、第二次世界大戦終結まで兵役に就いていたギャラディンは、除隊後トルーマン州立大学に進学し、2年間のプレイで平均13.2得点、フィールドゴール成功率70.3%という成績を残した。1948年のBAAドラフトニューヨーク・ニックスから指名を受け、BAA(NBAの前身)入りを果たす。

ギャラティンは1年目から即戦力として活躍し、2年目の1949-50シーズンには早くもオールスターに選ばれた。翌1950-51シーズンには12.8得点12.1リバウンド(リーグ3位)、FG成功率41.6%(リーグ5位)を記録するリーグを代表するセンターに成長する。このシーズンにはエースのカール・ブラウンがチームを去ってしまうが、新たにスコアラーのマックス・ザスロフスキーが加入し、フォワードのヴィンス・ボリーラ、司令塔のディック・マグワイア、ザフロスキー、そしてギャラディンを中心としたニックスはプレーオフを勝ち抜いてファイナルに進出。ロチェスター・ロイヤルズと激戦を繰り広げるが、3勝4敗の末に惜しくも敗れた。ニックスはこのシーズンを皮切りに3年連続ファイナルに進出するチーム最初の黄金期を迎えるが、しかしミネアポリス・レイカーズの全盛期と重なってしまい、続く2年のファイナルは共にレイカーズの前に敗退し、優勝の夢は叶わなかった。

NBA6シーズン目を迎えた1953-54シーズンにギャラティンは全盛期を迎え、13.2得点15.3リバウンドの成績を記録し、初のリバウンド王とオールNBA1stチームに選ばれた。チームもカール・ブラウンがニックスに復帰し、リーグ2位タイの44勝を記録するが、プレーオフではこのシーズンのみに導入されたプレーオフ出場チームによるリーグ戦で4戦全敗を喫してしまい、4年連続ファイナル進出はならなかった。以後もギャラティンは毎年ダブル・ダブルのアベレージを叩き出すリーグ有数のセンターとして活躍するが、チームは優勝が叶わぬまま衰退期を迎えてしまい、ギャラティンは1956-57シーズンを最後に9シーズン過ごしたニックスを去ることになった。

デトロイト・ピストンズ新シーズンを迎えたギャラティンは新天地でも14.9得点10.4リバウンドの好成績を維持していたが、30歳を迎えたこのシーズンを最後に、現役から引退した。

BAA/NBA通算成績は682試合の出場で8843得点6684リバウンド、平均13.0得点11.9リバウンドだった(リバウンド数は1950-51シーズンからの計測)。

プレースタイルと業績[編集]

ギャラティンは身長198cmと1950年代当時としてもセンターとしては小柄な部類に入ったが、毎晩のようにハードワークをこなし、個人の記録よりもチームの勝利を優先するチームプレイヤーだった。その並外れた体力からチームメイトからは"Horse"の愛称で親しまれ、また非常に頑丈な選手で、NBA(BAA)公式戦初出場以来一度も欠場はなく、当時のNBA記録である682試合連続出場記録を樹立した。

コーチキャリア[編集]

ギャラティンは1962-63シーズンからセントルイス・ホークスで指揮を執り、前季29勝に終わった同チームを48勝に導き、このシーズンから新設された最優秀コーチ賞に選ばれた。彼が率いる間のホークスは勝率5割を下回ったことがなかったが、3シーズン目を迎えた1964-65シーズン途中に古巣ニューヨーク・ニックスに引き抜かれ、残りのシーズンと続く1965-66シーズンをニックスで指揮を執ったが、こちらでは成績が振るわず、シーズン途中で解任となった。

外部リンク[編集]

先代:
ボブ・ペティット
セントルイス・ホークス ヘッドコーチ
1962–1964
次代:
リッチー・ゲーリン
先代:
エディー・ドノヴァン
ニューヨーク・ニックス ヘッドコーチ
1965
次代:
ディック・マグワイア