1980年のNBAドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1980年のNBAドラフト1980年6月10日ニューヨークにおいて開催された。USAネットワークを通じて生中継された。

ドラフトでは23チーム中、東西両カンファレンスで勝率の最も低かった2チーム(デトロイト・ピストンズから指名権のトレードを受けたボストン・セルティックスユタ・ジャズ )がコイントスを行い、全体1位指名権が決められた。その結果、ボストン・セルティックスが全体1位指名権を獲得、ジャズが全体2位指名権を獲得した。全体3位指名以降は前年の成績順に順番が定められた。なおドラフト前にセルティックスは全体1位指名権をゴールデンステート・ウォリアーズにトレードし、複数の指名権を獲得した。エクスパンションチームのダラス・マーベリックスには、それぞれのラウンドの11番目指名権が与えられた。このドラフトでは大学で4年間プレーした選手以外に5人の選手がアーリーエントリーを行った。指名は10巡まで行われ214人が指名された。

1巡目[編集]

指名順 選手名 国籍 指名チーム 出身校など
1 ジョー・バリー・キャロル (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ(ピストンズ、セルティックスを経た指名権) パデュー
2 ダレル・グリフィス (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ ルイビル
3 ケビン・マクヘイル (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス(ウォリアーズの指名権) ミネソタ
4 ケルビン・ランジー (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズ(ブレイザーズにトレードされた) オハイオ州立
5 ジェームズ・レイ (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デンバー・ナゲッツ ジャクソンビル
6 マイク・オコレン (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ ノースカロライナ
7 マイク・グミンスキー (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ(クリッパーズ、ブレイザーズを経た指名権) デューク
8 アンドリュー・トニー (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(ペイサーズの指名権) サウスウェスタンルイジアナ
9 マイケル・ブルックス (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンディエゴ・クリッパーズ(キャブスの指名権) ラサール
10 ロニー・レスター (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ(ブルズへトレードされた) アイオワ
11 キキ・バンダウェイ (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス UCLA
12 マイク・ウッドソン (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク・ニックス インディアナ
13 リッキー・ブラウン (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ(ブレッツ、ピストンズ、セルティックスを経た指名権) ミシシッピ州立
14 ウェズ・マシューズ (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン・ブレッツ(ロケッツの指名権) ウィスコンシン
15 レジー・ジョンソン (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンアントニオ・スパーズ テネシー
16 チャールズ・ホイットニー (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザスシティ・キングス ノースカロライナ州立
17 ラリー・ドリュー (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デトロイト・ピストンズ(バックスの指名権) ミズーリ
18 ドン・コリンズ (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトランタ・ホークス ワシントン州立
19 ジョン・デューレン (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ(サンズの指名権) ジョージタウン
20 ビル・ハンズリック (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シアトル・スーパーソニックス ノートルダム
21 モンティ・デービス (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ テネシー州立
22 チャド・キンチ (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 クリーブランド・キャバリアーズ(レイカーズの指名権) ノースカロライナ大シャーロット
23 カール・ニックス (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デンバー・ナゲッツ(セルティックスの指名権) インディアナ州立

1巡目指名以外の主な選手[編集]

指名順 選手名 国籍 指名チーム 出身校など
24 ラリー・スミス (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ(ピストンズの指名権) アルコーン州立
25 ジェフ・ルーランド (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ(ブレッツにトレードされた) アイオナ
29 ルイス・オーア (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ・ペイサーズ(ネッツの指名権) シラキューズ
30 ケニー・ナット (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ・ペイサーズ(クリッパーズの指名権) ノースイーストルイジアナ
35 リック・マホーン (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン・ブレッツ ハンプトン
37 バッチ・カーター (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス・レイカーズ(スパーズの指名権) インディアナ
41 ジャワン・オルドハム (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デンバー・ナゲッツ(ホークス、ジャズを経た指名権) シアトル
47 カート・ニンフィアス (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デンバー・ナゲッツ(ピストンズの指名権) アリゾナ州立
58 カート・ランビス (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク・ニックス サンタクララ
70 ダーウィン・クック (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デトロイト・ピストンズ ポートランド
75 ロニー・スパロー (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ ヴィラノヴァ

トレード[編集]

ドラフト当日のトレード =[編集]

シカゴ・ブルズが全体4位で指名したケルビン・ランジー1981年ドラフト1巡指名権とポートランド・トレイルブレイザーズが全体10位で指名したロニー・レスターと1981年のドラフト1巡指名権がトレードされた。

ワシントン・ブレッツは1981年のドラフト2巡指名権と引換にゴールデンステート・ウォリアーズが全体25位で指名したジェフ・ルーランドを獲得した。

ドラフト前のトレード[編集]

1980年6月9日、ゴールデンステート・ウォリアーズは全体1位、全体13位指名権をロバート・パリッシュ及び全体3位指名権と引換にボストン・セルティックスから獲得した[1]。なおセルティックスが持っていたドラフト全体1位指名権は、1979年9月6日にボブ・マカドゥデトロイト・ピストンズにトレードしたことで獲得したものである。このトレードは、1979年7月24日にセルティックスがピストンズのM・L・カーとサインを結んだ補償によるものであった。なお、ピストンズは、1979年7月12日にワシントン・ブレッツケビン・ポーターとサインした補償に1980年、1982年のドラフト1巡指名権を獲得していた。このトレードにより、ウォリアーズはジョー・バリー・キャロルリッキー・ブラウンを指名、セルティックスはケビン・マクヘイルを1巡で指名した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Celtics trade away 'the pick'”. ザ・テレグラフ (1980年6月10日). 2012年9月3日閲覧。

参考文献[編集]