サーシャ・ブヤチッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーシャ・ブヤチッチ
Sasha Vujačić
イスタンブールBB  No.51
SashaVujacic.JPG
名前
本名 アレクサンダル・ブヤチッチ
愛称 "ザ・マシン","サーシャ"
ラテン文字 Sasha Vujačić
スロベニア語 Aleksandar Vujačić
基本情報
誕生日 1984年3月8日(31歳)
スロベニアの旗 スロベニア
出身地 ユーゴスラビア連邦スロベニア
マリボル
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 93kg (205 lb)
選手情報
ポジション SG/PG
背番号 51
ドラフト 2004年 27位
選手経歴
2001-2004
2004-2010
2010-2011
2011-2013
2014
2014-2015
2015
パラカネストロ・アマトリ・ウーディネ スナイデロ・ウーディネ
ロサンゼルス・レイカーズ
ニュージャージー・ネッツ
エフェス・ピルゼン S.K.
ロサンゼルス・クリッパーズ
ライアー・ヴェネツィア・メストレなど
イスタンブールBB

サーシャ・ブヤチッチSaša Vujačić)こと, アレクサンダル・ブヤチッチAleksandar Vujačić1984年3月8日 - )は、スロベニアのプロバスケットボール選手である。ポジションはシューティングガードポイントガード。身長201cm、体重93kg。

経歴[編集]

バスケットボールのコーチである父に支えられ、16歳でセリエAスナイデロ・ウーディネにてプロデビューした[1]。2002年にはU-18スロベニア代表の一員としてU-18欧州選手権で銀メダルを獲得した[2]

その後、2004年のNBAドラフトにて1巡目27位でロサンゼルス・レイカーズより指名され、NBA入りを果たした[2]。2006-07シーズンには、対ダラス・マーベリックス戦において、当時13連勝中であったマーベリックスを破るクラッチシュートを決めた[3]

2007-08シーズンには1試合平均8.8得点、3ポイント成功率43%を記録し、デンバー・ナゲッツ戦およびトロント・ラプターズ戦でキャリアハイの22得点を挙げた[2]。さらに、NBAファイナル第3戦ではベンチスタートながら20得点し、勝利に貢献。チームメイトのコービー・ブライアントは「『ザ・マシン』が、まるで機械のようにプレーした。」と評した[4]。しかし、2008-2009シーズン、2009-2010シーズンでは成績を落としている[5]

2010年10月、プロ女子テニスプレーヤーのマリア・シャラポワと婚約したことを発表した[6]が、2012年に婚約を解消した[7]

プレースタイル[編集]

ヨーロッパでプレーしていた時はポイントガードだったが、レイカーズではシューティングガードとしてトライアングル・オフェンスの一角を担い、出場機会を増やした[1]。正確な長距離シュートを武器とし、そのことからロサンゼルス・タイムズが「ザ・マシン」とあだ名した。しかし、フィジカルの弱さが課題である[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Prominent Slovenian Athletes in the United States、在ワシントン・スロベニア大使館、2007年1月10日。
  2. ^ a b c Sasha Vujacic Bio Page、NBA.com。
  3. ^ Vujacic, Lakers put end to Mavs' impressive streak、CBSSports.com、2007年1月8日。
  4. ^ Man or Machine? Vujacic both in Game 3、ESPN、2008年6月11日。
  5. ^ a b シャラポワを射止めた男、ブヤチッチとは?、MSN産経ニュース、2010年10月22日。
  6. ^ “ロシアの妖精”シャラポワが婚約、お相手はNBAレーカーズの選手 MSN産経ニュース 2010年10月22日付 23日閲覧。
  7. ^ シャラポワが婚約を解消=ブヤチッチ選手との仲、今春に破綻-女子テニス”. 時事通信 (2012年9月1日). 2012年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]